苗字の秘密/さ行

< 苗字の秘密
2021年7月26日 (月) 08:52時点における106.128.186.177 (トーク)による版 (→‎多羅尾)
ナビゲーションに移動 検索に移動
  1. そういえば、おおい苗字(佐藤、鈴木、高橋、田中…)が多くなっている。

西条・西城

  1. 西城秀樹を連想するが芸名。
  2. 元プロボクサーの西城正三は本名。

財前

  1. この苗字で思い出す有名人は女優の財前直見。
    • あと「白い巨塔」で出てくる架空の人物である財前五郎もあるだろう。
    • 中田英寿も認めた天才・財前宣之も。
  2. 大分県に多い。
    • 前述の財前直見も大分県出身。

さいとう

  1. なぜか野球選手や監督に多い。
    • 一番有名なのはハンカチ王子。
      • 雅樹だろjk
        • 隆もお忘れなく。
    • 上に見られるとおり、投手が多い。
  2. 団塊ジュニア世代だと小学校の頃に「セイロク」とあだ名された人も多い?
    • ちなみに上記齋藤雅樹投手の選手時代のあだ名が「セイロク」
  3. どの漢字を書けばいいのか分かりにくい(斉、斎、齊、齋)
    • サイトウさん専用のフォントもある。
    • 乃木坂46の3人の「さいとう」さんは表記が見事にバラバラ。
      • 齋藤飛鳥、斎藤ちはる、斉藤優里の3人。
        • おまけに齋藤飛鳥は朝日新聞の番組表だと 「藤飛鳥」 と表記される。
      • 日向坂46にいる「さいとう」京子は「齊藤」表記。
      • 櫻坂46にも斎藤冬優花。
    • 「西東」さんもいる。
      • 「西塔」さんも。
      • 西東社は「せいとうしゃ」と読む。
    • 全部で85種類もあるらしい。
    • そもそも「斎」と「斉」は同じ漢字の別字体とかではなく別の漢字。
  4. あだ名は「茂吉」
  5. 「斎藤さんだぞ!」
  6. フレンチトーストの事を広東語では「西多士」または「西多」というのだが、その発音は日本語の「さいとう氏」「さいとう」と全く同じだったりする。
    • つまり、広東語がわからなくても「さいとう」と言えば香港でフレンチトーストが注文できるということである。
  7. 三重県発祥だが、東日本(特に東北地方)に多い。

佐伯

  1. 愛媛県に多い。
  2. 「さえき」が一般的だが「さいき」もある。
    • 大分県佐伯市は後者。
    • 「さはく」と読む陸上選手もいた。
  3. 戦後の近鉄を発展させた名経営者が有名。
    • 愛媛県西条市丹原町出身。
    • 同じく鉄道関連で富山地鉄の創業者も有名。こちらは富山出身。
  4. 難読だが数が多いので誰でも読める。

三枝

  1. クラス名簿に、「三枝(さいぐさ)」「斉藤」「三枝(さえぐさ)」とかいう並びが・・・
  2. 「さんし」というあだ名をつけられる。
  3. 「みえだ」さんや「みつえだ」さんはなぜかほぼ皆無。

早乙女

  1. フィクションのキャラクターと思われてしまう。
    • どの程度実在するのか?
    • この苗字の有名人は芸名であることの方が多い(早乙女愛・早乙女太一など)。
      • 作家の早乙女勝元は本名。
    • キャラクターとしての早乙女さんは、無骨な男にギャップ属性を付けた場合か超ナルシストな男である場合が目立つ。
  2. 無骨な男性がこの苗字だと考えてしまう。
  3. 「さおとめ」と「そうとめ」の2パターンあり。
  4. 「五月女」とともに北関東(特に栃木)では割とメジャーな苗字ではある。

さが

  1. 「佐賀」「嵯峨」「瑳峨」「佐嘉」がある。
  2. 「佐賀」は佐賀市発祥だが、九州では意外と少ない。
    • 逆に北海道に多い。元コンサドーレの佐賀一平とか。

さかい

  1. 大きく分けて酒井・坂井・境・堺に分かれる。
    • 1番多いのは酒井で次いで坂井。
    • 他に「阪井」なんかもある。
  2. 「さかいまさと」が俳優と水泳選手にいる。
  3. 焼肉屋。
  4. 引っ越しセンターはカタカナ表記だが、堺市に由来であり創業者は田島さん(福山通運の創業者が渋谷さんなのと同様)。

  1. 名古屋市の、愛知県の某大学レスリング部の監督の影響で愛知県に多いと思われがちだが、実は鹿児島県の奄美諸島に多い。例の監督も奄美出身。
  2. 栄駅は兵庫県や岡山県にもあるが、両県とも多くない。

坂上・阪上

  1. 圧倒的に「さかがみ」だが、少数ながら「さかうえ」もある。
  2. 「坂上」は全国的に分布しているが、「阪上」は関西地区に集中。
  3. 最も有名なのは俳優・司会業の坂上忍。
    • ある年代以上なら欽ちゃんの相方。

榊原

  1. 榊原温泉がある三重県津市発祥だが、伊勢湾を挟んだ愛知県知多半島に集中している。
  2. 半田市で最多姓。
  3. 最も有名なのは70年代アイドルだった女性タレント。厚木市出身だが父が半田市出身。

坂内

  1. 福島県喜多方市の有名なラーメン屋は「ばんない」だが、名字は圧倒的に「さかうち」。

坂口

  1. 全国的には坂口だが、関西では「阪口」が多い。

坂下

  1. 中京地方に多い。
  2. 地名の坂下も中京地方に多い。
    • でも最も有名な坂下さんは宇治市出身。
  3. 福島県会津地方だと「ばんげ」。

坂田

  1. あの師匠のおかげで、必ず「アホ」と呼ばれる。
    • そのせいでこの苗字の子供がからかわれ、あの師匠のテーマ曲が一時期放送自粛に追い込まれたこともあった。
    • 彼は本名ではない(本名は「地神」らしい)。
  2. 万事屋をやっている。
  3. ある世代のおかあさんといっしょファンにとっては「おさむさん」を思い出す。
    • 今では修お兄さんの娘さんの坂田めぐみも有名になった。
  4. 大阪人にとっては「あの師匠」以外では「三吉」を思い出す。
    • 「あの師匠」の芸名の由来もこの方らしい。
  5. 「阪田」もいる。「阪田」は紀伊半島に多い。
    • 04.の「三吉」は「阪田」です。
      • この漫画にいる同姓同名の登場人物は「坂田」だった。
  6. 左のおかわり君。
  7. 協栄ジム

坂野

  1. 野坂と間違えられる。
  2. ゲッツ。

相模

  1. 相撲と間違えられる。

さかもと

  1. 全国40位であり「坂」が付く姓で最多。「本」が付く姓では山本、松本、橋本に次いで4位。
  2. 全国的には「坂本」が多く北海道から熊本&宮崎北部までどこでも多い。
  3. 関西を中心に「阪本」も結構いる。
    • 映画監督の阪本順治は大阪府堺市出身。
  4. 宮崎中南部・鹿児島では「坂元」が優勢。
    • かの坂本龍馬も鹿児島では「坂元」と誤記されていたらしい。
      • 「山元」「松元」なども同様。
  5. 坂本さんのあだ名は「さかぽん」や「龍馬」が、坂元さんのあだ名は「さかげん」が多い。
  6. 巨人の坂本勇人選手が有名だが、2020年のドラフトで同姓同名の選手が同じ巨人に入団して驚いた。

佐川

  1. トラック」とアダ名を付けられる。
    • 「急便」の場合もある。
  2. 芸能人では神戸市垂水区出身の佐川満男が有名だが、関西では少なく実は東日本に多い。
    • 本社が京都であるために忘れがちであるが、急便の創業者は新潟県出身。
    • 福島県出身の議員もいる。
  3. 高知県では「さかわ」と濁らない。

佐久間

  1. アダ名はドロップ。
  2. 東日本に多い。
  3. 有名人では、井戸の中から出る芸人(水戸市常澄出身)。
    • 後は桃太郎電鉄の製作者。

佐倉

  1. ひらがなで書くと名前かと思われる。
    • 漢字で「桜」と書くのかと思われる。
  2. 同じクラスに「さくら」という名前の女の子がいると紛らわしい。
  3. 「さくら」という名前の女性が「佐倉」という名字の男性と結婚すると・・・。
  4. 一見ありふれてそうだが、順位は3000位台と意外と低い。

さくらい

  1. 「桜井」と「櫻井」に分かれる。
    • ちなみに前者の方が多い。
    • 嵐のメンバーは後者である。
      • ただし、過去に前者を芸名の表記にしていた時期もあった。
  2. 何気にミュージシャンにこの苗字の人が多い。
    • カシオペア、ペドロ&カプリシャス、THE ALFEE、Mr.Childrenなど。
  3. 奈良県桜井市発祥だが、関東地方に多い。
  4. 桜井日奈子は岡山県岡山市出身だが芸名。

桜沢・櫻澤

  1. 東日本(特に甲信)に多い。
  2. 島根県出身の元国会議員にいた。

桜田・櫻田

  1. 桜田門かサグラダ・ファミリアをネタにされる。

さくらば

  1. 桜庭・櫻庭・桜場・櫻場がある。
  2. 最も多いのは桜庭。

迫・佐古

  1. どちらも山口県に多い。
  2. 後者は殿堂入りした元バスケットボール選手(山口県岩国市生まれ)を連想。

酒匂

  1. 神奈川県の酒匂川は「さかわ」だが、こちらは「さこう」。
  2. 宮崎県中南部~鹿児島県本土に多い。

迫田

  1. 広島、山口、九州に多い。

笹井・篠井

  1. 篠井英介が有名。
  2. 数としては笹井の方が多い。

佐々木

  1. 全国で13番目に多く、漢字3文字姓で最多。
    • とはいえ「佐藤」「佐野」より書きやすいからか、「佐ト」「佐ノ」とするような黒板の手書きでも「佐々木」に関しては黒板の手書きでも漢字フル表記されやすい。
  2. 一般的に秋田出身のこの人に代表されるように東北地方に多い名字だが遠く離れた福井島根広島でもかなり見かける。
    • 北東北は3県とも3位であり八戸市で最多姓。
    • 最も世帯数が多いのは北海道で、道内では「佐藤」「高橋」に次いで3位。
  3. 野球ファン(特にベイスターズファン)は大魔神、モノノフはあーりんを真っ先に思い浮かべるはず。
  4. ごく稀に「佐佐木」「笹木」もいたりする。
  5. 発祥の地は滋賀県近江八幡市にある沙沙貴神社。
    • しかし滋賀でこの苗字はさほど多くない。
  6. 野球用具メーカー「SSK」も創業者が佐々木さんだったことに由来する。
    • コロナで破綻したアパレルメーカー「レナウン」の創業者も佐々木さん。
  7. 日向坂46にこの姓が2名在籍。
  8. 木が付く姓で「鈴木」に次いで多い。

佐治

  1. あだ名はスプーン。
  2. 某舌禍事件以来、東北地方では肩身が狭い。
  3. 鳥取市佐治町発祥。
  4. 某大手洋酒メーカーの経営者で有名。

指原

  1. ほとんどの人はHKT48の支配人を連想するが、彼女の地元大分ではそれなりに多いらしい。

佐藤

  1. 日本で一番多い名字。
    • にも関わらず国内の鉄道駅で1つもない。
      • 鈴木も存在しないが鈴木町だったら京急大師線にある。
      • 上位10位までだったら他に渡辺・伊藤・加藤が存在しない(渡辺は渡辺通と渡辺橋が存在する)。
  2. とはいえどちらかと言えば東日本(特に東北)で多く、西日本では比較的少ない。西日本では「田中」「山本」「中村」などの方が優勢。
  3. 例えば割合日本一の秋田県では、だいたい県民の13%が佐藤姓。
  4. 北海道・青森除く東北5県・新潟県で軒並み首位であり、北日本3政令市(札幌市仙台市新潟市)いずれも最多姓。青森県・東京都・神奈川県では2位。
  5. 最も佐藤さんが多いのは北海道。次いで東京都、神奈川県、埼玉県、宮城県の順。
  6. 関西では大阪府~兵庫県南部に比較的多いが、他の1府3県ではスーパーさとう(もちろん創業者が佐藤)のお膝元福知山市も含め少ない。
    • 意外にも上位10位までにも入っていない(最も上位の大阪府でも12位。鈴木・渡辺・伊藤・加藤はより下位に位置する)。
  7. 典型的な東日本に多い姓だが、意外にも徳島県と大分県では最多姓。
    • 広島県東部でも多い。
  8. 知名度の高さのため、「佐」の字を説明するとき「人偏に左」より「佐藤さんの佐」と言った方が分かりやすい。
  9. クラスに同じ名字の人がいることが多いので、「鈴木」「田中」と同様に下の名前やフルネームで呼ばれやすい
    • フルネームを覚えてもらえやすいという利点もある。
  10. 「甘い」「シュガー」と言われる。
  11. 「佐ト」と書かれる。
  12. 弘道お兄さんの苗字。
  13. 2021年に阪神タイガースでこの苗字が注目された。
  14. 原氏の補が由来ともされる。
    • 藤原氏出身で官職が「○○佐(すけ、左右衛門佐など)」だったため、という説を見たことがある。
  15. 「鈴木」とよく比較される。2大姓かつ東高西低と共通点が多い。

さとう

  1. 上記の佐藤だけでなく、「佐東」さん「左藤」さん「左東」さんがいる。
  2. 外国にも、日系でもないのにサトウさんがいる。アーネスト・サトウ(19世紀の英外交官)が有名。
    • 「サトウ」というのはスラヴ系の希少姓。Satowと書く。
  3. かつて大阪府知事で「左藤」という人がいたことがある。

真田

  1. 難読だが「伊達」「豊臣」「土方」「北条」同様に大物歴史人物の影響で誰でも読める。
  2. 長野県上田市発祥。

さねよし

  1. 大きく「実吉」と「実好」に分かれるが「実」が旧字体の「實」になることもある。
  2. 「実吉」は鹿児島、「実好」「實好」は愛媛にそれぞれ多いが、「實吉」は非常に少ない。

佐野

  1. 栃木県佐野市発祥。
  2. 世帯数は静岡県が最多、次いで山梨県の順で、両県とも10位以内にあるように両県だけで全体の半数を占める。
    • 両県とも富士山を囲むように集中。
    • その富士山麓にある裾野駅の当初の駅名は、所在地に由来する「佐野駅」だった。
  3. 富士市富士宮市では最多姓。
    • 富士市出身の里見浩太朗の本名。

佐村河内

  1. ゴーストライターで有名。
  2. 広島県に集中している。

鮫島

  1. 鹿児島県に多い。
  2. 小泉純一郎の父(鹿児島県出身)の旧姓。
    • あとは女子サッカーの選手も。ちなみに読み方は「さめじま」ではなく「さめしま」と濁らない。
  3. しばしば怖い名前と恐れられる。

佐山

  1. 元格闘家かグラビアアイドル(2021年時点で三十路間近)を連想。

狭山

  1. 関東人は狭山市を、関西人は大阪狭山市を連想。

沢・澤

  1. 元なでしこジャパンを連想。
  2. CBCゴゴスマ(TBS系)の気象予報士も。

沢井・澤井

  1. 沢井製薬が有名。

沢口・澤口

  1. 堺市出身の某女優が有名。
  2. 名古屋市出身のグラドルも知名度が上がってきた。

沢尻

  1. 某女優を連想してしまう。
    • というかこの苗字自体珍しい部類。
      • それでも鰻や貫地谷や金田一よりはずっと多い。
  2. 秋田県のJR花輪線に沢尻駅がある。

沢田・澤田

  1. 沢田研二を連想。
    • 沢田亜矢子もね。
  2. 「澤田」表記も意外と多い。

さわべ

  1. 「沢辺」「澤辺」「沢部」「澤部」に分かれる。
  2. 茨城県西部~栃木県南東部に多い。
  3. 最も有名なハライチ澤部は埼玉県上尾市出身だが、父方の先祖は現在の茨城県筑西市出身。

さわむら

  1. パターンはおおよそ「沢村」か「澤村」。三文字になるパターンはないようだ。
    • 極まれに村の部分を「邑」「邨」などと表記するパターンもある。
      • 「木村」「中村」なども同様。
  2. 主に巨人で活躍した投手に2人いる。
    • 昭和初期に活躍して賞の名前になった方は「沢村」、平成から2020年現在まで活躍している方だと「澤村」。
      • ただ残念ながら後者の方が前者の方の賞をとったことはないようだ。
  3. 野球以外だと俳優が有名か。
    • でも彼は本名ではない…。
  4. ポケモンにまでなったキックの鬼もお忘れなく(こちらも本名ではない)。

志位

  1. 福岡県北九州市発祥。
    • 北九州市には志井駅や志井公園駅があるので、関連がありそうである。
  2. 20世紀最後の年から日本共産党の党首となっている志位氏が有名だが、実は全国でも数件しかない稀少姓。
    • 志位氏は福岡県生まれ千葉県船橋市育ち。

椎名

  1. 歌手の椎名林檎と俳優の椎名桔平が有名。
    • 但し後者は芸名。
      • 前者に関しては「椎名」は本名らしい。
    • あと声優の椎名へきるも。
    • 誠と麟三もお忘れなく。
  2. 苗字ランキングで700位台に入るが関東、特に千葉・茨城県に多くそれ以外の地域では少ない。
    • そのため、よく聞く割には関西などではその苗字の人に会ったことがない人が多い。
    • 椎名麟三は姫路市出身だが本名ではない。
    • 椎名誠は千葉県(酒々井と幕張)で育ったそうだ。
    • 椎名巌さん(→桂歌丸師匠)は浜っ子だが、父方は筑波にルーツを持っていたらしい。

椎葉

  1. 宮崎県県北地域に多い名字。
    • 由来は同県北部にある椎葉村。
      • なので椎葉村では特に多い。
  2. これと同じ発音のキャットフードがあるが多分関係はない。

塩川

  1. 下記の「西野」と同じく東大阪市の政治家一族が有名。

塩崎

  1. 埼玉西武ライオンズにこの姓の選手がいた。

塩沢

  1. 信越地方に多い。

塩野

  1. 製薬メーカーが有名。

塩山

  1. 山梨県甲州市の旧市名は「えんざん」だが、苗字に関しては大概「しおやま」であり「えんざん」はほとんどいない。

志方

  1. 兵庫県加古川市志方町発祥。

  1. 「鴨」と間違えられやすい。

式守

  1. 大相撲の行司で有名だが、それ以外でも式守姓は実在する。ただし少数派。

重留

  1. 宮崎県中南部~鹿児島県に多い名字。
  2. 発祥地の福岡市にも分布。

重友

  1. 岡山県と広島県に多い。
    • ロンドン五輪にも出た女子マラソン選手も岡山県出身。

重信

  1. 日本赤軍のメンバーか巨人の選手を連想。
  2. 男性の下の名前みたい。
  3. 愛媛県中予地域にありがちな姓。

重村

  1. 大阪府枚方市に原住民でこの姓が多い地区がある。
  2. 重が付く名字ゆえ山口県に多い。

四十万

  1. 難読地名や難読駅名として知られるが、花咲くいろはでメインキャラクターの名字に使用されたことでも知られる。
  2. 起源は文字通り加賀國石川郡四十万村らしいが、どうなんでしょ?
    • だけど四十万さんが一番多いのは富山県だそう。
      • 石川県に近い富山県呉西地方に集中している。
        • 石川・富山県両民以外はまず読めない。
  3. 1.のキャラクターは「しじま」と読むが、「しずま」と読むこともある。
    • 青山学院大学野球部で井口資仁と同期だった四十万善之は「しずま」。

静岡

  1. 静岡県では意外と少ない。

志田

  1. 東日本に多い。
  2. 志田未来が有名。
  3. 坂道シリーズファンは元欅坂46志田愛佳を連想。
  4. 最近では「ドラゴン桜」に出ていた志田彩良も有名になった。

設楽

  1. 難読姓だが、司会業でお馴染みバナナマンのツッコミが有名。
    • あと三浦カズの奥さんの旧姓も。
      • ビームスの社長も。ちなみにカズの奥さんとは親戚らしい。
    • 読みは「したら」が大部分を占めるが、「しだら」の読みもある。
  2. 陸上ファンも有名。
  3. 愛知県東三河発祥だが、埼玉県北西部に多い。

  1. 熊本県に多い。
  2. 難読。
  3. 大阪府北河内民であれば国道163号国道170号の蔀屋交差点の影響で読める人が多い。

品川

  1. なんと言っても東京の品川区を連想するが、この姓のルーツもやはり品川区を流れる目黒川
    • 区以外ではやはりお笑い芸人を連想させる。
  2. 東京都に多いが、品川区に多いのかというとそうでもないようだ。
  3. 意外なところでは、日本文化センターの社長と、日本一長い駅名で知られるトヨタモビリティ富山の社長が品川さん。

品田

  1. 新潟県に多い。

篠沢・篠澤

  1. クイズダービーファンには有名。

篠田

  1. 九州北部(特に佐賀県)に多い。
  2. 広島東洋カープ選手や元AKBメンバーだった女優が有名。

篠塚

  1. 元オートレーサーが有名。

篠原

  1. 某女優が有名。
    • 某女優と同じ1973年生まれ(学年は1つ上)で元柔道選手だった男性タレントも。
  2. 飛んで回るおじさん(1953年生まれ。高知出身。関西ローカルタレント)の本名も篠原。
  3. クマさんと呼ばれるゲージツ家も。
  4. 大半は「しのはら」だが、稀に「ささはら」もある。

信夫

  1. 難読姓。
  2. 決して「のぶお」ではない。
  3. 福島県に多い。
    • 中通り北端の福島市に県名の由来となった信夫山があり、中通り南端の白河市大信は信が「信夫」に由来。

篠山

  1. 写真家が有名。
  2. 大半は「しのやま」だが、稀に兵庫県丹波篠山市のように「ささやま」というのもある。

柴崎

  1. 「島崎」と聞き間違えられやすい。
  2. 最も有名なのはサッカー選手。

柴田

  1. 男性、女性とも柴田姓を代表する有名人を連想。
    • 男性は刑事ドラマで大活躍した俳優、お笑いではザキヤマの相棒(ともに静岡出身)。
    • 女性で有名なのは、ワハハのおばさん(某番組での富山県民代表)。
  2. 坂道シリーズファンは乃木坂46の柴田柚菜を連想。
  3. 48グループファンは元SKE48の柴田阿弥を連想。
  4. 格闘家のシバターの本名はこれではない。

渋谷

  1. 東京都渋谷区ではなく神奈川県大和市発祥。
  2. 東日本では「しぶや」、西日本では元関ジャニ∞メンバーと同じ「しぶたに」の傾向だが、実は西日本でも「しぶや」が多かったりする(守谷も同様)。
    • 福山通運の創業者は「しぶや」。
    • 元NMBも「しぶや」。
  3. 「渋」が国字のため、中華圏においてはたいてい「渉谷」など似たような形の字に置き換えられがち。
  4. アクセントが駅名地名と名字とで異なる。この点は上野と共通する。

島崎

  1. 高知県に多い。
    • 島崎俊郎と島崎和歌子は高知出身。元AKB48の島崎遥香は違うが(埼玉出身)
  2. 「嶋崎」と表記することも。

島田

  1. 桂や横山と同様、吉本興業の一門の影響で芸名に多い。
    • 洋七、洋八、紳助、珠代、一の介etc
  2. まれに「しまた」と読んだり「嶋田」や「縞田」もいる。
    • かつて阪神タイガースに在籍した兄弟バッテリーは嶋田、オリックスの内野手は縞田。
    • 山口県の島田駅は「しまた」。

島津

  1. 南九州を支配した武将があまりにも有名。
    • 製作所も有名。かつてこの武将の一族から島津姓を頂いたのでこの名前に。
      • 製作所は京都にあるが、同じ京都には人形の島津もある。両者に関係はないようだがともに島津家の家紋である「○に十」をマークとして使っている。
  2. 九州に多い。
    • ただ鹿児島県では少ない。
  3. 清水と聞き間違えられる。
  4. 皇族の島津貴子さんやNHKの女性アナウンサーが有名。

島袋

  1. 「比嘉」「新垣」「大城」「金城」などと並び沖縄を代表する姓の一つ。
  2. SPEEDのメンバーやBEGINのボーカル、漫画家といったあたりが有名どころ。
  3. 黒木メイサの結婚前の本名の旧姓でもある。
  4. もともとの読みは「しまぶく」。この読みの国会議員もいた。

清水

  1. 姓ランキング20位。
  2. 本来難読なはずだが、全国どこでも多い姓なので誰でもすんなり読める。「きよみず」と呼ばれることはほとんどない。
    • 清(す)む水→清水となった。
  3. ごく少数ながら「きよみ」「きよみず」もあるが、京都市東山区の清水寺を連想される。
  4. 「しみ」「しみちゃん」と呼ばれる。
    • 「次郎長」も。
  5. 男女それぞれ清水姓の物真似芸人(アキラ、ミチコ)を連想しやすい。
    • 元スピードスケート選手だった小柄な男性タレントも。
    • 清水国明、清水圭、清水翔太も有名。
  6. 静岡県の清水エスパルスを連想する人もいる。
  7. 清水建設も。

志村

  1. たいていはコメディアンを連想する。
    • 音楽ファンの場合は夭折したフジファブリックのボーカルを思い浮かべる人も多い。
    • 昭和の黒澤映画常連の俳優にもいたが、彼は芸名。
    • 銀魂ファンならダメガネを連想する。
    • 大学野球ファンなら慶應で大活躍したがプロ入りを拒否し、三井不動産に就職したサウスポーを連想する。
  2. 山梨県に多い。
    • 中でも富士五湖方面で特に多いイメージ。フジファブのボーカルも富士吉田市出身。
    • クリーニング志村も展開。山梨県でクリーニングといえば、志村と403(富士吉田市の郵便番号由来)が双璧。

下川

  1. ライバルの上川と比べて少ない。

下地

  1. 上原や上地と同じく沖縄にも本土にも多い名字。割合は沖縄が1位。
  2. JR下地駅のある愛知県では多くない。

下島

  1. 長野県に下島駅が2ヵ所あるように、長野県中南部に多い。
  2. 2020年に17歳(2月29日としては)を迎えた峰竜太の本名も実は下島。

下村

  1. あの政治家を連想する。
    • もしくは作曲家

下山

  1. 「山下」同様に西高東低だが、「山下」と比べてかなり少ない。

しょうじ

東海林

  1. 普通は「しょうじ」と読むのだが、そのまま「とうかいりん」「とうかいばやし」と読む場合も稀にある。
    • 墨東署にいたのは「とうかいりん」。
      • そのキャラ、昔うちの妹が混乱してた。
        妹「この人、とうかいりんなの? しょうじなの?」
        私「フルネームが東海林将司(とうかいりんしょうじ)なだけ。苗字だけで言えば『とうかいりん』が正しい」
    • 直立不動で歌う歌手現場の方の影響で、「しょうじ」がメジャーに。
      • 漫画家の東海林さだおも「しょうじ」である。
  2. 発祥地の山形では「とうかいりん」が普通らしい。
    • 隣の新潟での五十嵐と同様、発祥地のみ他県とは読みが異なる。

生子

  1. 文字が簡単な割には全国的に少ない苗字だ。
  2. 「しょうじ」 と読むほか、 「せいご」 や 「せいこ」 とも読むらしい。
  3. 全国的には静岡県に多く (約60世帯) 、残りは兵庫県・東京都・神奈川県・岡山県でそれぞれ約10世帯ずつ。
    • 苗字ランキングだと14855位。それぐらい貴重な苗字なのだ。
    • それでも金田一よりずっと多い。   

庄司

  1. 東北と静岡に多い。
  2. 奥さんの名前を絶叫する筋肉芸人を連想する。
  3. 「庄子」と書く場合も。

昌子

  1. 初見では 「まさこ」 と読み間違える。
    • その上で昌子さんが昌子さんと結婚したら…?
  2. サッカー選手が有名。

庄内

  1. 山形県ではあまり多くない。

城島

  1. 九州北部に多い。久留米市城島町発祥。
  2. TOKIO社長と元野球選手を連想。
  3. 「じょうしま」「じょうじま」「きじま」がある。

城福

  1. サンフレッチェ広島の監督が有名。
  2. 全国に100人ぐらいしかいない、超激レア苗字。徳島県に多い (上述の監督も徳島市出身) 。
    • それでも鰻や金田一や辛坊よりは多い。
  3. 「JFK」 と略される。

白井

  1. 大半は「しらい」だが稀に「しろい」もいる。
  2. 最近はゆか(体操競技の種目)の白井健三がメジャー。
    • プロ野球ファンなら甲高い声で有名な審判白井一行を思い出す。
      • 日本ハムにいた同姓同名・白井一幸もお忘れなく。
  3. ジャッジメントですの!
  4. SKE48にこの苗字の姉妹がいた。
  5. 「臼井」と間違えられやすい。
  6. 稀に「白居」もある。 

白石

  1. 苗字は「しらいし」が圧倒的だが、地名は何故か「しろいし」が多い(札幌市白石区、宮城県白石市等)。
    • 川崎市に「しらいし」と読む地名があるが、日本鋼管創業者の姓に由来したもの。
  2. 元乃木坂46のエースだった女優をまず連想する。
  3. 上白石姉妹の苗字はこれから派生したもの。
    • 鹿児島ではなぜかこのパターンの派生がやたら多い印象がある。

白崎

  1. 「しらさき」の場合、福井県でかなり多い。全ての白崎姓である人の3割前後は福井県民。
  2. 言い間違いから「しらたき」と呼ばれやすい。

白沢・白澤

  1. 平沢と聞き間違えられる。
  2. 駅では秋田県・愛知県・鹿児島県にそれぞれあるが、長野県に多い。

新内

  1. 乃木坂46の最年長は「しんうち」。
  2. 「角谷」程ではないが、読み方は色々ある。

新海

  1. 言うまでもなく新海誠が思い浮かぶ。

神宮寺

  1. 大阪府交野市神宮寺発祥。
  2. 某ジャニーズグループのメンバーが有名。

新庄

  1. 元プロ野球の新庄剛志が有名。
  2. 1993年に中学生村八分マットいじめ殺人事件があったトーホグ某市では少数。

新城

  1. 関東では川崎市中原区のJR南武線の駅を、中部では新城市を連想する人が多いが、神奈川県や愛知県では少なく沖縄県に多い。
  2. 金城と同じく響きの良さで読みが変化したパターン。元々は「あらぐすく」だった。
    • 殆どが「しんじょう」に変化したという点が金城とは異なる。
      • ただし、ツール・ド・フランスを走ったレーサーは「あらしろ」。
      • 「あらき」もある。

新谷

  1. 「しんたに」が圧倒的に多いが、「あらや」「にいや」もある。

陣内

  1. 陣内孝則・陣内貴美子・陣内智則と有名人の多くが「じんない」と読むためにこちらがメジャーと思われがちだが、実際には「じんのうち」と読むケースも多いらしい。
    • 「じんのうち」と読む例としては歌手の陣内大蔵がいる。
      • 某アニメ映画に出てくる一族がこの読みである。
  2. 福岡筑後、佐賀南部、熊本北部に多い。

神保

  1. コンセントメーカーが有名。
  2. ジャンボと間違えられる。
  3. 「かんぽ」もある。
  4. 昼ドラの常連だった俳優も。

辛坊

  1. 珍姓だが、大物フリーアナウンサーの影響で知名度は高い。

苗字の秘密/あ・か行#菅

菅井

  1. 関東に多い。
  2. 京都府相楽郡精華町の地名にあるが、関西では少ない。
  3. 櫻坂46の前キャプテンを連想。

菅沼

  1. 関東、静岡、愛知(三河)に多い。

菅野

苗字の秘密/あ・か行#菅野

菅原

  1. あだ名は、ぶんた、またはぶんちゃん。道真なんてあだ名は、学齢期におけるよほどの秀才以外まずない。
    • いつぞやのドラマでは、菅原道子という女子秀才が登場した。
  2. 多くは「すがわら」だが稀に「すがはら」と読むケースがある。
  3. 名字ランキングでは上位100位以内に入るが、分布は圧倒的に東北地方に集中しており、西日本ではそこまで多くない。
  4. でも菅原姓発祥地は奈良市

菅谷

  1. 関東に多い。
  2. 元ベリーズ工房のメンバーが有名。
  3. 谷が付く姓は東日本は「や」、西日本は「たに」が多いが、菅谷に関しては西日本でも「すがや」が多い(守谷も同様)。

杉浦

  1. 愛知県西三河地域豊田市岡崎市安城市等)に多い。
    • スギ薬局は創業者が杉浦さんだけあって、創業地が西尾市。(今の本社は大府市)
  2. 「杉村」と聞き間違えられる。
    • 杉浦太陽と杉村太蔵が何気に似ている。

杉尾

  1. 元アナウンサーだった参議院議員が有名。長野県選出だが出身は兵庫県明石市。

杉田

  1. 「杉田が家を過ぎた」というくだらないシャレでからかわれる。
  2. あだ名が「玄白」。
  3. 歴史(特に小学)でその人物をならうとイジられることに。
  4. やたら中村悠一を話に出したがる。
  5. 某タレントのおかげで「負け組」の代名詞。
  6. 磯子区内の駅を連想することも多い。
  7. 首都圏一都三県に多い。
  8. 努力家と言われるかも?
  9. 錦織圭のライバル。

杉本

  1. 紹介します。証券会社に勤めている…
    • なお「杉浦さん」と結婚した元メンバーなら2名いる。
  2. オリックスファンなら「ラオウ杉本」を思い出す。
  3. 明石家さんまの本名がこれ。
  4. 競馬ファンなら関西テレビのアナウンサー。
    • 「後ろからはな~んにも来ない!後ろからはな~んにも来ない!後ろからはな~んにも来ない!」
      • ちなみに今でも「杉本」姓のアナウンサーが関西テレビに在籍しているが、こちらは女性で上記のアナウンサーと血縁関係があるわけでもない。
  5. 稀に「椙本」と表記することもある。
  6. 関西、特に大阪に多い。
  7. 2980円2017年ルヴァンカップMVP。
  8. ゴーオンシルバーの女優も、

杉山

  1. 神奈川県、山梨県、静岡県、愛知県に多い。
  2. お笑いに多い。スギちゃん、インスタントジョンソン、我が家。
  3. 神奈川県では神社を連想する人もいる。
  4. 稀に「椙山」と表記することもある。中部地方では女子大学で有名。
    • 作曲家のすぎやまこういちはこちら。難読ということでひらがな表記となった。
  5. 清貴とオメガトライブ。

村主

  1. 難読姓だがフィギュアスケート選手のおかげで読める人が増えた。
    • ただし、サッカーファンならもっと前より読めているはず。

勝呂

  1. 難読姓。
  2. 決して「かつろ」ではない。
    • ところがどっこい、「かつろ」と読む人もいる。NHK地方局のアナウンサーに(2021年現在は岡山に在籍)。

菅生

  1. 某大物若手俳優(大阪府北摂出身)の本名の姓。
  2. 地名としては「すごう」も「すがお」もどちらも多く見られるが、人名としては「すごう」が圧倒的。
    • 甲子園に出た東海大菅生高校は「すがお」と読む。
      • 東海大菅生高校は所在地のあきる野市菅生に由来する。
    • 宮城県にあるサーキット「スポーツランドSUGO」の所在地は「すごう」と読む。

鈴木

  1. 日本で二番目に多い名字。
    • それで「鈴木幸子」というのが一番多い名前だとか。
  2. 「佐藤」「田中」と同じく下の名前やフルネームで呼ばれやすい。
  3. イチローの苗字もコレ。
  4. 「佐藤」同様に分布は東高西低だが、徳島・大分両県で首位の「佐藤」とは異なり中国地方以西は極端に少なく、広島・愛媛・福岡・大分・宮崎を除き50位までに入らない。
  5. 東海(特に三遠)~関東~東北(青森を除く)に多い。関東や東海で最多姓。
  6. 関西では意外に少なく、「田中」「山本」の方が多い。大阪府では32位。
    • 但し発祥は和歌山にある。
    • 大阪で小中学校時代を過ごしたが、同級生に「鈴木」は1人もいなかった。
  7. 明治に入り、苗字がなかった人々が急に苗字を名乗れと言われても思いつかず、坊さんのところに大挙して押し寄せた。いちいち考えるの面倒になった坊さんが「好きにしろ」と言ったのを、「鈴木にしろ」と勘違いしたのが全国的に発生した、とかいう話を昔聞いた。
  8. 味の素の創業者一族。但しありふれた苗字のため名門家系でありながら一般的な知名度は低い。
  9. 男性だと名前の「たか○○」率が高い。
    • プロ野球だと、鈴木尚典、鈴木尚広、鈴木孝政…。
    • 実は某お笑いコンビのボケの方も鈴木姓である。
    • マヂカルラブリー村上の本名も鈴木姓でタカから始まる。
    • 2002年日韓ワールドカップでゴールを決めた鈴木隆行もだな。
  10. 東南アジアなんかでも名前を覚えてもらいやすい。勿論、自動車メーカーのおかげ。
  11. 浜松市では市民の7人に1人(14%)が鈴木と非常に多く、基本的にフルネームもしくは下の名前で呼ばれる。スズキの本社もここ。
    • 役職級の人でも鈴木姓であれば躊躇なく「下の名前+肩書」で呼ぶことも珍しくない。
    • 浜松のオートレースではかつて出場選手全員が「鈴木」というレースが組まれたこともある。
  12. 坂道シリーズでは乃木坂46に1名のみ。
  13. 財閥にも存在した(現在の双日のルーツのひとつ)。

須田

  1. 2021年現在、SKE48の最年長。
  2. ダースと呼ばれやすく、12の倍数に反応。例えば72なら6ダースというふうに。
    • 上記の須田亜香里もダースー。

すどう

  1. 「須藤」が圧倒的だが、「周藤」「首藤」「主藤」「洲藤」もある。
  2. 「首藤」は「衛藤」同様に大分県に集中しており、同県で12番目に多い。
    • 「しゅとう」「しゅどう」と読むこともある。

須磨

  1. 神戸市須磨区発祥。

鷲見

  1. 「わしみ」ではなく「すみ」。
  2. 岐阜県に多い。
  3. 難読だが、元テレ東の女子アナ(岐阜市出身)で全国区に。

住友

  1. 三井・三菱・安田と並ぶ4大財閥の1つ。
  2. 徳島県に多い。

駿河

  1. 静岡県の旧国名だが、静岡県では少ない。
  2. 芸能界の大御所で有名な某大物落語家(大阪市平野区出身、兵庫県西宮市在住)の本名。

せそ

せき

  1. 一番メジャーな表記は「関」。
  2. 「積」「石」「碩」「堰」「釈」などの表記もある。
  3. 二文字では「瀬木」「勢木」「勢喜」などがある。
    • 後者は某バンドのメンバーにいる。
      • 彼の出身地である徳島の一部地域でこの苗字が多いらしい。
  4. 関や上に関が付く名字は関東に多い傾向だが、櫻坂46関有美子は福岡県大川市出身。

関口

  1. 何といっても日曜朝の顔(秋田県民等はピンと来ないかも)。
  2. 桂ざこばの本名(フルネームは上記と読みが全く同じ)。

関沼

  1. 群馬県に多い。

関根

  1. 予てより関根姓の有名人と言えば関根勤と関根麻里の二強。
    • しかし近年は関根剣 (Megwin) もYouTuberとしてその地位を確立しつつある。
    • 野球ファンなら関根潤三も。
      • 関根大気もお忘れなく。
    • サッカーファンなら関根貴大も。
    • 将棋ファンなら関根金次郎も。
    • ある年代以上なら高橋惠子の旧姓を連想するだろう。
  2. 苗字分布によると関根姓は東日本に多く西日本は指折り数えるほどしかいない。
    • 実際第一位は埼玉県で二位は東京都、三位は福島県。
    • 実際関根勤と関根麻里は東京都、関根剣は神奈川県の出身。

関本

  1. 奈良県に多い。
  2. 阪神タイガース選手だった関西ローカルタレントを連想。

せこ

  1. 「世古」と「瀬古」がある。どちらも三重県に多い。
    • 「中世古」「中瀬古」もある。
  2. オールド陸上ファンには有名。
    • 最近だと女子短距離の選手。前者は「瀬古」後者は「世古」と漢字は違うがともに三重出身。

摂津

  1. 大阪府北部~兵庫県東南部に当たり大阪市の大部分や神戸市東中部も含まれている旧国名だが、苗字の摂津さんは遠く離れた秋田県に多い。
  2. 福岡ソフトバンクホークスファンには有名。
  3. 他の大阪府の旧国名である河内や和泉はランキング1000位以内に入る比較的メジャーな苗字だが、これは10000位以下とかなり珍しい。

瀬戸

  1. 俳優の瀬戸朝香や瀬戸康史、水泳の瀬戸大也が有名。
  2. 瀬戸内海や愛知県瀬戸市が有名だが、この苗字は神奈川県に多い。
    • 上記の瀬戸朝香は出身地である愛知県瀬戸市に由来する芸名。

世羅・世良

  1. 広島県に多い。
  2. 発祥地は陸上の強豪校で有名な広島県世羅町。
  3. 後者は世良公則が有名。
  4. 女子プロレスラーの世羅りさは出身地にちなんだリングネーム。

千賀

  1. 愛知県三河地方に多い。
  2. 福岡ソフトバンクホークス選手とジャニーズが有名。

五月女

  1. 全国的には珍しいが、北関東ではメジャーな姓。

曽我部

  1. 京都府亀岡市曽我部町発祥。

十河

  1. ちょっと読み難いが、「そごう」と読む。
    • 百貨店とは関係ない。
      • 百貨店の方は元々「十合」だった。
    • 決して 「とかわ」 とは読まない。
  2. かつての国鉄総裁でこの名前の人がいた。
  3. 戦国時代ファンなら、三好氏の一族として有名。
  4. 「とおごう」と読むこともある。
    • 社会人野球の日本生命には、十河と書いて「とおごう」と読む選手と「そごう」と読む選手が同時期に在籍したことがある。

曽田

  1. 山陰地方に多い。

埇・曽根

  1. ギャル曽根が有名。
  2. 「大曽根」「中曽根」「小曽根」もある。中曽根は国鉄分割民営化を実現した歴代首相が有名。

  1. 「杣」を知っていれば読める。

杣友

  1. ミュンヘン五輪のバスケットボール日本代表にこの苗字の選手がいた。

反町

  1. 一番有名な反町隆史は芸名。
    • 元となった元プロボクサーは本名。
  2. サッカーファンは反町康治を連想。
  3. ビジネスソフトのソリマチを連想する人も。
    • 創業者はもちろん反町さん。

田荒井

  1. 福島県郡山市に分布する貴重な名字。

  1. 大半が「たいら」と読む。
    • 平愛梨・祐奈姉妹(その間に生まれている都議会議員も)が有名。
    • 「ひら」と読む方は平幹二朗・岳大親子を思い出す。

平良

  1. 沖縄に多い。
    • 苗字としては「たいら」と読むが宮古島にあった旧平良市は「ひらら」と読んだ。
    • 広電の廿日市市役所前駅はかつて「平良(へら)」駅と読んだ。

高井

  1. 中京と関西に集中している。
  2. 元おニャン子クラブのメンバーで、今は秋元康夫人になっている人が有名。
  3. 通天閣の社長にもこの苗字の人がいる。
    • 先代の社長は「高井昇」でタワーの社長としてはぴったりの名前だった。

高木

  1. 太っていると「ブー」と呼ばれる。
  2. オールドドラゴンズファンにとっては鉄壁の二塁手。若いファンにはジョイナスあるいは「モリミチ!」
    • サッカーファンにとっては三兄弟、年配ならアジアの大砲
    • 三兄弟の父親のスーパーカーも忘れんでください。
  3. 同級生の男子をからかってばかりいる女子。
  4. お隣の国の昔の大統領。
  5. 声優ファンの場合、早苗さんや渉さんを思い出す。
  6. 特に多いのは岐阜県西濃地域。

高坂

  1. E2山陽高速のPA、E17関越高速のSAを連想。
  2. 大半は「たかさか」だが、「こうさか」もある。

高砂

  1. 難読だが地名に多く(兵庫県高砂市、東京都葛飾区高砂etc)、誤読されることは少ない。

高沢

  1. 長野県に多い。
  2. 高が髙、沢が澤のもある。

たかしま

  1. 「高島」「高嶋」「高嶌」「髙島」「髙嶋」「髙嶌」「鷹島」「鷹嶋」「鷹嶌」の9通りがある。
  2. 圧倒的に「高島」が多い。
  3. 芸能一族は「高嶋」。
  4. 高島屋を連想するが創業者は高島さんではない。

高田・髙田

  1. 「たかだ」、「たかた」、「こうだ」がある。
    • 全国的には「たかだ」だが九州では「たかた」が優勢。「中島」「山崎」も同様の傾向がある。
  2. 高田純次(たかだ)を連想。
  3. 某大手通販会社の創業者(たかた)を連想。
    • 東大卒で有名な女優も(たかた)。

高津

  1. 東京ヤクルトスワローズの監督が有名。

高塚

  1. 「赤塚」と聞き間違えられやすい。

高槻

  1. 関西人は100%「ここ」を連想。
  2. この苗字で有名なのは声優だが、高槻市ではなく神戸出身。
  3. 意外と福島県で多かったりもする。

高藤

  1. 北関東(特に栃木県)に多い。

たかなし

  1. 「高梨」がメジャーであるが「高無」、「高梨子」、「高奈師」、「小鳥遊」も少なからず存在する。
  2. スキージャンプ選手の高梨沙羅や女優の高梨臨など最近耳にすることが多くなった。
  3. 「小鳥遊」は架空の人物名に使わることが多い。
    • WORKING!!』の小鳥遊宗太や『中二病でも恋がしたい』の小鳥遊六花など。

高野

  1. 和歌山県には「高野山(こうやさん)」があるが苗字の場合はほとんど「たかの」と読む。
    • と思いきやまれに「こうの」と読むケースがある。
  2. どちらかと言うと東日本に多く、西日本は少ない。

高橋

  1. レトロゲームファンにとっては「名人」。
    • 将棋ファン兼任の人は、高橋道雄九段が名人を獲得していたら…と思った。
  2. AKB48ファンにとっては「総監督」。
    • 12期のほうは?
  3. 日本で三番目に多い名字。
    • その割に都道府県単位で1位になっているのは群馬県と愛媛県だけ。
  4. 世帯数が最も多いのは埼玉県、次いで北海道東京都と続く。埼玉県では「鈴木」に次いで2番目に、北海道では「佐藤」に次いで2番目に多い。東京都は3位。
  5. 少数派としては、高梁、高階などがある。
    • 鷹箸、孝橋も。
  6. 女性アイドルグループではポニーテールが似合うメンバー。
  7. 上位10位までに入る都道府県は東日本(特に東北)や中国四国地方に多い傾向。
  8. 関西では「田中」・「山本」・「中村」には勝てないが、「佐藤」や「鈴木」より多かったりする(「小林」も同様)。

高畑

  1. 圧倒的に「たかはた」だが、稀に「たかばた」や「たかばたけ」もある。
    • 名古屋市にある地下鉄東山線の高畑駅は「たかばた」で奈良市にある高畑町は「たかばたけちょう」。
  2. 高畑淳子と高畑充希が有名。

高浜・高濱

  1. 九州北部に多い。

高天

  1. 奈良県御所市高天発祥で、「たかま」と読む。

高松

  1. 「香川」同様に讃岐うどんをネタにされる。

高円

  1. 中央総武線各停の某駅につられて「こうえん」と呼ばれるが、正しくは「たかまど」。
  2. 皇族の高円宮が有名。
  3. 奈良市にある高円山は「たかまどやま」と読む。

高見

  1. 奈良県と三重県の境の高見山が由来。
  2. 相撲を連続。
  3. 兵庫県の北播~丹波で多い。

田上

  1. 全国的には「たがみ」が圧倒的に多いだが、熊本県等では「たのうえ」が多い。
    • 後者の場合「田ノ上」と表記することもある。
  2. 信越地方に多い。
  3. 滋賀県には「たなかみ」という地名(新名神高速道路で有名)があるが、苗字に関しては同県でもほとんど「たがみ」。
  4. プロレスラーは「たうえ」。

高山

  1. 一般社会で思いつく、高山姓の有名人が何人もいて職業も様々。
    • 高山善廣はプロレスラーで格闘家、高山みなみは声優、高山一実 (乃木坂46) はアイドル、高山侑子はファッションモデル。
    • 阪神ファンにとっては久々に新人王を獲った高山俊もお忘れなく。
    • 高山一実と高山俊はともに千葉県出身。千葉県には高山姓が多い。
    • ボクシングファンにとっては東京オリンピックを目指して一度アマチュアに転じて、予選敗退後にプロに戻った高山勝成。
  2. 「高山」 という地名がある岐阜県や奈良県では意外にも高山姓の人が少ない。
    • 高山村がある群馬県も約700世帯ほど。
      • その村は合成地名ですが。
      • ちなみに高山姓のルーツは群馬県にある。
      • それどころか間にある長野県にも高山村がある。

高柳

  1. 新潟県柏崎市高柳町発祥、ゆえに東高西低。
  2. 東武野田線(アーバンパークライン)利用者にはネタにされやすい。
  3. 大阪府寝屋川市の地名にもあるが関西では多くない。
  4. SKE48(一時期NMB48兼任)にいた(2019年に卒業済み)。

宝井

  1. 「室井」と間違えられやすい。
  2. 和歌山市出身の大物ミュージシャンの本名。

宝田

  1. 昭和の俳優を連想。

滝井

  1. 関西に多い。
  2. 京阪本線の滝井駅(大阪府守口市)、京都市の園芸メーカーが有名。

滝川

  1. 某女性フリーアナウンサーが有名。
  2. 大半は「たきがわ」だが、「たきかわ」もある。

滝沢

  1. 「瀧」「澤」と両方の漢字が旧字体になりうる苗字。
    • 「瀧沢」はあまりいないかな。
    • 「広沢」も。
  2. この苗字で思い浮かべる芸能人は男女それぞれ1人ずついるが、共に1981年度生まれ。
    • その男性芸能人の影響で高確率で「タッキー」のあだ名で呼ばれる。
    • あと1992年生まれのハーフモデルも。
  3. 平氏の落ち武者にこの姓の武士がいたらしく新潟県のある地域に集中している。
  4. 日本競輪選手養成所の所長は「瀧澤」(選手時代の登録名は「滝澤」)。

滝藤

  1. 名古屋市出身の俳優が有名。

滝本

  1. 西日本に多い。
  2. 瀧本美織のように「瀧」と表記される例も。
  3. 関西人はテレビCMでもおなじみ守口市の仏壇屋を思い浮かべる。

田口

  1. 平凡な姓の割に意外とトップ200に入らない。
  2. デブ俳優やKAT-TUNを連想。
  3. 西濃運輸の創業者。
  4. 井上尚弥が倒せなかったプロボクサーも。

  1. この苗字の人で一番有名なのは何と言っても競馬騎手。
  2. 何か男性の下の名前見たい。
    • 名前の場合は「たけし」だが苗字の場合は「たけ」。
    • 武武(たけたけし)さんっているのだろうか…?
      • いれば確実にあだ名は「ぶぶ」だな。

たけい

  1. 「竹井」、「武井」、「竹居」、「武居」がある。
  2. 「竹」が付く苗字は「武」が付く同音の苗字より多い傾向にあるが(「竹内」、「竹下」、「竹山」、「竹本」、「竹村」等)、「たけい」に関しては「竹井」表記は少数であり、圧倒的に「武井」が多い。下記の「たけだ」と同じく、竹田信玄が縁起を担いだ影響とされる。
  3. 武井壮、武井咲が有名。
  4. 武富士の創業者もこの苗字。

竹内

  1. 茨城県や愛知県知多半島や山陰地方に割合が高い。
  2. 竹内まりや(島根県出雲市出身)が最も有名。
    • あとは2020年に亡くなった女優の竹内結子も。
  3. 五代目と六代目松鶴の本名。

竹尾

  1. 某ベテラン悪役声優の本名。
    • にこにこぷんのポロリ、ハヒフヘホったらバイバイ菌でお馴染み。

竹下

  1. 消費税を導入した元首相がまず思い浮かぶ。
    • 但しその孫であるタレントの苗字は「内藤」。
  2. クイズダービー(TBS系)の常連だった女優も。
  3. 九州人ならアイスの「ブラックモンブラン」を連想。
  4. 「武下」もある。
    • こちらの方が少ないのが武田などと異なる点である。

竹田・武田

  1. 「竹田」と「武田」があるが、上記の「たけい」と同様に圧倒的に「武田」さんの方が多い。
  2. 「竹田」と「武田」の由来は同じだが、後者が圧倒的に多いのは竹田信玄が縁起を担ぎ「武田」にしたからとされる。自身も武田信玄へ改名。
  3. 鱗マークの大手製薬会社でお馴染み。
  4. 芸能人では武田鉄矢が最も有名。
  5. アダ名は「タケちゃん」、男性だとさらに「信玄」「鉄矢」と呼ばれやすい。
  6. 「武田」は全国的に分布だが、「竹田」は中京と関西に分布が偏っている。
    • 「竹田」は筋肉番付ファンには岐阜県の消防士が有名。
    • 皇族の竹田宮家も有名。
  7. 兵庫県の福知山線には武田尾駅と丹波竹田駅が両方ある。
    • 「竹田」駅は2駅存在するが「武田」駅は存在しない。
  8. 大分県日田市中津江村熊本県阿蘇郡小国町は「武田」さんの割合が高い。

武智

  1. 武田信玄明智光秀に由来。
  2. 岐阜県に多い。
  3. 高知県では「武市」が多い。

たけべ

  1. 「竹辺」「竹部」「武部」「建部」がある。
  2. 「たけい」「たけだ」同様に竹田信玄が縁起を担いだ影響か、「武部」が圧倒的に多い。

たけむら

  1. 「竹村」が圧倒的だが、「武村」「竹邑」「竹邨」「篁」「武邑」「武邨」もある。
  2. いずれの「たけむら」も中京と関西に多い。
    • 竹村駅は愛知県にある。さきがけで有名な武村さんは滋賀県出身。
    • 政治評論家の竹村さんは大阪府出身。

たけやま

  1. 「竹山」「武山」「嶽山」「嵩山」「岳山」がある。
  2. 「竹山」は福岡市出身のキレる芸人が有名。

田崎

  1. 東日本は「たざき」、西日本は「たさき」の傾向。
  2. 3大有名人は、政治評論家、ワインセラー、藤崎マーケット。
  3. 神戸の真珠会社も有名。

田沢・田澤

  1. 東日本に多い。
  2. 有名なのは社会人からNPBを蹴ってメジャーへ行った投手。

たじま

  1. 「田島」「田嶋」「田嶌」「但馬」「多島」等がある。
  2. 圧倒的に「田島」が多い。
  3. 大阪市生野区発祥。
  4. 「たしま」 と呼ぶこともある (日本サッカー協会の田嶋幸三会長がそのパターン) 。

多田

  1. 兵庫県川西市多田発祥。
  2. COWCOW多田を連想。
  3. 「多田じゃすまんぞ!」などとからかわれる。
  4. 大東建託の創業者。
  5. 女子プロボクサーは本名が夛田と異体字になる。

立川

  1. 「たちかわ」と「たてかわ」がある。
  2. 立川市は前者、立川ブラインド工業の創業者も前者。
  3. 後者は落語家で有名。
    • ラグビー選手にもいる。

たちばな

  1. 大きく分けて「橘」「立花」と2種類の漢字表記がある。
  2. 「橘」で有名なのは、神社や湾の名前にもなった長崎出身の「軍神」。
  3. 「立花」で有名なのは、柳川藩のお殿様一族。
    • ジャーナリストも有名だが、実は本名が「橘」。
      • アイドルの立花理佐も。
    • NHKから国民を守る会の党首も。
    • 兵庫県尼崎市のJRの駅名である。

たつみ

  1. 大きく分けて「辰巳」「辰己」「巽」3種類の漢字表記がある。いずれも奈良県に多い。
    • このうち「辰己」はどう見ても「たつみ」って読めないんだが…。多分戸籍を表記するときに漢字表記を間違えたのだと思う。
    • 稀に「立見」もある。
  2. 南東の方角。
  3. 昔、吉本新喜劇の座員にこの苗字がいて、自己紹介で「子丑寅卯の辰巳です。」というギャグを言っていた。

辰吉

  1. かなりの珍姓のはずだが、プロボクサーのおかげで知名度が高い。
  2. 岡山県倉敷市に分布。

伊達

  1. 本来難読なはずだが、仙台藩主伊達政宗があまりにも有名だから誰でもすんなり読める。逆に「いたち」と読まれることはほとんどない。
    • 大阪市西区の「立売堀(いたちぼり)」という地名はこれに由来してるらしい。
    • 政宗の末裔とされるのは、2021年現在最も好感度が高い某お笑いコンビの片方。
  2. 伊達市は2ヵ所ある。
    • どちらも仙台藩に縁が深い。
  3. 「いだて」→「だて」と変化。
  4. レジェンドテニス選手か上記のお笑い芸人を連想する。

蓼科

  1. 長野県に多い。
  2. 蓼科高原が有名

蓼沼

  1. 栃木県に多い。

蓼丸

  1. 某人気女優の本名。
  2. 広島県に分布。

館山

  1. 千葉県館山市が有名だが、千葉県では少なく青森県に多い。
  2. 元東京ヤクルトスワローズの館山昌平投手が有名。
  3. カンテレの女子アナに在籍するが兵庫県出身。

田所

  1. 渥美清の本名。
  2. 千葉県では味噌ラーメンで有名なラーメン屋さんを連想させる。
    • そこの社長はもちろん田所さん。
  3. 関東地方に多い。
  4. 最近はこれを連想する人が多くなってしまった。

田中

  1. 全国で4番目に多く、地域に偏りがなく全国どこでもまんべんなくありふれた名字。
    • フルネームを覚えられやすい。
  2. 沖縄を除く46都道府県全てでトップ40に入り、トップ10に入る都道府県数は最多の34都道府県。
  3. 「田中宏和の会」という団体があり、既に100名位会員がいるとの事。
    • 2020年10月現在で会員数は151人とのこと。
  4. どちらも縦書きすると左右対称になる。俳優の田中圭(東京・江東区出身)はそれが名前の由来になった。
  5. 関西をはじめ西日本では「佐藤」「鈴木」よりもメジャーな名字だったりする。特に大阪府、京都府、兵庫県、山陰両県福岡県等で最多姓。
    • 関ジャニ∞の歌詞にも「大阪名物田中さん家」というものがあるくらい大阪で馴染み深い苗字。
    • 北陸、関西、中国地方、九州北部(大分を除く)では全てトップ5に入る。
  6. 都道府県別では大阪府が最多、次いで福岡県、東京都、兵庫県、神奈川県の順。
  7. 西日本で双璧をなす「山本」とは異なり、東日本にもかなり多い。長野県では「小林」に次いで2位、東京都や神奈川県では4位。最も有名な田中さんは教科書に登場する元首相で新潟県柏崎市出身。
  8. 埼玉では5位、千葉では7位だが、両県とも東京に近づく程多くなり(国道16号の内側に多い)、東京から離れるにつれて減る傾向にある。埼玉県入間市で最多姓。
    • 他地域と比べて比較的少ないとされる東北地方太平洋側でも八戸市では2位。その八戸市は田中義剛を輩出。
  9. 同じクラスに「中田」がいると紛らわしい。たまに「田仲」もいる。
  10. 名前が「ま」ではじまる場合は「マー君」と呼ばれる。
  11. 声優関係の人が多い。
    • 理恵、秀幸、敦子、真弓など。
  12. AKBグループでは意外と少なく2016年時点でHKT48に3名しかいない。
    • しかも身長差が大きい。
    • STU48にもいる。SKEやNMBはOG含め意外にも不在。
    • 坂道シリーズでは意外にもOGを含め田中姓のメンバーが在籍したことはなく、苗字トップ10では最も見かけない。48シリーズでいう伊藤姓と同様。
  13. ミャンマーでは化粧品を指す。
  14. お笑い芸人にも多数いる。
    • 爆笑問題、ココリコ、アンガールズ、スーパーマラドーナなど。伊集院光(東京出身)は婿養子に入るまで田中だった。

棚橋

  1. 何と言ってもプロレスラーだがこの苗字自体は岐阜県に多い。
    • このプロレスラー自体も岐阜県出身。

たなべ

  1. 「田辺」「田邉」「田邊」「田鍋」「田部」「田那辺」「田名部」「田那部」「棚辺」「棚部」がある。
  2. 地名の田辺は関西地方に多い(田辺市京田辺市等)。
  3. ぽる塾のアラフォー(2021年時点)おばちゃんは田辺。
  4. 田名部は元AKB48にいた。彼女は滋賀県出身だが、田名部は青森県(特に下北半島)に多い。

谷口

  1. 予てより 「たにぐち」 と読むことが多いが、「やぐち」 と読む場合もある。
    • 元AKB48チーム8の谷口もかは「やぐち」。 
      • AKB48チームBの谷口めぐは「たにぐち」。
  2. 我らが一刀さんも名字は谷口。読みは 「たにぐち」 。
  3. 関西人ならサンテレビの元アナウンサーかDJのキヨピーを思い出す。
  4. 分布は西高東低。
  5. フロンターレサポーターなら博之を連想するか彰悟を連想するかでファン歴がわかる。

谷田

  1. 大半は「たにだ」だが、稀に「やだ」「たにた」もある。
  2. 体重計メーカーのタニタが有名(創業者は「たにだ」)。

谷畑

  1. 大阪府河内民は政治家を連想。

谷原

  1. 広島県、特に三原市に多い。
  2. 俳優とプロゴルファーが有名。
  3. 練馬区の有名な交差点が「やはら」と読むため、関東地方のドライバーがそのように誤読しがちである。逆もまた然り。
    • 「谷」の読み方は東日本では「や」で西日本では「たに」が優勢。
  4. 平凡そうに見えるが苗字ランキング3800位台と意外と少ない。

谷村

  1. 谷村新司や谷村美月が有名。
  2. 大阪府や奈良県(特に生駒市)に多い。

田沼

  1. 田沼意次が有名。
  2. 沼が付くように関東に多い。

田原

  1. 「たはら」と「たわら」がある。
  2. トシちゃんは前者。

玉井

  1. ももクロのメンバーや叶姉妹の叶美香が有名。
    • 最近では水泳高飛び込みの選手も有名になった。

玉置

  1. 紀伊半島に多い。
    • 発祥の地も紀伊半島。
    • 市町村別比率でも紀伊半島内が圧倒的に多い中、東京都八丈町で特異的に多いのが目立つ。
      • 大東諸島を開拓した玉置半右衛門が八丈島出身。
  2. 読みは「たまき」と「たまおき」がある。
  3. 玉置浩二は前者で玉置宏は後者。

玉木

  1. 何と言っても俳優の玉木宏が有名。
  2. タマホームを設立したのも玉木さん。
  3. 沖縄では、玉城からこれに変化するパターンが見られる。
  4. 国民民主党の政治家も有名。

田村

  1. ありふれた名字だが、意外にも下記の「西村」を下回る。
  2. 西日本に多い。
  3. 世帯数最多は大阪府。
  4. ロンブー、たむけん、麒麟とかお笑いに多い。
    • ロンブーは2人とも同姓だが兄弟や親戚ではない。
  5. 乃木坂46と櫻坂46にもそれぞれ在籍。
  6. 2021年現在の厚労相(三重県出身。実娘が在京某局アナウンサー)も。
  7. スペランカーとして有名な元プロ野球選手は「多村」。
  8. 何と言っても「古畑任三郎」の主演で2021年に亡くなった大物俳優が有名。
    • 3兄弟(実際は4兄弟の次男以降)で活躍していたがそのうち1人はロンブーの片割れと同姓同名。
      • ただし芸名。
    • その父の阪東妻三郎 (『バンツマ』という愛称で有名だった) も本名は田村。

田本

  1. 平凡そうで意外と少ない。
  2. 「袂」→「田本」。
  3. 鉄道ファンは飯田線の秘境駅を連想。

たもり

  1. 某森田さんのおかげであまり言いたくない苗字になってしまった。
  2. たしか、「少年H」という小説の中には実際に登場する。某森田さんは当然出てこないが。
  3. 「田森」の他にも「田守」や「田盛」もいる。

田山

  1. 平凡そうだが「山田」と比べ極めて少ない。
  2. 南山城村の地名にある。高尾+田山で高山ダム。
  3. 俳優の田山涼成が有名だが芸名。

多羅尾

  1. 滋賀県最南端の甲賀市信楽町多羅尾が発祥地。
  2. 某副知事が有名。

樽床

  1. 島根県に多い。
  2. かつて政治家にいた。

ちつて

千田

  1. 「千」がつく苗字は「ち」と読むことが多いが、これは例外的に「ちだ」「せんだ」の両方がありうる。
  2. 岩手県や青森県八戸地域に多い。
  3. 最も有名なのは7878の芸人(岩手県出身)。

智田

  1. 昔のフジテレビのアナウンサー (智田裕一) ぐらいしか思いつかない。
  2. 苗字分布では秋田県が約40世帯で比較的多く、残りは北海道・福岡県・和歌山県・埼玉県・長崎県・佐賀県・神奈川県・東京都・千葉県とそれ以外でそれぞれ約10世帯ずつ。
    • 例の智田裕一も千葉県出身。

茅野

苗字の秘密/あ・か行#かやの

千葉

  1. 意外と声優に多い。(一伸、千恵巳、紗子など)
    • ただ繁のように芸名のケースもある。
  2. 千葉という名字だけに千葉県に多いと思いきや、実は多いのは岩手県や宮城県。
    • 前述の声優のうちの一伸や俳優の雄大は宮城県出身。
  3. 最多の宮城県では6位、次いで多い岩手県では4位。

千原

  1. 福知山市に多い。
  2. あの兄弟お笑いコンビがメジャー。

  1. 中国や南北朝鮮に多く見られる。
    • 前者では「ジャン」、後者では「チャン」と読まれる。
  2. 日本だと「ちょう」の他に「はり」「はる」もある。
    • 「はり」は佐賀市出身の優木まおみが有名。
      • ちなみに彼女は中国系。
  3. トヨタの元社長が有名。

塚本

  1. 塚本高史(俳優)、塚本麻里衣(アナウンサー)が有名。
  2. 関東~九州に多い。東北では少数。

塚田

  1. 農場と呼ばれる。
  2. 宮崎県に多い。オカリナ塚田は宮崎県西都市出身。
  3. ジャニーズにも在籍。

塚地

  1. 大阪府阪南市出身のドランクドラゴン塚地が有名だが、高知県に多い。

柘植

  1. 「つげ」と読む難読姓。
  2. JR東海の社長にこの苗字の人がいた。
    • 三重県に柘植駅があるが管轄はJR西日本…。そのお陰で鉄道ファンはこれを読める。
      • 滋賀県民も。三重県民よりも読める人が多いかも。
  3. NHKの女性アナウンサーにもいる。
  4. よく「拓殖」と勘違いされ読み違えられやすい。
  5. 東海地方に多い。

  1. いわゆる「国字」を含む名字で人口が最多。
  2. 現行のJISだとしんにょうが勝手に点2つになってしまう。
  3. 関西地方に多い。
  4. 中山美穂ファンは前夫を思い出す。
    • モーニング娘。ファンはののたん、西武ファンは現監督を。

つじもと

  1. 「辻本」と「辻元」に分かれる。
    • 新喜劇の茂雄さんや阪神にいた賢人さんは前者、国会議員の清美さんは後者。
    • でも圧倒的に前者が多い。関西で学生時代を過ごした人だったら同級生に何人もいることも。
  2. 関西地方に多い。上記の三人も全て関西出身だったりする。

  1. 徳島県池田高校の元野球部監督が有名。

津田

  1. 津田寛治(俳優)や津田理帆(アナウンサー)が有名。
    • 往年の広島東洋カープ選手も。
    • 鉄道関係のアナウンスを担当している声優も。
    • ダイアンの「すぐ言う」も。
  2. 下記の長尾とセットにされやすい。地名で津田の近くに長尾という例が多いから。

土田

  1. 土田晃之を連想。
  2. 大半は「つちだ」だが、「つった」もある。

土屋

  1. 分布は東高西低で、関東、甲信、静岡、愛知(三河)に割合が高い。
  2. 北海道及び北東北では住宅メーカーを連想する。

筒井

  1. 分布は西高東低、
  2. 作家が有名。
  3. 青森県や奈良県に駅名である。

つは

  1. 表記は「津覇」「津波」の2つがある。
    • 「津覇」は鉄ちゃんなら東武の車両を更新している会社を思い出す。
    • 「津波」は沖縄県民なら誰もが知っているローカルタレントを思い出す。
      • この場合はもちろん読みは「つなみ」ではない。
  2. ローカルタレントの存在からもわかる通り、沖縄発祥である。
    • ちなみに車両会社を津覇さんが東京で設立したのは1932年とかなり古い。このため、沖縄発祥といわれても鉄ちゃんだとピンとこない場合がある。

椿野

  1. 兵庫県朝来市(特に旧朝来町)に多い。
  2. 「バッキー」と呼ばれやすい。
  3. 同じ兵庫県に多い賀集・田路・福良・紫合と同様、意外にも辛坊や金田一よりはずっと多い。

椿原

  1. フジテレビのアナウンサーが有名。

円谷

  1. 福島に多い。
    • 円谷英二と円谷幸吉によって有名になった。
      • 彼らは両方須賀川出身。
  2. 実際は「つむらや」と読むが「つぶらや」と読ばれることがほとんど
  3. 旧字体の圓谷もいる。

坪井

  1. 民は、つボイノリオ(坪井令夫)を連想。
  2. 阪神タイガースの選手にもいた。
  3. 浦和レッズの選手にもいた。

坪倉

  1. 我が家のメンバーを連想。
  2. ローカル路線バス乗り継ぎ旅で再ブレイクしたルイルイ太川陽介の本名。
  3. B.B.クィーンズのボーカルも。

津曲

  1. 九州南部(宮崎・鹿児島両県)に多い。
  2. 関西では有名なケーキ屋さんを連想。そこの店主は宮崎県出身。
  3. 読みはケーキでおなじみ「つまがり」の他「つくま」「つまげ」がある。
  4. バレーボールファンは元全日本男子のリベロを連想。彼も宮崎県出身。

津村

  1. 奈良県に多い。
  2. 入浴剤と呼ばれやすい。
    • 漢方薬とも。
    • ちなみに入浴剤や漢方薬のメーカーを設立した人も奈良県出身。

露木

  1. 「柏木」同様に神奈川県西湘地域に多い。
  2. フジテレビのアナウンサーを連想。

栗花落

  1. 兵庫県に分布するようだが20世帯程度しかいない。
  2. FM802の社長→会長の姓を連想。でも、なかなか読みが覚えられない。
    • 近年は鬼滅の刃で注目されることに。

水流

  1. 難読だが、鹿児島県や宮崎県中南部に多い。

鶴田

  1. 浩二、ジャンボ、真由を連想。
  2. 圧倒的に「つるた」だが、「つるだ」もある。

つるの

  1. 大半は「鶴野」だが、「靏野」「水流野」もある。
  2. 俳優つるの剛士は「靏野」。
  3. 九州に多い。

出川

  1. 「上島」同様にリアクション芸人を連想。

勅使河原

  1. 漢字4字姓で最多。
  2. 1000位までに入る漢字4字姓は他に熊野御堂のみ。熊野御堂は九州に偏るが、勅使河原は全国各地に分布する。
  3. 香川県高松市勅使町発祥。
  4. 勅使川原、鉄地河原、勅使瓦と表記するのもある。

手島

  1. ルーツは下記の豊島と同じ。
  2. 手嶋、手嶌もある。
  3. 手島優、手嶌葵が有名。

豊島

  1. 「てしま」「としま」「とよしま」に分かれる。
  2. 大阪府池田市発祥。

手塚

  1. 大物漫画家があまりにも有名だが、意外にもその地元の関西地方には少ない。
  2. むしろ関東地方に多い。

出水

  1. 地名では「いずみ」だが、人名としては「でみず」が多い。
    • 同じ表記で「いみず」さんも「いずみ」さんもいる。嗚呼ややこしい。
      • TBSアナウンサーの出水麻衣は「でみず」と読む。
  2. 分布が多いのは九州。南に行くほど多い。
    • 但し3割弱は近畿地方と香川県にいる。
      • 姓の根本的な起源は京都らしい。
    • イズミ市に住むデミズさんもいる。やっぱりややこしい。
    • 関東以北にはほとんど分布していない。

寺内

  1. 高飛び込みの寺内健が有名。
  2. 大阪市中央区の会員制服店も有名。
  3. 全国的には北関東(特に栃木県)に多い。
    • 但し上記の寺内健は兵庫県出身。
  4. ある年代以上は寺内タケシ(茨城県出身)を連想。

寺島

  1. 読み方は「てらしま」と「てらじま」に分かれる。
    • 有名なのは俳優の寺島進と寺島しのぶだが、ともに後者。
  2. 「寺嶋」と表記することもある。

寺田

  1. 京都府城陽市由来だが、愛知県(特に三河)や静岡県に多い。
  2. シニア世代は名俳優を、中年層はつんく♂️(本名・寺田光雄)か寺田恵子を、若年層は子役タレントを連想。
  3. 陸上ファンは一度ラグビーに転向した後に復帰しハードルで日本記録を出した寺田明日香を連想。

寺本

  1. 関西や中京に多く、東日本では少ない。
  2. 鹿児島県では寺元となる。

寺脇

  1. 何と言っても俳優の寺脇康文が有名だが他に月亭八方・八光親子の本名もこれ。
    • ともに大阪出身である。

どい

  1. 土井が圧倒的に感じるが、土居も意外と多い。
    • 「土肥」も(この場合「どひ」と読むことも)。
  2. 地名は逆に土居の方が多い。
  3. 土井善晴が有名。その父の土井勝はフリーアナウンサーの土居まさる(こちらは芸名)と間違えられやすかった。
  4. 「土肥」 では土肥洋一が有名。

田路

  1. 「た」ではないのに違和感を感じるだろうが、「とうじ」と読む。
  2. 兵庫県北部(特に朝来市)にありがちな姓。

藤堂

  1. 「藤」から始まる苗字にしては珍しく藤を「とう」と読む。「中藤」とは逆のパターン。
  2. 伊賀上野城主藤堂高虎が有名。

堂本

  1. KinKi Kidsの2人を連想するように、関西の特に兵庫県に多い。

渡海

  1. 「本岡」や「船引」と同じく兵庫県の加古川市高砂市に多い。

渡嘉敷

  1. 沖縄県に多い。
  2. 「具志堅」と同じく元格闘家だったタレントが有名。

富樫・冨樫

  1. 難読だが比較的多い。
  2. やはり某漫画家を思い出す人が多い?
    • 最近ではバスケ界初の1億円プレーヤーも。
  3. 勧進帳。

時任

  1. 難読だが大物俳優の影響で知名度が高い。

常盤

  1. 一見難読だが、知名度が高いため読める人が多い。
  2. たまに「じょうばん」と読み違えられることも(それは「常」)。
  3. 最も有名なのは女優の常盤貴子だろう。
  4. 関東、特に神奈川県とその周辺に多く、他の地域では少ない。
    • 上記の常盤貴子も西宮市に住んでいたことはあるが、出身は神奈川県。
    • だが全国3ヵ所ある常盤駅は全て西日本(京都、岡山、山口にある)。
  5. 製薬会社にもあるが、創業者は中井。

徳井

  1. 全国的にはあまり数は多くないが、なぜかお笑い芸人に目立つ。
    • チュートリアルの徳井義実と平成ノブシコブシの徳井健太。
    • お笑い以外だったら俳優の徳井優(サカイ引越おじさん)も。
  2. 「徳井、これ得意だろ」

徳川

  1. 言うまでもなく250年以上続いた江戸幕府の将軍家の苗字。
    • 将軍家と同じ苗字というのは畏れ多いのか、意外と数は少ない。苗字を決めるときに将軍家と同じ苗字は勝手に付けられなかったからだとも言われている。
      • そのためか、この苗字の人を見ると将軍家である徳川家の末裔か、とも思ってしまう。
      • いまだに分家は名乗らない鉄則はあったりするっぽい。たしか現当主の養父は松平姓だったはず。
    • その将軍家、先祖は得川と書いていたということになっている。

徳重

  1. 愛知県に徳重が付く駅が2ヵ所あるが、むしろ鹿児島県に多い。
  2. 有名なのは21世紀の裕次郎。彼も鹿児島県生まれ。

徳島

  1. 「福島」と聞き間違えられやすい。
  2. 徳島県では少ない。
  3. 日テレの女子アナが有名。

徳永

  1. 岐阜県、滋賀県、九州に多い。
  2. 最も有名なのは、「壊れかけのレディオ」で大ヒットした歌手(福岡県柳川市生まれ、兵庫県伊丹市育ち)。
    • 鉄道ファンの演歌歌手やテレ朝の女性アナウンサーもいる。

徳光

  1. 何と言っても徳光和夫アナウンサー。
    • あとミッツ・マングローブの本名も。アナウンサーとは親戚筋にあたるとか。
  2. 札幌圏ではコーヒーを連想。
  3. E8北陸高速のサービスエリア。
  4. 福光と聞き間違えられやすい。

ところ

  1. 所ジョージが有名だが、出身地の所沢市に由来する芸名。
  2. 格闘家の所英男は本名。
  3. 「野老」と書いてこう読む苗字もある。オリパラエンブレムのデザイナーが有名。

登坂

  1. 思いつく有名人が3人いる。
    • 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのボーカル、NHKの麿、女子レスリング選手が有名。
  2. 「とさか」「とうさか」2通りの読みがある。
    • 先の3人の有名人のうちレスリング選手のみ「とうさか」であとの2人は「とさか」。
  3. 名字ランキング2600位くらいだが関東と新潟で多くその他の地域ではほとんどいない。

栃木

  1. 県名苗字は県内に少ない法則は有名だが、「栃木」に関してはそれが当てはまらず栃木県内に多い(香川県の「香川」さん、福岡県の「福岡」さんと同様)。

戸塚

  1. 横浜市戸塚区を連想するが、苗字の戸塚で真っ先に連想するのは、名古屋の某ヨットスクールの経営者。
    • 最近だとA.B.C-Zのメンバーも。
  2. 横浜市戸塚区は「とつか」、ヨットスクールは「とづか」。

鳥取・取鳥

  1. 鳥取砂丘が有名ゆえに砂丘と呼ばれる。
  2. 「鳥取」「取鳥」とも「とっとり」。
  3. 競輪に「取鳥」姓が在籍するが、取鳥県ならぬ鳥取県ではなく隣の岡山県の倉敷市出身。

百々

  1. 一見した所何と読むのかわかりづらい。
    • 「ひゃくひゃく」「もも」かと思いきや正解は何と「どど」である。
      • 一応百々と書く「もも」さんもいる。

渡名喜

  1. 沖縄県に多い。

利根

  1. 群馬県に多い。

鳥羽

  1. 三重県鳥羽市発祥と思いきや京都市南区発祥。

飛島

  1. 建設会社にある。
  2. 飛鳥と間違えられる。

飛田

  1. 苗字の秘密/は~わ行#ひだを参照。

戸部

  1. 関東南部1都3県に多い。

苫篠

  1. かつて東京ヤクルトスワローズにこの姓の選手がいた。

富岡・冨岡

  1. 製糸場やマイケルと呼ばれる。
    • 最近は鬼退治の人。

富川・冨川

  1. テレ朝のアナウンサーが有名。

とみざわ

  1. 「富沢」「富澤」「冨沢」「冨澤」がある。
  2. いずれも東高西低で、「富沢」が最多。
  3. 最も有名なのはサンドウィッチマンは「冨澤」。その地元の地下鉄に富沢駅がある。

富田・冨田

  1. 東海地方に多い。
  2. 関西では地名だと「とんだ」が多いが、苗字は大概「とみた」。

富所・冨所

  1. 千葉県に多い。

富永・冨永

  1. 声優か女性モデルを連想してしまう。
    • ある以上の世代なら漫画家も。

富山・冨山

  1. 県名は「とやま」だが苗字は「とみやま」が圧倒的に多い。
  2. 声優が有名(故人だが)

富吉・冨吉

  1. 鉄道ファンは愛知県を連想するが、愛知県ではなく宮崎県に多い。
  2. HKTにいた。宮崎県(といっても北部の延岡市)出身。

友井

  1. 大阪府の河内にありがちな姓。
    • 東大阪市友井発祥。
  2. 某男性カルテットグループのメンバーが有名。

友近

  1. 大部分の人はあの女芸人を思い出すが、彼女の地元である愛媛県ではそこそこある苗字らしい。
    • 俳優の鈴木亮平が売れる前この苗字で活動していたらしいが、由来はこの女芸人にあるらしい。

豊川

  1. 大阪府八尾市出身の大物俳優が有名。

豊崎

  1. 人気女性声優か元MBSの女性フリーアナウンサーを連想。


豊田

  1. ほとんどの人は車のメーカーを連想する。
    • ↑のメーカーの本拠地の地名は創業者の豊田(とよ)さんにあやかって市制施行時に改名された。
  2. 隣の半島の南側の国で唯一のノーベル平和賞をもらった人。
  3. 西鉄ライオンズの強打者は「とよだ」泰光、ゾンビと呼ばれた元女子プロレスラーは「とよた」真奈美。
  4. 「このHAGE、違うだろ」の元衆院議員は「とよた」。

豊臣

  1. 豊臣姓は本来難読かつ人口も少ないにも関わらず、豊臣秀吉の影響で誰でも読める。

とりい

  1. なぜか日本の酒造業界の創業者に2人いる。
    • アサヒビールとサントリーの創業者はどちらも鳥井姓。
    • でも血縁関係はないらしい。
  2. やっぱり「鳥居」のほうが多い。
  3. ヒットエンドランと言っていた女性芸人(秋田県生まれ埼玉県北部育ち)が有名。

鳥飼

  1. 大阪府摂津市発祥。
  2. 嘉門達男の本名。隣の茨木市出身。

内藤

  1. 大物俳優か元格闘家タレントを連想。
  2. ダイ語の本名は実は「内藤」。

  1. 女優の仲里依紗が有名。
    • 彼女は長崎県出身だが同県では少なく、むしろ関西で多い。

なかい

  1. 中井で真っ先に浮かぶのは中井貴一、中居で真っ先に浮かぶのは中居正広。
    • プロ野球ファンなら中井大介も。
  2. 「仲井」もある。
  3. どちらかと言うと関西に多い。
    • 中井貴一は世田谷区出身だが父が京都市出身。
  4. 兵庫県北西部の新温泉町で最多姓。
  5. 常盤薬品工業の創業者。

ながい

  1. いくつかパターンはあるが「長井」か「永井」の2つがほとんど。
  2. 一般的に同じ読み方で「長○」と「永○」では前者の方が目立つ場合が多いがこの姓は後者の方が多いイメージ。
  3. 企業では永井海苔(豊橋市)が有名。
  4. 長井は俳優、永井は声優やJリーガーが有名。

中内

  1. 何と言ってもダイエーの創業者が有名だが、地域的にみると高知県に多い苗字。
    • ダイエー創業者は高知県生まれ大阪市此花区育ち。テレ朝に同姓同名の記者がいる。
  2. 平凡に見える割には名字ランキング2000位台と順位が低い。

中尾

  1. 中尾彬や中尾明慶を連想。
  2. 「ハヒフヘホ、バイバイキン」で有名なベテラン悪役声優は実は芸名。

長尾

  1. 戦国武将ファンなら景虎さん(=上杉謙信)をイメージする。
    • 桓武平氏系にあたるらしい。
  2. しかし、その長尾家やのちの上杉家が勢力圏としていた地域において(現在では)特に多数派の姓ではない。
  3. 現代でこの姓の人が多くいる地域は意外にも大阪府と兵庫県。両者の合計で長尾姓の人々のおよそ7分の1に相当。
    • 一方で「県民の数に占める割合」で見るとトップに出るのは香川県。香川県民の250分の1程度を取る。
      • 大阪府では枚方市に、兵庫県では宝塚市や神戸市北区に、香川県ではさぬき市に長尾という地名がある。
    • さらに意外な多さを見せるのが、北海道北部の音威子府村。村自体の人口が極小なので絶対数はさほどでもないが、だいたい50人に1人というレベル。きっと上記の地域から入植者があったのだろう。
    • 上記の津田さんと多い地域が似ている。津田の近くに長尾という地名があるケースが多いのも。
  4. 緑黄色社会のボーカル。

中岡

  1. 幕末の大物歴史人物が有名だが、平凡な割に意外と少ない。
  2. 芸能人では、ロッチ中岡。

中川

  1. 中川家としょこたんが有名。
  2. 全国に分布するが、どちらかといえば西日本(特に北陸3県)に多い。
  3. 中に人偏がつく 「仲川」 姓もある。こちらはハマの新幹線、奈良市長が有名。

中込

  1. 山梨県に多い。
  2. 元阪神タイガースの選手が有名。
    • 彼も山梨県出身。
  3. 発祥地は隣の長野県の佐久市

長坂

  1. 長崎や長沢と間違えられやすい。

長崎

  1. 長崎県には多くない。
  2. 元競泳選手が有名。
  3. 長崎屋の創業者はこの苗字ではない。

中沢・中澤

  1. モー娘。の初代リーダー、もしくは元サッカー選手を連想。

長沢・長澤

  1. 何と言っても長澤まさみを連想。
    • 実際に彼女の出身地の静岡に多い。

中島

  1. 一般的には東日本では「なかじま」、 西日本の特に九州では「なかしま」と読むのが多い(代表的なのは中島美嘉)。
    • カンニング竹山の相方(故人)も。
    • 「高田」「山崎」も同様に西日本では「たかた」「やまさき」と濁らない傾向がある。
  2. 「なかじ」というあだ名を付けられることが多い。
    • 濁らない方の場合「なかし」と呼ばれる。
  3. 野球しようぜー!
  4. 「中嶋」と表記する人も多い。
    • 「中嶌」もある。
  5. 苗字ランキング40位以内に入る。

なが島

  1. 「しま」 が 「島」 になったり 「嶋」 になったり 「嶌」 になったり。
  2. 「長嶋」 ならミスタージャイアンツ・長嶋茂雄。
    • その息子の長嶋一茂もお忘れなく。
      • チョーさんも忘れるな。
      • ただし一茂の妹の三奈、並びに弟の正興は 「長島」 表記で活動している。
  3. 元乃木坂46の永島聖羅や永島昭浩(元サッカー選手)と娘の優美(フジテレビアナウンサー)のように「永島」もいる。
    • こちらの場合「えいじま」と読む場合もいる。

ながせ

  1. 「長瀬」といえば元TOKIO、「永瀬」といえばキョンキョンの元旦那を連想する。

なかそね

  1. なんといってもバーコード頭の元首相を連想する。
    • HYの紅一点を連想する音楽ファンも多い。
  2. 表記は「中曽根」「仲宗根」の2種類あり、前者が本土、後者が沖縄で主流。
    • 中曽根が4,557位なのに対し、仲宗根のほうが1,115位と圧倒的に多かったりする。
      • だがバーコード頭のほうの印象が強すぎてあまりそんな感じがしない。
    • もちろんバーコード頭は前者、HYは後者である。

中田

  1. 同じクラスに「田中」がいると紛らわしい。
    • 「中田」も比較的ありふれた苗字なのだが、それ以上に「田中」が多すぎるのでかえって目立たない。
  2. サッカー日本代表に2人いる。
  3. たまに「仲田」や「中多」もいる。
    • 沖縄県では「仲田」が主流。RBCのアナウンサーが有名。
  4. 「なか」と「なか」がいるのでややこしい。
    • 元阪神の投手は「なかだ」だった。
      • 個人的には「なかだ」と読むのは元バレーボール選手以外全く浮かばない。
      • 乃木坂にもいる模様。
      • 同時期に阪神には「仲田」投手も在籍したが、こちらも「なかだ」と読んだ。
      • 女子バスケットボール選手にもいる。
      • 中田喜子は芸名。
  5. 敬称「氏」を付けられる。
  6. I'm a perfect human.
  7. 東日本はなか、西日本はなかの傾向。

長田

  1. 全国的には「ながた」が大半だが、山梨・静岡両県に限り圧倒的に「おさだ」。
    • チョコプラ長田は後者だが京都市出身。
    • ごく稀に「ちょうだ」と読むことがある。

永田

  1. こちらの「ながた」も長田(ながた)と同じくらいの勢力。永が多数派の「ながい」とは異なる。

中谷

  1. 大多数は「なかたに」だがごくまれに「なかや」と読む人がいる。
    • アードディレクターの中谷日出は後者。

長友

  1. 宮崎に多い。
  2. 最も有名だと思われるサッカーの長友佑都は愛媛出身だがやはり祖父が宮崎出身。
  3. 同じ読みで「永友」も存在する。

中西

  1. 関西に多い。
  2. 吉本芸人に目立つ。
    • 笑い飯となすなかにしにいる。
    • 歌手の中西圭三や元阪神投手もいる。
  3. プロレスラーにも男女それぞれいる。ともに関西出身。

中野

  1. 名前が「あずさ」や「かいじ」の場合鉄道ファンからネタにされる。
    • 「あずさ」は某アニメにいる・・・。
    • 某五つ子の名字でもある。
  2. 爆風スランプファンは誇りに思っている。
  3. 同じ読みで「仲野」「中埜」と表記するパターンもある。
    • 日航ジャンボ機の事故で亡くなったのは「中埜」。
    • ミツカン創業者も中埜。
  4. 東京都中野区と長野県中野市が有名だが、どちらかといえば西日本の方が多い。
  5. サイクルスポーツファンにとっては神様。

長野・永野

  1. 長野県にはあまり多くない。
  2. 「長野」「永野」とも西日本に多い。
    • 「永野」で思い出される芸能人は女優の永野芽郁とお笑い芸人。
  3. 「長野」の読み方は大多数は「ながの」だが「ちょうの」もある。
    • 巨人→広島所属の野球選手である長野久義選手は「ちょうの」。
    • 「ちょうの」は福岡・佐賀両県境付近に集中。

なかはま

  1. 文字は「中浜」「中濱」「中濵」「仲浜」「仲濱」「仲濵」の6通りがある。

ながはま

  1. 文字は 「長浜」 、「長濱」 、「永浜」 、「永濱」 の4通りがある。
  2. しかし有名人はそれぞれ旧字体の方しか思いつかない感じがする。
    • 「長濱」 と言えば長濱ねる (欅坂46) 。
    • 「永濱」 と言えば永濱利廣 (第一生命経済研究所主席エコノミスト) 。
    • 新字体はむしろ地名の方が有名なような気がする。

中林

  1. アルバムと呼ばれる。
  2. May'nの本名。
    • 竹内結子(故人)の夫の俳優も。

中原

  1. 川崎市中原区をネタにされる。
    • 区名の由来となった中原街道(丸子中山茅ヶ崎線)の行き先の平塚市中原も。
  2. 沖縄だと仲原か名嘉原。

ながはら

  1. 「長原」と「永原」があるが、圧倒的に前者が多い。
  2. 探偵ナイトスクープの初期の探偵(前者)が有名。

中東

  1. 「ちゅうとう」と誤読されやすい。

なかひら

  1. 「中平」と「仲平」がある。

中藤

  1. 「藤」で終る姓では珍しく藤が「ふじ」。
    • 「藤堂」とは逆のパターン。
    • 「松藤(まつふじ)」もある。

ながほり

  1. 「長堀」と「永堀」がある。
  2. 前者は関西人だと大阪都心の地名を連想しやすい。

仲間

  1. 某女優(1979年生まれ)が有名なように沖縄県に多い。

中宮

  1. 平凡そうで意外と少ない。
  2. 大阪市旭区と枚方市に地名として存在し、どちらも大学のキャンパスがある。

中村

  1. 全国順位8位の割とありふれた苗字で上記の「田中」と同様に割とどこでもみかけるが、意外にも都道府県単位で1位になっているのは鹿児島県のみ。
    • しかもその鹿児島県では他の地域では見られない珍しい苗字も多い…。
  2. トップ5に入る都道府県は西日本に多い。世帯数最多の大阪府では「田中」「山本」に次いで3位、世帯数2位の福岡県では「田中」に次いで2位。
  3. 北九州市熊本市で最多姓。
  4. 東日本は「佐藤」「鈴木」「田中」「高橋」に勝てないが、「山本」よりは多い(「伊藤」、「加藤」、「吉田」、「山田」も同様)。
    • 「田中」同様に割と全国にまんべんなく分布している。
  5. 同じ読みで「仲村」「中邨」「中邑」と表記するケースもある。
    • 最年少囲碁棋士は「仲邑」。
    • WWE所属のプロレスラーは「中邑」。
    • 沖縄県ではやはり「仲村」が主流。これまたRBCアナウンサーが有名。
      • 俳優の仲村トオルは芸名(本名は「中村」)で沖縄ではなく東京の出身。
  6. 「中村屋!」
  7. 意外にも坂道シリーズでは乃木坂のみで、櫻坂や日向坂には不在。
  8. 大相撲の年寄名跡にもあるが、大阪相撲の侠客の苗字に由来するとか。
  9. サッカー選手に多いイメージ。
    • そのうち2人はJリーグでMVPを受賞した。

なかもと

  1. パターンは「仲本」「中本」「中元」が多い。
    • 「仲本」だとドリフメンバー、「中元」だと元乃木坂46とBABYMETALの姉妹を思い浮かべる人が多い。
  2. 「中元」の場合、「ちゅうげん」とからかわれる。
    • 「中本」だと激辛メニューを出すラーメン屋を思い浮かべる人も。
      • もちろんラーメン屋の創業者の苗字は中本だが、実際は一度閉店しており現在のラーメン屋は創業者の店の常連だった別の苗字の人物が経営している。
  3. 俳優の中本賢を思い浮かべる人も。

中森

  1. 三重県伊賀市・名張市に多い。
  2. 中森明菜が有名。
  3. 一見ありふれてそうだが、実は名字ランキング1000位以内に入らない。

中山

  1. 中山美穂や中山秀征が有名。
    • サッカーの中山雅史もお忘れなく。
    • ユースケ・サンタマリアの本名も。
  2. 苗字ランキング50位台で、全国に分布する。
  3. 孫文の別名として知られる「中山」も、実はこの中山姓に由来する。
    • 日本亡命中に、「中山」さんの表札を見て気に入ったことから、自身の号とした。
    • なので、中国広東省の中山市や、台北の大通りである中山北路なども、元をたどれば中山姓が由来ということになる。
      • その意味では、「なかやまし」とか「なかやまきたろ」等と日本語読みするのもあながち間違いではない。
  4. 沖縄では「仲山」と「名嘉山」。
    • そしてこれが本土風に「中山」に変化するパターンも数は少ないが見受けられる。

ながやま

  1. 「長山」と「永山」がある。

仲村渠

  1. 沖縄の主だった姓の読みが現代の日本語読みに基づいて変化していった中で、この姓は数少ない方言読みのままの姓として知られる。
    • よって県民は一発で読めるが、県外においてはまず読めないかなりの難読姓である。
    • 「なかんだかり」と読む。
    • かつて歌手で仲村知夏という人がいたが本名は仲村渠。

名倉

  1. ネプチューンのリーダー(姫路市出身)が有名。

名古屋

  1. 俳優の名古屋章(故人)が有名。
  2. 名古屋市のある愛知県では少なく、東京や新潟で多い。

那須

  1. 関東北部発祥だが九州南部に多い。
  2. ズッコケ3人組シリーズの作者が有名。こちらは広島市出身。
  3. 元プロサッカー選手の那須大亮(鹿児島県出身)も。

夏目

  1. 夏目漱石が有名。
    • あとは1985年に亡くなった女優の夏目雅子も(芸名だが)。
  2. 最近ではフリーアナウンサーの夏目三久(有吉の妻)を連想。
  3. CBCの創業者。その孫が同局のアナウンサーに。
  4. 苗字ランキングでは辛うじて1000位内に入る位置にあるが、愛知県と静岡県の境目付近に圧倒的に集中し、その他の地域では多くない。
    • ただし、上記の夏目三久は大阪出身。
    • 夏目漱石は東京出身。

名取

  1. 宮城県発祥。
  2. 大物女優が有名。

名波

  1. 読みだけだと女性の名前によくある。
  2. 名波浩が有名。
  3. この苗字の人は2,300人程度しかいないが、そのうち1,400人程度が静岡県にいる。
    • 先ほど出てきた名波浩も静岡県出身。

なばため

  1. 「生天目」、「青天目」などで知られ難読名字のひとつと言っても過言ではない。
  2. 朝ドラ『ひよっこ』には「青天目」さんが登場。
  3. 一番多いのは「生田目」だが「なまため」と読むケースも。

奈良

  1. 関西地方ではあまり見ない。
  2. 青森県に多い。

楢崎

  1. 元サッカー選手かヒゲダンのメンバーを連想。
  2. 「樽崎」と間違えられる。
  3. アダ名は「タル」となりやすい。

成田

  1. 離婚を連想されて結婚しずらい。
    • 特に名前が「りこ」の女性は。
  2. 普通は空港を連想するけど。
  3. 弘前市とその近辺に多い。

難波

  1. 「なんば」と「なにわ」がある。
  2. 大阪市発祥だが、岡山県に多い。
  3. 岡山県津山市に本社を置くホームセンターがある。

新島

  1. 東日本に多い。
  2. 同志社大学創業者が有名。

新沼

  1. 岩手県沿岸南部(特に大船渡市)に多い。
  2. 新沼謙治が有名。

新山

  1. 新山千春が有名。

二階

  1. 和歌山県選出の自民党の政治家が有名。
  2. 二階堂と比べて少ない。

二階堂

  1. 女優の二階堂ふみが有名。
    • 彼女は沖縄県出身だが、沖縄でこの苗字は少なく、宮城県や福島県など南東北で多い。
      • 事実父親は東京出身らしい。
    • あとKis-My-Ft2の二階堂高嗣も。
    • 宮城県や福島県に多いのは、須賀川を拠点とした戦国大名が由来と思われる。
  2. 奈良県に二階堂駅があるが、奈良県でもこの苗字は少ない。
    • 大分むぎ焼酎も有名だが、大分県でもこの苗字は少ない。

西

  1. 阪神タイガースファンにとっては西勇輝投手が有名。
    • と思いきや、2019年ドラフトで西純矢投手も入ってきた。因みに西勇輝の方とは親戚だとか。
    • この他にはMBSの西靖アナ(岡山市出身)が有名。
  2. 方角姓なので関西に多いと思いきや最も多いのは意外にも鹿児島県。

西浦

  1. 「西村」と聞き間違えられる。


西尾

  1. 友近の定番ギャグを連想。
  2. 北海道ではセイコーマートの創業者を連想する。

西川

  1. 吉本の大物芸人に二人いる。
    • 「一時期気絶させられた」ハイ!ハイ!ハイハイハイ!あるある探検隊!あるある探検隊!
  2. T.M.Revolutionとも関連付けられやすい。
    • 布団会社とも関連付けられる。
  3. 稀に「さいかわ」と読むケースがある。
    • 日産の社長だった人がこの読み方だった。
  4. 高知県では上記の「佐川」とは逆に濁る「にしがわ」が多い。

錦織

  1. 「にしきおり」「にしこおり」「にしこり」などいろいろな読み方があるらしい。
    • テニスの錦織圭は「にしこり」だが少年隊の錦織一清やテノール歌手の錦織健は「にしきおり」が正しい。
      • 陸上の錦織育子は「にしこおり」。
  2. 地域的にみると島根県に多い苗字らしい。
    • 上記の錦織圭と錦織健はともに島根県出身。

錦野

  1. 大分県にありがちな姓。
  2. 錦野旦(本名・錦野明)が有名。

西沢・西澤

  1. ダイアンのユースケを連想(相棒はすぐ言う津田)。

西田

  1. 西田敏行や笑い飯西田を連想する。
    • 西田ひかるも。

仁科

  1. 長野県に多い。
  2. 何故か岡山・広島両県境付近にも多い。

西野

  1. 1番有名なのは歌手の西野カナ。
    • あと元乃木坂46の西野七瀬やキングコング西野も。
      • この3人はいずれも広義の近畿地方出身である。

西原

  1. 地名に多いイメージ。
  2. 西原亜希を連想。
  3. 稀に「さいはら」もある。

西松

  1. 某ベビー用品店を連想。
    • あと建設会社も。

西村

  1. 方角が付く名字で最多。全国45位。西高東低。
  2. 西日本(特に関西地方)に多く、世帯数は最多が大阪府、次いで兵庫県の順だが、両府県ともトップ10にないのに対して、割合は滋賀県(同県第4位)と京都府(同府第6位)が高い。
  3. 関東式アクセントだと「吉村」と聞き間違えられる。全国ネットのニュース番組で西村経済再生担当大臣(兵庫県明石市出身)と吉村大阪府知事(河内長野市出身)を逆にされたり。
  4. Jリーグを代表する審判員。
  5. 小峠の相方(広島出身、キャンプが有名)。

西脇

  1. 兵庫県西脇市発祥。
  2. 西脇市に限らず東播・北播は「西脇」という地名が多い。
  3. 2021年現在の京都府知事(京都市出身)。
  4. 1番多いのは意外にも岐阜県。
  5. Perfumeファンはあ〜ちゃん(西脇綾香)を連想。

新田

  1. おニャン子クラブファンは新田恵利を連想。
  2. TBSアナウンサーは「新タ」。

似鳥

  1. 北海道に多い。
    • 北海道と北東北を合計してほぼ半分のシェアになる。南東北以南にも少し分散している模様。
  2. 大手家具屋が有名。
    • 会社名が創立者(樺太生まれ・札幌育ち)の姓にちなんでおり、本社所在地も札幌市北区
  3. 「にたどり」もある。
    • こちらの読みで知られるのはレポーターやラジオDJをやっている人、「鶏肉って何の肉」に出演した女子大生タレント。
  4. 漫画『おたんこナース』の主人公の姓。
    • 主人公の出身地設定が茨城県、舞台設定が東京都内と、上記分布傾向との相関性の有無はよくわからない。
    • 一応、原作者が北海道旭川市生まれであるが、北海道でも絶対数が多くないので、作者が特に意識したとも言い難い。

二宮

  1. 愛媛に多い。
  2. やはり嵐のメンバーを連想する。
  3. 「二ノ宮」と書く場合も。

丹生

  1. 「にう」、「にゅう」、「にぶ」がある。
    • 高徳線に丹生駅(香川県東かがわ市)があるが「にぶ」。
    • 三岐鉄道の丹生川駅(三重県いなべ市)や岐阜県高山市丹生川町は「にゅう」。
    • 福井県丹生郡は「にゅう」、神戸市北区の丹生丘陵は「にう」。
  2. 日向坂46丹生明里は「にぶ」

丹羽

  1. たいてい「たんば」とか言われる。
    • 「たんば」という苗字は丹波と書く。
  2. 初めてこれを見て「にわ」と読める人はまぁいない。
  3. 愛知県ではこの地名があるので誤答率は低い。
    • 事実この苗字は愛知県北部~岐阜県南部に多い。
      • 織田信長の重臣と関係あるのだろうか?
        • おそらくあると思うよ。
  4. 茨城県南部も元大物政治家のおかげで誤答率は低い。
  5. 「アンドリウ」を連想する人も。

ぬね

生見

  1. 「ぬくみ」。
  2. 鹿児島市喜入に多い。
  3. 最も有名な生見愛瑠は愛知県稲沢市出身だが、親が鹿児島出身とテレビで発言していた。

沼田

  1. 沼が付くように東日本に多い。
  2. 精密機械と呼ばれた元プロボクサーを連想。

沼波

  1. 新潟県に多い。

沼部

  1. 東急の駅名を連想。

根尾

  1. NEO。
  2. 岐阜県にありがちな姓。
  3. 中日ドラゴンズの根尾選手は岐阜県出身。

根岸

  1. お笑い好きには、こんにちは根岸で通じる(ロッチのコント)。
  2. アイドルファンには「ぱすぽ☆」のメンバーを思い出す。
  3. あと女優の根岸季衣も。
  4. 南関東(首都圏1都3県)に多い。

根来

  1. 和歌山県北部に多い。「ねごろ」。
  2. 和歌山県岩出市の地名に由来。
  3. 根來もある。

根来川

  1. 和歌山県発祥だが、島根県安来市に集中。
  2. ネゴシックスが有名。

根津

  1. 某大手私鉄創業者が有名。
  2. 根津甚八、ねづっちも。
  3. 南関東1都3県に多い。

根本

  1. 本で終わる姓は南九州を除く西日本に多い傾向だが、茨城県や福島県浜通りに多い。

猫田

  1. 課長と呼ばれ踊らされる。
  2. かつてバレーボールの選手でこの苗字の人がいたことがある。
  3. 岐阜の有力県議も。

能條

  1. 元乃木坂46メンバーを連想。

能見

  1. 元阪神で今はオリックスに在籍する野球選手が有名。
  2. よく「能美」と誤記される。
  3. 京急の能見台駅は「のうみだい」ではなく「のうけんだい」と読む。

野川

  1. 女性声優を連想。

のぎ

  1. 「乃木」、「野木」、「能義」、「野儀」等がある。
  2. 下記の「野津」と同様に島根県東部に多い。

野上

  1. 高級食パンチェーン店を連想するが、その経営者は「阪上」。
  2. 2021年現在の農水相。
  3. 関西の鉄道ファンは1994年に廃止された和歌山のローカル私鉄を思い出す。

野口

  1. 年配だと新御三家の一人の歌手を浮かぶが芸名。
  2. 小柄な女性マラソン選手も。上記の歌手と同じく東海地方出身。
  3. 1000円札の人を思い浮かべる人も多い。
    • このため、俗に1000円を表す単位としても使われる。

野坂

  1. 某作家が有名。
  2. 福井・滋賀両県民は両県境の山地を連想。

野崎

  1. 大阪府と栃木県にそれぞれJRの駅がある。
  2. コンビーフをネタにされる。
  3. 岡山・香川両県民にとっては岡山のクリーニング屋(岡高ローカルCMで有名)を連想。
  4. 大阪府北河内民は野崎観音をネタにされる。
  5. 最近では「紀州のドンファン」も有名になった。
    • 但し彼は婚姻で姓が変わったもの。旧姓は樫山。

野沢・野澤

  1. ベテラン女性声優が有名。
  2. 東日本に多い。
  3. 稀に「農沢」「能沢」もある。

野島

  1. 関東地方南部(つまり首都圏1都3県)に多い。
  2. 関東に展開する家電量販店が有名。

野田

  1. 政治家に多い。
  2. マヂカルラブリーの野田クリスタル。
  3. 関西人だったら野田阪神を思い出す。
    • かつて阪神タイガースにこの苗字の選手がいたが、伝説の失敗トレードでオリックスに行ってしまった。
  4. 関東人はキッコーマン城下町を連想。

野津

  1. 島根県(特に松江市)と大分県に多い。
  2. 大分県臼杵市発祥。

能登

  1. 能登半島を連想。その石川県出身の某女性声優が有名だが出身市は加賀国の金沢市

野中

  1. 90年代に「影の首相」と呼ばれた大物政治家(南丹市を参照)が有名。

野々垣

  1. メナードの創業者。
  2. 野々山とともに東海地方に多い。

野間口

  1. 俳優が有名。他に野球選手もいる。
  2. 大阪府豊能町発祥だが九州に多い。例の俳優は北九州市出身。

野々村

  1. 号泣会見した元兵庫県議が有名。
    • この日本...世の中をっ...変えたいっ!
  2. 世界ふしぎ発見の常連。
  3. サッカーファンにはコンサドーレの社長。
  4. 野村と似てる。

野比

  1. のび太の苗字として有名だが、苗字検索すると1軒だけヒットするので、どうやら実在はするようだ。
  2. 横須賀市の地名にある。鉄道ファンには有名。

野村

  1. 愛称は「ノムさん」になる。
    • プロ野球で「克也監督vs謙二郎監督」は見られなかった。まあ、あの人の関係ですが。
    • 「のむー」だったりする。
  2. 野球選手やアナウンサーに多いような気がする。
  3. 世代によっては「たのきんトリオ」のよっちゃんのイメージ。
  4. 伝統芸能なら狂言師。

野茂

  1. 元大リーガーを連想。
  2. この苗字自体はかなり珍しい部類になる。
  3. 意外にも金田一より多い。
  4. 長崎市野母崎町発祥。
    • 元大リーガーは大阪府出身だが、やはり父親が長崎県出身だった。

野呂

  1. 元AKBの元メンバーを連想。
  2. 三重県と青森県に集中する。
苗字の秘密
あ~こ/あ~お/か~こ/さ~の/さ~そ/た~と/な~の/は~わ