「偽名探偵コナンの特徴」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
タグ: 改変
タグ: 改変
 
14行目: 14行目:
 
#実は「名探偵困難」。
 
#実は「名探偵困難」。
 
#*もはや「迷探偵困難」。
 
#*もはや「迷探偵困難」。
 +
#1998年からデジタル製作に以降。
 +
#*劇場版は1999年から。
 
#2009年の放送時間変更により声優が全て若手に交代している。
 
#2009年の放送時間変更により声優が全て若手に交代している。
 
#*が、小五郎だけは神谷明のままである。
 
#*が、小五郎だけは神谷明のままである。
25行目: 27行目:
 
#**動機によってはあだ討ちを目の前で黙認したこともある。
 
#**動機によってはあだ討ちを目の前で黙認したこともある。
 
#毎回毛利小五郎に解決されちゃう。
 
#毎回毛利小五郎に解決されちゃう。
#原作は連載開始から数話でネタが尽きたので、現在はもっぱら読者(視聴者)からの投稿だ。
+
#原作は連載開始から数話でネタが尽きたので、現在はもっぱら読者(視聴者)からの投稿を元に執筆している。
 
#「米花市」ではなく、「米花'''区'''」である。
 
#「米花市」ではなく、「米花'''区'''」である。
 
#*治安は全国で1、2を争うほど良い地区である。
 
#*治安は全国で1、2を争うほど良い地区である。

2021年5月12日 (水) 10:59時点における最新版

偽名探偵コナン(作品)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 主題歌を担当するレーベルがBeing,GIZA系ではなく、エイベックス系だ。
    • このアニメがきっかけで、エイベックス系アーティストファンが増えた。
    • SME系だったりする。
    • そこはランティス系でしょ。
    • むしろ現在までユニバーサルミュージックのままだ。
  2. 主題歌は、開始当初からずっとGARNET CROWが担当している。
  3. 日本テレビが製作している。
  4. スポンサーにガス関連の企業がない。
  5. 南北美少女探偵が登場!
  6. 実は「名探偵困難」。
    • もはや「迷探偵困難」。
  7. 1998年からデジタル製作に以降。
    • 劇場版は1999年から。
  8. 2009年の放送時間変更により声優が全て若手に交代している。
    • が、小五郎だけは神谷明のままである。
  9. 第486話は「モバゲー殺人事件」。
  10. 行く先々で、まったく事件が起きない。
    • 旅館やペンションに泊まっても、何にも起きない。
  11. ムヒョやネウロやハルヒが出てくる。
  12. ほぼ必ず犯人が自殺する。犯人の自殺率は金田一少年を遥かにしのぐ。
    • ちなみに、一番最初に犯人が自殺しなかった事件は「ピアノソナタ月光殺人事件」である。
    • コナン自身が「人殺しは死んで償うべき」と思っているため、犯人が自殺を仄めかしても止めない。
      • 動機によってはあだ討ちを目の前で黙認したこともある。
  13. 毎回毛利小五郎に解決されちゃう。
  14. 原作は連載開始から数話でネタが尽きたので、現在はもっぱら読者(視聴者)からの投稿を元に執筆している。
  15. 「米花市」ではなく、「米花」である。
    • 治安は全国で1、2を争うほど良い地区である。
  16. 探偵アニメと見せかけて、実は格闘アニメだったりする。
  17. アリス探偵局に対抗意識がある。
  18. よく見たら「命探偵コナン」だった。
  19. 2018年の劇場映画のタイトルは「名探偵コナン 死刑執行人」だ。
  20. 提供:コーナン

登場人物[編集 | ソースを編集]

偽江戸川コナンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 体が小さくなる前のことを忘れてしまった。
  2. 老眼鏡をかけている。
  3. 見た目は大人、頭脳は子供。
    • 普通に小学校生活を送っていたら、薬を飲まされ高校生になった
  4. 毛利小五郎の方が遥かに名探偵。
  5. 自宅が琵琶湖の南にある。
  6. 体が小さくなる薬を飲ませた人に謝罪と賠償を求める。
  7. 「真実はたくさん!」
    • または「真実なんてひとっつも有りゃしねぇ!」
  8. 「多摩川」コナン。
    • 「淀川」コナン。
      • 「利根川」コナン。「神田川」コナン。「隅田川」コナン。「荒川」コナン。
        • 「アマゾン川コナン」「ドナウ川コナン」「ガンジス川コナン」「揚子江コナン」
      • 原作では江戸川コナンだが、アニメ化の際に製作が関西の局のため淀川コナンに変更された。
  9. 「バーロー」ではなく「馬鹿野郎!」
    • 「バッキャロー」
  10. 春日部市に両親と住んでいる。
  11. ラナと友だちだ。
  12. 黒の組織を倒す事に成功。体も元の新一に戻り物語はすでに終了。(03年ぐらいに・・・)
  13. 犯人である。
    • 犯人は、オレだ!!
  14. 間違った推理で人を陥れる。
  15. 体が小さくなった後、身元不明の子供として保護される。
    • 知り合いなんて一人もいない場所で新たな生活がスタート。
    • 新一は行方不明となり、そのうち死亡したことにされる。
      • ありえるわw
  16. 青酸カリを舐めたら死んでしまう。
  17. 両さんと知り合い。
  18. CVがギャル社長の藤田志穂
    • 小林ゆうだ。
  19. 事件現場で見つけた麻薬を吸っている。
  20. コナンと新一は別人物。
    • 故に、江戸川コナンはれっきとした本名。
  21. 蝶ネクタイ型変声機は、洗濯により早々に破壊。変声はコナンの演技。
  22. 前の国連事務総長だ。
  23. 実は「江戸川こなみ」だ。
  24. 決めゼリフは、「謎は全て解けた!」
  25. 実はバツイチだ。
    • 本当に「偽」か?
  26. 「泉コナン。オタク兼探偵だ!」
  27. 実は工藤新一ではなく、元中日で活躍した闘将だ。
  28. スモールライトで体が小さくなった。
  29. サッカーが下手。
  30. 音楽が大の得意。そのため絶対音感を持つ。
    • 実は音感だけならかなりいいらしい。自分で声を出すのが苦手なだけ。(映画「戦慄の楽譜」見れば分かる)
  31. 行くところでよく殺人事件が起きるので警察からマークされている。
    • 麻酔銃の使用の件でも警察に目をつけられてる。
  32. 実は江戸川区
  33. 実はイギリス人と日本人の親を持つハーフである。
    • エドワード・コナンである。
  34. 「名探偵コーナン」だ。
  35. 「変声機型蝶ネクタイ」を使う。
  36. 「正解はひとつ!じゃない!!」(by江戸川コナン)
  37. 「名探偵ピカチュウ」に登場した。

偽灰原哀の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実は84歳。
  2. 戸籍がある。
  3. コナンと同様、事件でははしゃぎ回る。
  4. 本名は「飲み屋志保」だ。
  5. 父親が外国人で、母親が日本人。
  6. 大阪一の金融屋を目指している。
  7. 実は「灰原愛」。
  8. 「私が死んでも代わりはいるもの」
  9. コナンが帝丹小に転入した時点で歩美・光彦・元太と共に登場。
  10. 黒の組織とは一切無縁。
    • ましてや、体が幼児化した姿などあり得ない。

偽毛利蘭の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 空手が下手だ。
  2. 新一が大嫌い。
  3. ピアノは全く弾けない。
  4. 実はコナンが新一だということを知っている。
  5. CV:堀江由衣
  6. あうあう‥‥‥
  7. 角がない

偽毛利小五郎の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 嫌煙家でありお酒も飲まない。ギャンブルもやらない。
  2. アンチ沖野ヨーコ。
  3. 必ず自力で事件解決。
  4. 中森銀三とは大の仲良し。
  5. もっこりしている。
  6. CVはずっと神谷明のままだ。

偽目暮十三の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実は「めぐれじゅうさん」。
    • よく見たら、「めぐろじゅうさん」だった。
    • 原作でフルネームが判明した。
  2. 奥さんと同い年。
  3. 帽子をかぶっていない。
  4. 機械に精通している。
  5. 後ろに立つと怒る。問答無用で撃たれることも。
  6. 実は映画監督である。
  7. 実はこの人
    • 「んっふっふ…毛利さぁん、犯人がわかったんですかぁ?」
  8. 実家が火事に遭ったことがある。
  9. 目暮十一と目暮十二は黒歴史。
    • 目暮一三から目暮九三も。
  10. よくみたら日暮十三だった。

偽阿笠博士の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 名前が「あがさはかせ」。
  2. やせ型。
  3. コナンの正体を知らない。
  4. 語尾に「ZOY」をつける癖がある。
  5. タクシードライバー。殺人事件のたびにアリバイの証人となる。
    • 少年探偵団がアリバイを崩す。コナンが阿笠の声で・・・

偽鈴木園子の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「鈴木その子」だ。
  2. お嬢様なので、おしとやかな性格。
  3. 男性恐怖症。

偽妃英理の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 非常に頭が悪い。
    • でも料理だけは得意中の得意。
  2. 離婚していないので「毛利英理」と名乗る。
  3. 実はまだ蘭・小五郎と一緒に住んでる。
  4. 弁護士として無能。法廷で負け続けている。

偽吉田歩美の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. コナンを嫌っている。
    • 一方コナンからは片想いされている。
  2. ずこう(おえかき)の時間に「このせかいのかたすみのきみのなは晋ゴジラ」を描く。

偽円谷光彦の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「えんやみつひこ」。
  2. 言葉遣いが悪い。
  3. 吉田歩美も灰原哀も嫌い。
  4. ウルトラシリーズを手がけている。
  5. ssでいじめられているなんてことはない。

偽小嶋元太の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. やせ型。
  2. うな重が嫌い。
  3. 高木刑事とは声優が異なる。
  4. ぬけがけするコナンくんにげんこつ一発。
    • このため担任や副担任からげんすけくんと呼ばれる

偽服部平次の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 関西弁を喋れない。
    • 関東方言で会話する。
  2. コナンの正体を知らない。
  3. 色白。
  4. 「まるで探偵のバーゲンセールだな」
  5. 服部半蔵の末裔。

偽遠山和葉の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 合気道が下手。
  2. 平次が大嫌いだ。
  3. 「あんたバカぁ?」

偽高木渉の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 声優と同じ名前なんてことはありえない。
  2. 原作とアニメで容姿が違ってたなんて事もありえない。
  3. 元太と声が同じなんてこともありえない。

偽佐藤美和子の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 父親が健在。
  2. 高木刑事が大嫌い。でも佐藤が年下なので勝手なこと言えない。

偽千葉和伸の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 声優が千葉一伸なんてことはありえない。
  2. 初登場時では塩沢兼人が声を担当していた。

偽白鳥任三郎の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実は「古畑任三郎」。
  2. 高木と佐藤のコンビを応援している。
  3. 風戸京介とは兄弟である。
  4. CVは初登場時から一貫して井上和彦が担当している。
  5. 敏腕編集者
    • 公園でサッカーボールをあらぬ向きに蹴り、子どもたちから「けち」と言われる。
    • その直後待ち構えていた偽毛利小五郎がトリックを暴く。

偽怪盗キッドの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 殺人を犯す。
  2. ずっと1人でやっている。子供が親を引き継いだなんてことはない。
  3. 新一と同じ声優なんてことはない。
  4. 変装が下手。
  5. 薬物密売人をぼこぼこにする。

偽中森銀三の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 毛利小五郎とは当初から仲が良い。
  2. 中森明菜の父親だ。
名探偵コナン

ファンの噂 | 言われたくない | 死亡フラグ国別) | ベタの法則
もしwiki:○○だったら大ヒットしていなかったら
偽モノの特徴:偽名探偵コナンの特徴
コラボ:もし名探偵コナンとあの作品が同一世界の話だったら