鳥取・島根のメディア

ナビゲーションに移動 検索に移動

鳥取・島根のメディアの噂[編集 | ソースを編集]

  1. 2県合わせて民放テレビが3局。こうしないと田舎はやっていけない。気の毒だ。
    • 宮崎などに比べてはマシかもしれないがそれでも不満。
    • 山陰両県より人口が少ない東北某県北陸の中心でさえ4局なのに。
      • チャンネルがウラ以外にもう1つあるからね。
        • 山陰両県合わせて山形より人口が少し多いのでは4局のコストに見合ってないと思われているのだろう
    • 一応、TBS系列やフジテレビ系列の意味は理解している。
      • 左隣の住民はフジテレビ系列の意味を知らない。
    • ヲタとして、アニメのあまりの少なさに絶望を感じる。
      • ならば、ケーブルに入りたまえ。
    • 相互乗り入れ後、新規開局が全くない。
      • エフエム山陰の開局は乗り入れ後。
    • あまり知られていないが相互乗り入れの効果により、大都市以外で初めて3局以上のテレビが見られるようになった地域でもある。
    • 宮崎よりテレビ局が多いことが唯一の誇りだが、県数で割ると1.5局となり負ける。
  2. 鳥取はケーブルテレビの加入者が多いらしい。
    • デジタル放送になっても大阪や岡山の県外放送を再送信してくれるとのこと。
    • 「全系列+サンテレビ」は入らないほうがおかしい。
    • 民放が3局しかないからみんなケーブルテレビに入る。
    • しかし山梨のような実質視聴区域とまではいかない。山梨はダントツCATV加入率1位、2位の三重県にすら追いつかない。
    • それでも中国地方では1位である。(2位は山口県)ちなみに場所によっては加入率が9割近い地域も存在する。(中部の湯梨浜、北栄町あたり)
  3. エリアは同じだが、ラジオ局の本社は鳥取(テレビ兼営の山陰放送)、島根(V-air)と分かれている。
  4. 最近なぜか、合銀のCMに内山理名が出ている
  5. テレビ朝日系列局の開局を望みたい・・・・・・
    • それをやられると朝日放送が見れなくなるので…
      • ケーブルテレビがない大田や隠岐、益田の人にとっては悲願だと思う。
      • 益田ではYAB山口朝日が入る(萩須佐局もしくは阿東局を受信)
      • 入るといえば入るけど映りが悪すぎて入ってないのと同じ地域が市内でも多数
    • 基本的に山陰2県の経済規模では無理なんじゃないかと…。いっそのこと、鳥取はABC、島根はHOMEかKSBの放送地域に組み入れてほしいです。
    • かつて山陰朝日放送の開局構想があった。
      • 山陰中央テレビ本社の社屋に山陰朝日放送の開局を。琉球朝日放送のような1局2波方式なら開局しそうだ。
      • 現在、山陰朝日放送という独立記事をWikipediaに立てると粛清されるようだ。
    • テレビ東京系も開局しねえかな・・・
    • テレビ朝日系列がない=放送していないので、テレ朝系全国ネットの天気では鳥取と松江の天気マークがないこともあった(高知なども同様)。
  6. 一番ネタになるローカルCMは江頭の出てるMANDAI書店のCMだと思う。
  7. 20代の人はTSKの「わんぱくパラダイス」でTVデビューした人も多いはず。
  8. 放送局が少ないことから、マルチ編成で視聴者のニーズに合った番組が視聴できる。
  9. 山陰3局に共通して、テレビ朝日との関係が良好。
  10. 相互乗り入れ後もBSSとNKTともにテレビ朝日「モーニングショー」および正午枠の番組を同時ネットし、チャンネル変えても同じ番組をやってるという珍現象が1989年のBSS一本化まで続いた。
  11. 昔はテレビせとうちが映った。

テレビ局・ラテ兼営局[編集 | ソースを編集]

NHK[編集 | ソースを編集]

松江放送局[編集 | ソースを編集]

  1. 中村愛アナウンサーは冗談抜きで美人。
    • 松江なんてへんぴな所へ置いとくにはもったいない。早くセントフォースへ移籍してください。
    • 現在は仙台放送局に在籍中
    • 2009年春、退局されたみたいです。。。
  2. 池上彰の初任地である。
  3. 総合テレビは6チャン、教育テレビは12チャン(北九州局と全く同じ)。

鳥取放送局[編集 | ソースを編集]

  1. 某女性アナウンサーは波田陽区に似ている。
  2. TV米子中継局は松江市の枕木山に有る。
    • 以前は米子市上後藤の中波アンテナにTV用スーパーターンを付けて送出していた。が、大抵の米子市民は枕木山の民放にアンテナを向けており、チューニングしているのはNHK松江放送局だった。
      • スーパーターンはVHF用ね。実際はループアンテナ。
    • 枕木山移設後も米子市内でNHK松江局を受信する家庭は多い。
      • NHK松江放送局では、上記の事情から天気予報で米子市の予報を流している。
  3. まさかの「Free!」放送開始&2期放送決定。
    • 聖地・岩美町を紹介するミニ番組もあるらしい。
  4. 交通情報は民放は電話音声だが、鳥取センターに近いはずのNHKはクリア音声だろうと思ったら、まさかの電話音声。
  5. アナログテレビ開始当初は、岡山放送局の電波をそのまま流用していた(人形峠の固定局経由)
    • 日本海テレビがマイクロ回線未開通なのに開局(全番組テープネット)という荒業をやってのけたせいで、日本海テレビに先を越されないために、そうせざるを得なくなったとか。
    • FM放送でも宮崎局・鹿児島局が似たようなことをやっていたことがある。こちらは熊本局の電波を流用していた。

新聞[編集 | ソースを編集]

日本海新聞[編集 | ソースを編集]

  1. 過去に倒産したが再建された。
  2. 購読料が一番安いことでも知られる。
    • 最近、値上げして2200円ぐらいになったが、それでも日刊紙では一番安いらしい。
  3. 活字が日本一大きかった(今も?)。お年寄り向けに好評だが、要はニュースが無いとも。
    • 2008年3月17日からさらに活字が大きくなった。
  4. 日本海新聞所属の某記者が、たびたび首長選に立候補してる
  5. 何気に兵庫県北部にも配達されている。
    • そこは神戸新聞のエリアである。
    • おそらく鳥取に隣接している新温泉町や香美町が主なエリアだと思います。
      • その通り。美方郡が配布地域。
    • ホームページを見たらどうですか?兵庫県北部もエリアに入ってますよ。兵庫北部の記事も結構載ってます。
    • 但馬版として発行している。テレビ欄は兵庫仕様になっているが、広告はほとんどが鳥取県内向けのまんま。
    • 2000年、姫路支社を開設して播磨版が発売されていたが、すぐに廃刊。姫路駅のハートインや山電の駅売店で買えた。
  6. エンターテイメントが載っている「エンタコ」のイラストコーナーは、可愛い子が描いているのが多い・・・がそれ以上に腐女のが多い。
    • 西日本新聞のTEENSクラブとどっちが腐女率は高いのだろうか。
      • 西日本新聞を見たことがないので知らんけど、けっこう腐女率は高いと思われる。
  7. 大阪の大阪日日新聞の親会社。
  8. ラジオ欄にはなぜかニッポン放送の番組表が載っている。もちろん昼間は受信不可能。
    • これは但馬版でも一緒。
      • radikoを使えば、理論上は24時間連続聴取が可能。
    • それなのにCATVで再送信されているKiss FMは載せない(鳥取版)。

山陰中央新報[編集 | ソースを編集]

  1. 島根鳥取がメインなのに一部は広島市内にも配達されている。
    • 近隣県のテレビ番組欄がある。広島のHOMEテレビとかせとうちテレビとか。。。
    • 島根はどうかよく分からないが、鳥取はケーブルテレビで見ている家庭が多いからか?
      • 島根では広島ホームテレビと大阪の朝日放送、それにテレビせとうちが載っている。
        • 本社ビルにエフエム山陰があり連携している。
          • 週末はりびえーるを持って出かけるお年寄りがよくいる。
          • 夕刊制度が成り立たない地方だから、他のタブロイド版サイズ誌が普及してない
  2. 本社ビルは昔、一畑だった。
    • 昔から本社ビル。一畑が下階をテナント借りしてただけです
  3. 美術展・コンサート・書籍出版など、地味に色々やっている
    • どんな大事件が起こっても、協賛している日展や大茶会の期間中は必ず一面左半分を使用。
  4. 鳥取市の拠点がやたら大きい。
    • 日本海新聞が倒産した際、規模を拡大しようとした名残と思われる。

島根日日新聞[編集 | ソースを編集]

  1. 実質、出雲日日新聞。
    • 新聞広告も出雲市内の企業ばっかり。
  2. FMいずもの番組表が2つもある(片方は広告扱い?)
  3. 1部売りは実施。よそ者でも比較的簡単に入手可能。

ラジオ局[編集 | ソースを編集]

エフエム山陰[編集 | ソースを編集]

  1. 通称、V-air(ブイ・エアー)。
  2. 日本のFM局で唯一2県にまたがっている。
  3. 昔は平日の夕方に堂々とラブホのCMをやっていた。当然最後に(18歳未満はご利用できません)というアナウンスが流れる。
    • 今もしてますよ。先日、夕方の5時ごろにやってました。
      • ホーテールシャトールーは斐川ぁ町ぅー(酔っ払いオヤジのカラオケ調)あのCMで誰が行く?
  4. 津和野町や吉賀町の一部は受信できないらしいが、山口市萩市の一部は受信できる地域がある。
    • 浜田局は出力1kWと高出力で、かなり遠くまで電波は届いている(山陽小野田の石山山頂で聴いたことがある) もしかしたら九州でも聴ける場所(中津付近で標高の高い所)があるかも。
      • KRY山口放送の美祢中継局が0.2MHz違いで開局することになったので、山口県西部や九州の高台で今まで受信できていた場所でも、アウトになるかも。
        • 長門中継局も同じ周波数。位置的に(V-airの本来のエリアである)島根県まで電波が届くような気がするんだが大丈夫なのか。
        • 萩中継局も同じく86.4MHzになった。見島ではKRYとV-airいずれも混信を受けずにちゃんと受信出来るのかしら。
    • 191号線の山口県阿武町以東のトンネルでは、V-airしか再送信されてない(FM山口が聞けない)
  5. イナタ氏の声は独特なので、ドライブスルーのマイクに喋った時点で複数の店員が注目+個性的な風貌に納得。
  6. よく見ると、親局の周波数が「名無し(77.4)」だ。
  7. 若者のレトロ本舗リスナーは大昔の曲に詳しくなる。
  8. 現在福岡で活躍している、甲斐田貴之氏がかつて所属していた放送局。中でも、彼が担当する「プレ×プレ」の人気度は半端なく高かった。
  9. 国道9号沿いでは78.8(鳥取)、77.4(松江)、86.6(浜田)の3つの周波数さえ覚えておけばほとんどの場所で聴き続けられる。あの山がちな山陰で3局で済むのはかなり高効率なのでは。
  10. 交通情報は鳥取と松江を繋げて放送する。「引き続き、松江センターから~」みたいに。
    • 松江センターはスタジオのある松江に近いからかクリア音声だが、鳥取センターは電話音声。
  11. LISMO WAVEでは音楽差し替えになるCMは、WIZ RADIO(ドコデモFMをリニューアルしたやつ)ではそのまま放送するので、島根県と鳥取県どっちの宣伝をしているか確認できる。
  12. 2020年4月、radikoに参加。パソコンでも島根県と鳥取県のどちらかの宣伝が確認可能になった。

FM鳥取[編集 | ソースを編集]

  1. 鳥取県内初のコミュニティFM局。2006年8月25日開局。
    • 鳥取市に本社を置く民間のラジオ局としても初。
  2. 周波数は82.5MHzで、東京のNHK-FMと同じ。
  3. 土日は丸一日、J-WAVEの番組垂れ流し。
  4. 公式HPにて「他の山陰のラジオ局が鳥取島根全域を対象にしているのに比べて鳥取市内のみに向けてのCMが出来る」とPRしているが実際にはBSSが一部番組で中継局ごとにCMを差し替えているのでこれは全くのウソ。
    • 3年前より、BSSのCM送出機器の更新により中継局ごとのCM差し替えができなくなったのでウソではないらしい。
      • 現在もBSSは高校野球中継などで支局別の放送をやることがあるらしいのでやはりウソ
    • 鳥取放送局は鳥取市内だけを対象にしているわけではないのでホント。
      • (↑それはあまり関係ないだろう)
  5. 同じく公式サイトの営業案内に、「日本のFM局は、広域局、県域局、コミュニティ局の3種類あり…」として広域局の例としてTOKYOFM、FMOSAKAが該当しているかのように表していたが、日本の民放FM局で広域局は外国語放送局(InterFMやFM-cocoloなど)のみであり、他のコミュニティ局以外の民放局はFM山陰を除いて全て県(都道府)域局しか存在していないのでこれもウソの情報である。
  6. 開局以来、リクエスト曲を2曲づつ続けて流すだけの簡易な番組しかない。
  7. ガイナーレ鳥取の試合会場から中継する事があるが、肝心の試合は中継せずに終わるww(中継する人材もノウハウも無し)
  8. 行政側は利用価値があると思っているらしく、公設民営で中継局を整備してもらえる模様。

DARAZ FM[編集 | ソースを編集]

  1. 米子市のコミュニティFM局。
    • 送信所は米子市にはない。
  2. FM802の再送信が大きな特徴だったが、2014年5月末でやめてしまった。
  3. 周波数は79.8MHz。
    • 旭川のNORTH WAVEと同じだが、Eスポでも起きない限り混信はないかと。むしろFMいずもと近すぎる。
  4. 松江でも聴ける。出雲ではさすがに難しい。
  5. 標準語だと「馬鹿者FM」。ダラーズFMではない。
  6. FM鳥取と異なり自主番組いっぱいでやる気満々。

エフエムいずも[編集 | ソースを編集]

  1. 2003年に山陰で最初に開局したコミュニティFM局。
  2. 公式サイトがブログっぽい。
  3. 「ばんじまして情報局」の「ばんじまして」は出雲周辺だけで使われる夕方の挨拶らしい。

隣接メディア[編集 | ソースを編集]