東京メトロ東西線延伸

ナビゲーションに移動 検索に移動

和光市駅へ延長[編集 | ソースを編集]

  1. 西高島平-板橋区-地下鉄赤塚-地下鉄成増-和光市
    • それ三田線じゃないの?ラインカラー似てるけど
    • 三田線はもともと、東西線の枝線として、巣鴨―大手町の予定だった。

全線に渡り複々線化[編集 | ソースを編集]

  1. 中野-高田馬場-飯田橋-大手町-茅場町-(東陽町)-西船橋
    • 快速線を別線でひいてもいいのでは?
  2. 私は停車駅案を別に持ってまいりました中野―高田馬場―飯田橋―大手町―日本橋―東陽町―葛西―妙典―西船橋
  3. 中野-高田馬場-飯田橋-大手町-日本橋-茅場町-西船橋とし従来線は各駅専用とする。茅場町-西船橋間が15分くらいならベスト。
    • 何故門前仲町に止めない?
    • 別線ひくなら急行線。乗り入れ線の範囲はJRから客を奪うくらいにしないと千葉は発展しない。埼玉のほうが鉄道が便利になってると思う。JRは、千葉以遠の担当にするぐらいでないと発展しないと思う。
    • 自分的にはJR直通を津田沼までではなく千葉までにして土日もやって欲しい
      • それならこれを参考に。
  4. 通勤時間帯の快速は、通勤快速になるし早いところやってもらわねば。
  5. 西船橋駅〜高田馬場駅まで複々線化を行い快速線は東葉高速鉄道及び西武新宿線。緩行線はJR直通が良い気がする。

西早稲田支線[編集 | ソースを編集]

  1. 現在の早稲田駅から諏訪通りを通り西武新宿線高田馬場ホームにつなげる支線を作る
    • つまり西武新宿線への乗り入れの際今の高田馬場駅の構造だと直通しにくいから支線を使い西武線のホームをそのまま使わせる作戦です
    • さらにこれの開業により副都心線西早稲田駅と連絡ができるようになる
  • T-04 早稲田(西船橋方面本線・東葉高速線直通運転)
    • 早稲田通りを通らず諏訪通りへ
  • t-04 西早稲田(副都心線)
    • 地上へ
  • t-03 高田馬場(西武新宿線直通運転)
  1. 上記は既に建設予定だそうな。首都圏大手私鉄の中で、地下鉄との乗り入れを持たない西武新宿線が、高田馬場の地下ホームを作り、東西線に乗り入れするそうです。特急レッドアローと、一部の列車は現在のままで。完成時には、本川越から東洋勝田台まで伸びるので、俺は楽になるな。
  2. 高田馬場の先で分岐し、中井駅の手前で地上に出て西武新宿線と合流の予定。東西線は10両編成なので西武新宿線内では自動的に優等列車扱いだから、どこかで緩急接続が必要になる。従来通り鷺ノ宮で行うのか、地下化を進めている沼袋でやるのか、いっそ中井も地下化して準急・急行を停車させ、ついでに大江戸線と連絡通路を繋げちゃえばいいのに。

全線に渡り複々線化+西早稲田支線[編集 | ソースを編集]

  • 上の2つを見ていたら思いつきました
  1. 東葉高速鉄道―西船橋―(妙典)―葛西(or西葛西)―東陽町―門前仲町(or茅場町)―大手町(日本橋駅との連絡通路有)―九段下―飯田橋―早稲田―西早稲田―高田馬場―西武新宿線と作る(高田馬場・西船橋以外は地下を通る)
  2. 急行停車駅西船橋・東陽町・大手町・飯田橋・高田馬場に止まり西武線は急行運転
    • 準急は複々線の各駅に停車し西武線は各駅停車
  3. 今までの各駅停車や快速は今まで通り中央線にのみ直通する。また総武線への直通も増量

舞浜支線[編集 | ソースを編集]

  1. 現在の東陽町駅から明治通り、湾岸道路経由で舞浜まで至る支線を造る。
    • これによってTDRへの交通手段が増えるのと、東西線と京葉線を結ぶことができます。ナンバリングは西早稲田支線にtを使われたのでtd(東京ディズニー)にする。
  • T-14 東陽町(中野方面本線・中央線直通運転)
    • 車庫へ繋がる地下線を通り、線路が地上に出る頃に地下のまま明治通りへ入る
  • td-01 新砂町
  • td-02 夢の島
  • td-01 新砂町
    • 訂正 夢の島〜新木場の間にある新砂町は削除(東陽町と夢の島の間にある為)
  • td-03 新木場(有楽町線・りんかい線・京葉線)
  • td-04 葛西臨海公園(京葉線) 
  • td-05 東京ディズニーランド(京葉線・ディズニーリゾートライン)
  1. 上の方の人と同じように地下区間にも急行(快速)線を引く。そして「快速TDR」を運行させる!
    • その車両は外国のディーゼル急行車をモデルとした新型車両で、ウォルトディズニーとの協力で、中身はディズニー一色にする。車体にはミッキー等のディズニー主要キャラが!?
    • 快速TDRの停車駅は、中野‐大手町‐日本橋‐茅場町‐東陽町‐新木場‐東京ディズニーランド
      • 高田馬場と飯田橋に止めないのは速達性重視と、JR接続駅なので、京葉線経由で行く人が多いから。中野はしょうがない。
    • 毎時3本は走らせたい。1本程度だとJRに勝てない!でも多すぎるとかえって満席になってしまう…勿論朝・夕ラッシュは走らせない。
    • 東西線に快速線は駅の構造上快速線ホームを設置するのが不可能なため、難しいかもしれない。その場合、「快速TDR」は既存線に走らせる。

東西線と東葉高速線の「JR総武新線」化[編集 | ソースを編集]

東西線の混雑緩和と輸送力増強、JRの成田・北総方面アクセス向上を図るため、東西線一部区間と東葉高速線をJRに併合して延伸し、東京駅京葉線ホームから佐倉に至る総武本線のバイパス「総武新線」にする。

  • 現行東西線では狭幅車10両編成に限られ、編成当たりの定員をこれ以上増やすことが困難。一方で京葉線は山岳トンネル規格で15両対応準備ができており、ダイヤにも東西線より余裕がある。
  • JRは東京都心部から成田・北総方面へ向かうのに遠回りな千葉経由しかないため、京成のスカイライナーや東関道経由の高速バスよりも所要時間で劣勢。
  • 東葉高速線は利用者が沿線の通勤客のみで増収が図りにくく、建設費償還が難しい。

南砂町以東のJR移管と東京接続[編集 | ソースを編集]

以下のいずれかの形で京葉線東京駅へ接続し、その結節点より東側をJRに移管してトンネルを山岳トンネル規格に拡幅する。その上で西船橋も15両対応するとともに、総武快速線東京方面から勝田台方面への短絡線(ホーム不要)を設ける。ほぼ全線130km/h対応化。

  • 第1案:京葉線潮見のすぐ西側にある地下トンネル開口部から分岐して旧小名木川貨物線を経由し、すぐに地下に入り南砂町へ接続する。京葉線越中島以西各駅を15両対応にする。南砂町は2面4線化し、ここで折り返す東西線を最長15両の総武新線が挟む形のホームとする。新規地下線建設距離が短く安上がり。
  • 第2案:京葉線越中島から東陽町へ接続し、2面4線化する駅は東陽町に変更。第1案よりも運行体系がすっきりするが、建設費が掛かる。

Tozai1.jpg

京葉線接続線[編集 | ソースを編集]

原木中山-市川塩浜に京葉線連絡線を設け、京葉線新木場方面と短絡する。ごく一部の列車に限定するならば容量的に耐えられ、総武京葉接続新線を新浦安-津田沼に大深度地下で建設するよりもコストは圧倒的に安い。川べりで行徳検車区の脇であるため、高架線として用地取得は容易。130km/h対応は不要。

Tozai2.jpg

勝田台から佐倉への延伸[編集 | ソースを編集]

勝田台(現東葉勝田台)から総武本線佐倉およびそれ以遠へ直通できるようにする。これにより西船橋-佐倉の距離は千葉経由より約8km短くなる。130km/h対応化。

  • 第1案:勝田台-上志津-四街道千代田-物井(-佐倉)
  • 第2案:勝田台-上志津-吉見-佐倉

Tozai3.jpg

ダイヤ案[編集 | ソースを編集]

  • 総武新線(東京接続は第1案を採用したとして記述)
    • 特急成田エクスプレス:総武線東京駅から西船橋で総武新線に転線し、勝田台経由として成田空港まで約70km、最速45分(現状55分)。
    • 特急しおさい他:総武線東京駅から西船橋で総武新線に転線し、錦糸町-佐倉は約46kmノンストップ30分。佐原方面行きあやめ復活。
    • 特急成田羽田エクスプレス(新設):羽田空港-(東海道貨物線・りんかい線・京葉線)-市川塩浜-(京葉線連絡線)-原木中山-西船橋-勝田台-佐倉-成田-成田空港(途中は殆ど通過)
    • 快速(最大15両・G車付けるかどうかは要検討):東京(京葉線)-八丁堀-越中島-南砂町-西船橋-北習志野-勝田台以東各停で成田・成東方面へ。
    • 東西線直通:(中野方面-)南砂町-(各駅または快速)-西船橋-(各駅)-勝田台(一部佐倉・成田・成東へ行ってもいいかも)
  • 総武新線開通の周辺各路線への影響
    • 千葉-佐倉では東京方面と成田・成東方面の両方に直通する定期列車が消滅。佐倉発着千葉経由東京方面行き快速と、千葉発着成田・成東方面普通のみになる。
    • 現在京葉線経由の特急わかしお・さざなみを日中のみ以前と同じ総武快速経由に戻し、錦糸町・千葉停車とする。しおさい他の経路変更だけでは千葉に来る特急が消滅するので。(朝夕ラッシュ時の現行京葉線経由は名称変更が必要かも)
    • 総武快速は引き続き西船橋通過。東京への速達ルートが2つ併存すると混乱しやすいので。
    • 京葉線では東京口のスジを一部総武新線に明け渡すため、りんかい線や有楽町線への直通を設けて東京-新木場の本数を減らし、同区間各駅の利便性確保のため特急以外ほぼ全便を各駅停車とする。

関連項目[編集 | ソースを編集]

西へ延伸[編集 | ソースを編集]

  1. そのまま25号線の下に建設
  2. 落合-中野北口-大和町-本天沼-下井草(西武新宿線)-下石神井-石神井公園南-石神井台南大泉-保谷
  3. 中野行きの一部をこちらに通す。一部は落合〜保谷で折り返し運転。そのため、落合駅は2面3線化(中野坂上と同じホーム構造)させる。
  4. 中野北口~保谷間の駅ナンバリングは「Tb-01~Tb-08」としよう。(方南町支線と同じ感じ)

競馬場延伸[編集 | ソースを編集]

  1. 千葉街道下に建設。
  2. 原木中山-西船橋(地下ホーム)-地下鉄船橋(市役所最寄)-船橋橋(京成大神社前駅と接続)-競馬場前(ビビット南船橋直結)
  3. 西船橋駅5番線~8番線は東葉高速鉄道の管轄駅に。

池袋延伸(池袋-高田馬場-中野直結)[編集 | ソースを編集]

  1. 東西線の西武新宿線直通に伴い存在意義が薄れる高田馬場以西の活用と、中央線沿線と埼玉県方面との接続向上、埼京線新宿-池袋の混雑緩和を図る。
  2. 高田馬場から雑司ヶ谷駅を経由して池袋に至る支線を建設し、池袋ではJR埼京線に接続する。
  3. 高田馬場からは中野方面に接続。埼京線E233系が走行可能なように拡幅し、JRに移管。現東西線高田馬場以東は西武新宿線直通に特化し、高田馬場以西とは分断してもよい。