世界のエロ地名

ナビゲーションに移動 検索に移動
  • 新たに追加される場合は50音順でお願いします。

ア行[編集 | ソースを編集]

  1. 阿久根
  2. イク湖 (ロシア)
  3. 浮気町 (滋賀県守山市)
  4. 恵比寿
  5. エロー(イギリス)
  6. エロイ (アメリカ)
  7. エロイ広場(イタリア・ローマ)
  8. エロマンガ島 (バヌアツ)
  9. エロマンガ (オーストラリア)
  10. オートーコー市場(タイ)
    • 「男」市場?
  11. オナニ通り(Via Onani,イタリア・ ローマ)
    • ローマ・テルミニ駅より電車とバスで約90分。一見近道に見える道路は歩道がなく歩きにくい。
    • 周りはただの住宅街である。
  12. オナマン湖 (カナダ)
  13. オマン湖 (カナダ)
  14. オマーン
  15. 於女子壇(宮城県大崎市古川新堀)
    • 読みは「おめこだん」

カ行[編集 | ソースを編集]

  1. カザーリ・デル・マンコ(イタリア・カラブリア州コゼンツァ)
    • 日本語版Wikipediaに記事がある。きちんとそのままの名前で書いてある。
    • (公共交通機関だけでは)非常にイキにくいところにある。
      • バス停も鉄道駅も域内に1つずつしかない。
  2. キンタマーニ山 (インドネシア)
  3. 近畿 
    • 韓国語では…
      • そういうことないよ。(by韓国人)
    • 英語でもヤバいので、「近畿〇〇」を名乗る法人は英語名称に "kinki" を入れないようにしている。
  4. クスコ(ペルー
  5. 熊本
  6. 巨根橋(鳥取県日南町)
  7. コスチン(ポーランド)
  8. 金玉(こんぎょく)八幡宮
    • Google mapのレビューにはこれにまつわるエピソードがあった。ある方は自動車の運転中、この付近で縁石に乗り上げてしまい、ロードサービスに電話したところ、コールセンターの女性が読み方を間違え「キンタマ八幡宮ですか!?」と言ってしまった。一方運転者側はパニックでもう一度同じ名前を言わせてしまったとか。
    • ちなみに、Google mapの英語版は"Kintama Shrine"と誤って登録されていたので、直しておきました。
  9. コンドーム(フランス)

サ行[編集 | ソースを編集]

  1. 処女湖(滋賀県高島市)
  2. 潮吹穴(岩手県宮古市)
    • 幸い、Google mapのレビューにはそういうことを意識した投稿はほとんどない。しかし、画像データベースにはこういうことを意識したのか「関係ないことへの利用はしないでください」とある。
    • 卑猥なサジェストワードや検索結果の出やすいbing検索では、やはりそちらの意味のコンテンツが引っかかってきた。
    • ちなみに、条件がそろわないと潮を吹かない。こういうときがあるので、蔑称として「ホラ吹き穴」と呼ばれている。
  3. シモネッタ(イタリア・ミラノ)
    • 上記のカザーリ・デル・マンコと違って都市部にあるため、容易にイキやすい。
      • ミラノ中央駅隣のCentrale FS駅から地下鉄2号線でGaribaldi FS駅、5号線に乗り換えてCenisim駅で下車。そこから徒歩6分。合計20分程度。
      • なお、マルペンサ空港からの列車の約半分や、国際特急の一部はガリバルディ駅発着となるので、この場合はそのまま地下鉄5号線に乗ればよい。
  4. シリアナ (チュニジア)
  5. シリシリ山 (サモア)
  6. シリフケ (トルコ)
  7. シリブリ (トルコ)
  8. スケベニンゲン (オランダ)
  9. 全羅(ぜんら)道(韓国)

タ行[編集 | ソースを編集]

  1. チカン(ロシア)
  2. チチハル(中国)
  3. 千葉(日本)
    • 中国語における鶏巴(ち○このスラング)に発音が酷似する
  4. 乳房山(東京都小笠原村母島)
  5. チンコ川 (中央アフリカ)
    • チンコ岩(東京都葛飾区
    • チン小平(東京都小平市)
    • チン神戸(兵庫県神戸市)
    • チン越谷(埼玉県越谷市)
    • チン子安(神奈川県横浜市)
  6. チンポー(中国
    • 下記のチンポー湖のほかに徳宏タイ族チンポー族自治州なる場所があるらしい。
  7. チンポー湖 (中国/黒龍江省)
  8. 珍宝島 (中国/黒龍江省)
  9. チンチン (中国)
  10. 洞庭湖(どうていこ)(中国)
    • 千葉にも存在
    • トンチン湖 (中国)
      • 洞庭湖の現地読みだそうです。
    • 漫湖からは極めて遠くに離れているようである。
  11. 豆満江(とまんこう)(中国・北朝鮮・ロシア)
  12. 珍小島(北海道虻田郡洞爺湖町)

ナ行[編集 | ソースを編集]

  1. 滑川(千葉県神埼町)
    • 舐め皮
    • 埼玉にもある。
  2. 乳頭温泉郷(秋田県仙北市)、乳頭山(秋田県仙北市・岩手県雫石町)
  3. 女体入口(長野県駒ケ根市)

ハ行[編集 | ソースを編集]

  1. パンティ (インドネシア)
  2. ビキニ島
    • これが語源ですので・・・
  3. 姫の水(足柄下郡箱根町大平台)
    • ただの水ならいざ知らず、「姫」の水となると、どこから出ているのだろうと想像が搔き立てられる場所である。
    • 足を運んでみると、真上に吹き出す水が。まさに「姫の水」を彷彿とさせる湧き出しようである。
    • なお、当スポットは人の家の敷地内にあるので、近くへイク際は一声かけること。
  4. 二子玉川(特に略称の「二子玉」)
    • こち亀(原作)にてこのことが取り上げられた。両津勘吉にとっては2個の玉といえば金玉しか思い浮かばず、女性陣がためらいなく二子玉と連呼するのが理解できないそう。
    • だとすると二子新地、たまプラーザも同様にエロ地名になってしまう。
  5. フッキング (オーストリア)
  6. ブルマ (ヨルダン)
  7. ボイン川 (アイルランド)
  8. 博多(日本)
    • ハダカw
  9. フルチン(チェコ)
  10. ペニストーン(イギリス)
  11. 宝殿(日本)
    • ドイツ語で睾丸の意
      • ホルモン焼きで睾丸由来の部材を「ホーデン」と言うのはそのため。

マ行[編集 | ソースを編集]

  1. マタモラス(アメリカ)
  2. 馬羅(マラ)島(韓国)
  3. マンゲニ高原 (ニジェール)
  4. 漫湖 (沖縄)
  5. マンコカパック (ペルー)
  6. マンコス (アメリカ)
  7. マンジル (ヨルダン)
  8. マンズルカ (ロシア)
  9. マンビラ高原 (ナイジェリア)
  10. マンポ(満浦) (北朝鮮)

ヤ・ラ・ワ行[編集 | ソースを編集]

  1. ヤキマンコ通り (ロシア)
  2. 野洲 (日本)
    • 韓国のネット用語で「ヤス」は「○ッ○ス」のこと。
  3. ヤリキレナイ川(北海道夕張郡)
  4. レマン湖 (フランス・スイス)
    • 「レ」は定冠詞(英語におけるThe)であり、湖の名前としては(以下省略

ケツ結論[編集 | ソースを編集]

  1. その言語だけで同じ発音だからエロく聞こえるのであって、他の言語にしてみれば全くそうでもない。
    • 従って、この地名はエロいなどとみだりに話さないように。
    • 沖縄のように、他所の言語が侵略してきたら意識も変わってくるのだろうが…。
  2. どうしてこんなにエロ地名を見つけられるのかって?簡単だ。まずは何でもいいからGoogle mapに下品な単語を入力してみればいい。
    • 音声入力は避けた方がよい。不適切語が登録されており、該当する単語を吹き込むと一部が伏せ字となり、その単語で検索ができなくなるためである。
  3. 心なしか、イタリアにエロ地名が多い気がする。

関連項目[編集 | ソースを編集]