偽Fateシリーズの特徴

ナビゲーションに移動 検索に移動

偽Fateシリーズの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. これのスピンオフ作品だ。
  2. 元から全年齢向けのゲームだ。
    • 第1作が初代プレステで発売。
    • 最新作はニンテンドースイッチでリリースされている。
  3. どのシリーズもギャグテイストだ。
  4. 死人が出るなんてもってのほか。
  5. 他のTYPE-MOON作品とのリンクがない。
  6. 登場するサーヴァントは全て架空の人物がモチーフ。
  7. リリカルなのは東方とよくコラボする。
    • 最近では、国民的アニメとのコラボに積極的。
  8. 漫画版は真月譚月姫バリの大幅アレンジがウリ。
  9. アニメ版は全てスタジオディーンが制作。
    • むしろアニメ化されたことがない。
  10. ufotableとは無縁だ。
  11. アニメ版の音楽はキングレコードが担当。
    • アニプレックスは一度も関与していない。
  12. コーヒー大好き石化魔法使いが出てくる。
  13. 『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』や『プリズマ☆イリヤ』はシリーズと無関係。
  14. Fate/Grand Orderもコンシューマ用ソフトで発売。
  15. 二次創作は厳禁。pixiv等でもマイナーなジャンル。
  16. カタカナで「フェイト」と書くのが正しい。

偽Fate/Zeroの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 登場するサーヴァントは0人。
  2. Fate/0が正式表記。
    • 0で除算しようとしているのでエラーになる。
  3. 第0次聖杯戦争を描いている。
  4. 全陣営を衛宮切嗣が倒した。

偽Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. プラズマ☆イリヤだ。
    • プラズマテレビでのみ受像可能。
  2. 夏に毎年製作されている。
  3. 萌えアニメなので本格的な戦闘シーンはない。
  4. Fate本編の登場人物はイリヤ以外でてこない。

偽ロード・エルメロイII世の事件簿の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ロード・エルメロイI世の事件簿からのスピンオフだ。
    • 続編はロード・エルメロイIII世の事件簿。
  2. 無限列車編は記録的な興行収入に達した。
  3. EDはTHE虎舞竜のロード。
  4. 冬木市が舞台。
  5. グレイはアンドロイドだ。

偽衛宮さんちの今日のごはんの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 今日の、というだけあって週5で放送していた帯番組だ。
    • 5分番組だ。
  2. テロアニメだ。
  3. ごはんなのでパンや麺類はでてこない。

関連項目[編集 | ソースを編集]