ベタなPB商品の法則

ナビゲーションに移動 検索に移動

PB=プライベートブランド。代表例としてはイオンの「トップバリュ」、セブン&アイ・ホールディングスの「セブンプレミアム」など。対義語はNB=ナショナルブランド。

  1. 一般の品物より安い。
    • その代わり当然セール対象外。
      • ただし、日替わりや見切り品などでNBより高くなる場合もある。
  2. 包装のデザインがシンプル。
    • 商品名もシンプル。
    • 製造コストを抑えるため、包装のデザインや商品名などはあまり飾りつけない。
  3. しかし、製造元をよく見ると大手メーカーだったりする。
    • 中身も大手メーカーの有名商品と同じ物であることが少なくない。
      • 商品の袋もそれっぽい。
    • PBによっては商品の製造元が記載されておらず、販売元だけしかないのも多い。
      • ゆえに、商品の回収騒ぎ(食中毒など)が発生すれば、製造元に代わってクレームや返金とかの対応をしなければならないので、思わぬとばっちりをくらうリスクがある。
    • 同じメーカーの通常の商品の近くに陳列されていて困惑することもしばしば。
  4. そのチェーンだけで売られている物かと思いきや、複数に卸している所もある。
    • 関東私鉄系スーパー(東急ストア・東武ストアetc.)の「Vマーク」とか。
  5. 小売業の社員の間では恋人や配偶者が社内の人をさすときにPBと言う人もいる(社外ならNB)
  6. なんとなく大人の事情を察することができる。

関連項目[編集 | ソースを編集]