富山の道路交通

ナビゲーションに移動 検索に移動
富山の交通 > 富山の道路交通

道路交通[編集 | ソースを編集]

  1. 東海北陸道開通まであと少し。ガンバレ!
    • どうせなら能越道高田ICまで同時に開通してほしかった。氷見、氷見北、大泊…と、何年もかけてチマチマ延びるのが鬱陶しい。
  2. 信号がやたら多い。
    • 雪国の割に多くの信号メーカーを採用している。最多は京三製作所だが日本信号、コイト電工の多さは勿論、信号電材、オムロン、松下通工→パナソニックなどの三協高分子OEM樹脂灯器など様々な縦型信号灯器のバリエーションが豊富な県である。
  3. 農道のことを「スーパー農道」と呼ぶ。

国道とナンバープレート[編集 | ソースを編集]

県道1号〜9号[編集 | ソースを編集]

県道1号 富山魚津線
  1. 8号線から分岐する道は立派。
    • しかしすぐ右折することに。
  2. 一部旧道のままルート変更されておらず、実際の県道1号はグネグネしている。
    • 最も市道などを合わせるとちゃんと直線化している。
  3. 岩瀬〜魚津はとにかく海沿いを走る道。
  4. 新川の海沿いに住む人は混雑する旧8号や山沿いにあって遠い8号線を避けてこの道を通ることも多い。
県道2号 魚津生地入善線
  1. 県道1号と直結している。
  2. 県道1号と比べるとそこまでグネグネしてない。
県道3号 富山立山魚津線
  1. 富山市から立山町経由で魚津市へ行く。
  2. 立山インター付近のみ状態が良い。
  3. 立山インターの他には富山市〜立山町間は車通りが多いが上市町〜魚津市間はほぼ空気。
県道4号 富山上市線
  1. ほぼ地鉄本線と並走
  2. 常願寺川以東は大体道がしょぼい。
    • まあ1桁県道の古い道だからね。
県道6号 富山立山公園線
  1. 桂台からはマイカー規制。
  2. 立山は観光地だからか全体的に状態が良い。
  3. 立山町市街地を迂回するルートになったのはつい最近。
県道7号 富山八尾線
  1. 富山側は過半を河川堤防上を通らせる微妙な道。
    • 地盤が柔らかいのか道がベコボコ...。
    • ガードレールもないので雪の日はしょっちゅう車が落ちている。
  2. 旧八尾町区間は街中にあるが、交通量もあるためか、それなりに道幅は広くしている。
県道9号 富山戸出小矢部線
  1. 呉西を走る富山県道で最も番号が若い。
    • なお二桁県道になると圧倒的に呉西の物が増える。
  2. 街中でなく農地の道が多かったためか、路面状況は1桁県道の中でも良い方な気がする。

県道10号~100号[編集 | ソースを編集]

県道10号 金沢湯涌福光線
  1. 片側3車線になる区間もあれば、冬季通行止めになるような悪路もある。
県道27号 金沢井波線
  1. 起点は、小立野の金大病院前。
  2. 金沢大学角間キャンパスや、金大生の学生街を通る。
    • その辺は、バスが15分に一本は来る。ただし、大抵遅延している。
  3. 医王山の麓を超えたら、南砺市福光を経て、井波へ。
県道34号 利賀河合線
  1. ダート、路上河川、断崖絶壁の狭路に1.0車線…と文句なしの険道。
    • これでも一応地方主要道である。
  2. 利賀村の中心部を通る。
  3. 富山県の開かずの県道の一つ。
県道40号線 高岡庄川線
  1. 起点は4車線、しかし、すぐに一方通行になる。
  2. 起点と終点は町の中で道が入り組んでいる。
県道44号 富山高岡線
  1. いわゆる「旧8号線」の富山〜高岡区間。
  2. 富山県屈指の渋滞道路。
    • 呉羽山越える道ってあんまないからねえ。
      • 時間帯によってはそれなりに交通量あるのに片側1車線なのもネック。
  3. 道路沿いは何故かラブホテルが多い。
県道45号 黒部朝日公園線
  1. 黒部市の若栗と朝日町の小川温泉を結ぶ路線。
  2. 起点からしばらくは道幅も広く走りやすいのに、入善に入ってしばらくすると急に狭くなる。
県道54号 福光上平線
  1. 開かずの県道として有名?
  2. ブナオ峠はもはや自然に還っているらしい。
県道56号 富山環状線
  1. 既存の道路をツギハギして環状道路を作ろうというコンセプトの路線。
    • しかし神通川で道が切れており環状になっていない。
      • 橋も重複区間にすればいいのにね。
    • 当然道路の規格もバラバラ。
  2. =草島東線でない区間がある。
県道57号 高岡環状線
  1. ↑の富山環状線の高岡版。
    • 既存道路のツギハギなのも同様。
      • そして環状になってないのも同様。
県道59号 富山庄川線
  1. 2桁県道のくせに自動車通行禁止
    • 歩行者でも道が藪に埋もれており通行困難。
    • ほぼ廃道状態。
  2. カーナビではこの道が書かれてないこともしばしば。
    • 昔は載っていたがこの道に案内されて迷子になる人もいたとか...
  3. ここまで散々な言われようだが、富山大学〜R359〜山田村中心部までは、ろくな道である。
県道63号 入善宇奈月線
  1. 入善と宇奈月の境は河岸段丘とヘアピンカーブの合わせ技。
    • しかもこの区間を路線バスが走っている。
県道67号 宇奈月大沢野線
  1. ここの池原隧道は幅1.5mと一般車を通す気なし。
    • 壁にぶつけたのか車のミラーがごろごろ落ちているとか。
    • 池原隧道は1号から3号まである、3号はまだマシな幅。
      • しかし幅が変わるガリバートンネル。
        • 初期は1.5車線程度には整備する計画だったんだろうな...
  2. 魚津の北山あたりでは神社の隣の私道にしか見えない道を行く。
  3. 上市町の「おおかみこどもの花の家」はこの県道沿い。
    • 県道67号の中ではまだマシな整備具合だかそれでも狭いしグネグネ。
    • 運転に自信なければタクシー使った方がいいかも。
  4. 起点部分は地図で県道として描かれていないことが多い。
県道64号 高岡氷見線
  1. 起点は4車線、国道156号線交点。県道57号線まで4車線が続くが、ここから2車線になる。
  2. 小矢部川を渡ると右折し、しばらく行くと1.5車線で堤防を降りていく。
  3. 県道32号線を超えると左手に天然温泉がある。
  4. 仏生寺小学校の跡地には廃校になった校舎を使った研究施設がある。入場無料。
  5. 県道76号線との重複区間の内、山間部はとんでもない急勾配。「熊に注意」の看板もある。
  6. 沿線には廃校になった小学校が3校ある。
県道73号 高岡青井谷線
  1. 起点は4車線、途中から2車線になり、庄川を越えて右折し、さらに細い道を左折すると一方通行になる。
  2. 県道9号線を超えたら、終点まで生活道路。

県道101号〜[編集 | ソースを編集]

県道115号上路市振停車場線
  1. 日本で唯一、富山県と新潟県にまたがる県道。
県道172号 八幡田稲荷線
  1. 地元でな産業道路と言われている。
  2. 富山市豊田地区の人の大動脈
  3. トラックが多く通るためか、道路がガタガタ。
県道188号東猪谷富山線
  1. 南富山駅から大沢野へ行ったかと思ったら、神通峡の右岸を経由して猪谷へ。
  2. 最後の100メートル弱だけ、岐阜県に上がり込む。
県道224号 湯八尾線
  1. 山田村と八尾町を結ぶが、すぐ隣の県道25号の方が遥かに便利。
県道333号 剱岳公園線
  1. 伊折集落より奥は冬季封鎖。
  2. 登山客の需要があるためか、山奥なのに1.5車線と頑張っている。
  3. 伊折橋は剱岳の撮影スポット。