水銀

ナビゲーションに移動 検索に移動
  1. 常温では液体だが、れっきとした金属。
    • いろいろ不思議な性質が盛りだくさんで、昔から研究者にモテモテ。
      • ヒヤで一杯やろうとして、超伝導を発見。
      • 錬金術には欠かせない
  2. 猛毒。
    • 世界的に有名な公害の主原因にもなった。
    • 昔は不老不死の妙薬として飲まれてたらしい。
      • おかげで昔の権力者はえらく短命な人が多い。
      • ・・・知らないって怖いね。
      • 秦の始皇帝や徳川家康あたりが著名か。
    • 「有機水銀」は猛毒だが水銀自体は意外と猛毒では無いらしい。
      • どっかの国で一時、単体の水銀を薬として飲むのが流行った。胃下垂が増加したが、死亡することはなかったって先生が言ってた。
      • とはいえ流石に無毒というわけではない。水銀単体や無機水銀化合物は「弱い毒性をもつ」というのが正解。但し無機水銀化合物でも昇汞(塩化第二水銀)は有機水銀同様猛毒。
      • 無機物というか単体でも蒸気が怖いのを忘れてはならない。
    • 宮沢賢治の小説。意地汚い男が不思議な薬をマネようとして、昇汞を作って飲んでしまう。南無。
    • 古代ローマかどっかではワインに水銀を入れていたそうな。
  3. 気圧計や体温計など、いろいろと重宝されている。
    • 電池や電灯にも使われたり。
      • 電灯を検索すると、なぜかこっちばかりがヒットする。
      • 上述の毒性の問題もあり、水銀電池は国産製が絶滅し、水銀灯も最近はLEDとかに置き換えられて斜陽傾向にある。
      • 温度計、体温計も水銀からアルコール等利用のものが主流に……
  4. 総合すると、見た目が綺麗な不思議ちゃんで、モテモテだけど猛毒持ちってことでOK?
  5. フォー!!
  6. 比重が重い。
    • 水銀を入れた瓶は手にずっしりとくる。
    • 鉄アレイさえも浮かせてしまう。
      • ということは、水銀のプールがあるとすると、死海も真っ青なぐらい浮くってこと?ひょっとしたら立ったまま歩いて「キリストごっこ」ができるかも(笑)
        • それ以前に、そんなプール入りたくないな…
          • ナイスツッコミ!実は、ちょっと待ってたりしました(笑)
        • しかし万一転んだらヤバいことに。
          • 純粋な金属水銀なら、あまり心配することは無いのでは?
        • 実際、水銀を不老不死の妙薬と信じ服用したとされる始皇帝の墓、始皇帝陵の地下には宮殿がありその周りを水銀の川や海が流れているといわれている
      • 水銀の比重は約13.6、対して鋼の比重は約7.9なので当然と言えば当然。
        • 鋼どころか銀(約10.5)よりも鉛(約11.4)よりも比重が重い。でも金(約19.3)よりは軽い。
    • 2020年には流通が禁止になるらしい。
  7. 亜鉛カドミウムと同じ12族だが、これらと異なり化学的に比較的安定(の間)。「広義の貴金属」扱い。
  8. 昔消毒に使用された赤チンキにも含まれている。赤チンキ自体はあまり毒性はないが、今ではほとんど製造されなくなった。
    • 今も細々と輸入販売されているらしい。国内製造がされなくなったのは水銀が廃液に出るため。
    • 但し、アメリカのFDAは有毒である可能性を指摘している。
    • 正式名は「マーキュロクロム」。でもクロムは含まれない。
    • タイではまだ水銀軟膏が市販されていて、水虫の薬として重宝されている。実際効き目は抜群らしい。
  9. 「朱」も本物は硫化水銀。
    • ハンコ社会の日本では、朱肉から生じる凄い量の水銀を環境中にバラまいている。
    • 最近は代替の金属に置き換わっている。
  10. 歯の治療にも。
    • 「アマルガム」とは水銀と他の金属との合金のこと。
    • これを充填して治療した(元)虫歯でアルミニウムを噛むと…
      • ひいぃぃぃぃぃぃいーん!あ痛ぁぁぁぁぁーーーっ!
  11. 髪の毛にも含まれる。汚染の度合いを髪の毛で測る事も。
  12. 表面張力がすごい。
    • 水銀入りの体温計を割ったりすると、中からコロコロと水玉みたいになって出てくる。
      • 親の部屋でそれ割った日には、コロコロとつかめない水銀を必死で収拾しようとした。
  13. 整流器にも。
  14. ♪水銀コバルトカドミウム(ry
    • かーえせ、かーえせ
    • みーどりーを、あおーぞらーを、かーえせ
  15. はぐれメタルの主成分であると思われる。
  16. …、…、
    • 英語だと水星と同じ。
  17. スペインで多く採掘される。
    • そのため私がスペインといって真っ先に連想するのが「水銀」と「フランコ」。片や有毒な金属、片やヒトラーとムッソリーニを手玉に取った点は評価すべきとはいえファシスト。これぞ本当の似たモノ同士
  18. フレディー
  19. 昔は金メッキするために金とのアマルガムにして、仏像に塗った後水銀を蒸発させた。
    • 作業員や近隣住民に「原因不明」の病が蔓延したことは想像に難くない
  20. 蛍光灯はどんどんLEDに置き換えられているが、水銀の需要にどれだけ影響があるのだろうか


1 元   素   周   期   表 18
H 2                     13 14 15 16 17 He
Li Be                     B C N O F Ne
Na Mg 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 Al Si P S Cl Ar
K Ca Sc Ti V Cr Mn Fe Co Ni Cu Zn Ga Ge As Se Br Kr
Rb Sr Y Zr Nb Mo Tc Ru Rh Pd Ag Cd In Sn Sb Te I Xe
Cs Ba *1 Hf Ta W Re Os Ir Pt Au Hg Tl Pb Bi Po At Rn
Fr Ra *2 Rf Db Sg Bh Hs Mt Ds Rg Cn Nh Fl Mc Lv Ts Og
 
*1 ランタノイド La Ce Pr Nd Pm Sm Eu Gd Tb Dy Ho Er Tm Yb Lu
*2 アクチノイド Ac Th Pa U Np Pu Am Cm Bk Cf Es Fm Md No Lr