日本通運

ナビゲーションに移動 検索に移動
企業 > 日本通運
  1. ペリカン便
    • ついに消滅する見通し。黒猫飛脚の前に敗れ、昔の小包に呑まれる。
    • ポケモンのペリッパーも、覚える技といいそんな立ち位置だった。
    • 都市対抗野球大会に日本通運野球部が出場した際に登場するマスコットも、ペリカンのキャラクターからさいたま市のご当地キャラ「ヌゥ」に変わった(日本通運野球部の本拠地はさいたま市)。
  2. ゲテモノのアロー便も苦戦している。特にセイノーのお膝元の東海地方フクツーのお膝元の中国地方でアロー便は弱い。
    • 東海地方はさらに小熊の名鉄運輸もあるから。
      • そんなわけで、日通が名鉄運輸の株を20%ほど取得し、戦略的提携を行うことになった。
  3. 究極の運び屋。新幹線、ロケット、オークション落札品~何でもこい。
    • この国の相手もしてた。今は法律の関係でやってないけど。
    • 「日通に運べない物と場所はない」と言われる。
  4. だから『引越し実績数トップ』と自慢する訳か。
    • 他より料金が少し高めでも仕事は確実。
      • 「ネット付き毛布」の使い勝手の良さは異常。日通以外の会社で引越のバイトをするとよくわかる。
      • そのためか電話番号0120-154022は「引越し王日通」だったが、いつの間にか「引越しは日通」になってしまった。
  5. amazon代引で購入した商品もこれで配送される。
    • amazon代表も最近はゲテモノ輸送に強いセイノーやフクツーへシフト。無印良品の家電配送もセイノーへ鞍替えた。
  6. バイトにはほぼ絶対に変なもの、つまり「壊れ物注意」「重量物」などの取り扱いの難しいものは運ばせない。その辺は正社員が率先して運ぶ。
  7. 美術品の移送はほぼ独占状態。
    • 他社も参入しようとしたが、運送中に破損事故を起こしてしまった。
    • 大学の博物館実習で「展示品の運搬はこの会社の『美包車』に限る」と教わりました。
  8. 自衛隊の補給業務すら実質的に受け持っている。他国だったら軍隊で完結するはずなのだが。
    • 無防備な自衛隊のトラックを一般道で頻繁に走らせない(つまりコレ対策)ためとも、再就職先の確保だとも…
  9. 医薬品の輸送にもかなり食い込んでおり、デリケートな物品の取り扱いにはかなりの強みがあるようだ。
    • 2018年後半頃から、医薬品専門物流センターを次々と新設。判明しているだけで、久喜・寝屋川・富山・北九州の4か所。
  10. 「伊豆富士見ランド」という遊園地を経営していた。(かなり前に閉鎖)
    • ふ〜〜じみ〜、ラ〜ンド〜。
    • 経営していたのは1980年頃まででその後はいずっぱこが経営。ただし、跡地にできた研修所やその周辺の別荘地は未だ日通の管理下にある。
  11. 日通の支店が無い田舎にも「まるつう」マークのトラック集まる場所がある。
  12. 駅前の古い建物で「まるつう」を見たら、その駅に貨物取扱があった名残。
    • 鉄道が廃止された地域(例えば鹿屋市)で見たら、そこに駅があった名残。
    • いまでいうフランチャイズ式で地方の物流会社を吸収していった名残。
  13. 実は元国営企業で、戦後に民営化された。
  14. 今の今まで、日本郵政グループの子会社になったか、あるいは、郵便事業会社に吸収されたと思ってた。
    • 現在でも政府推奨らしく、官公庁の引っ越しは基本的にココ。
  15. こっそり学校経営にも参画している。(流通経済大学&流経大柏高校)
    • 実は戦前の国営時代に「小運送教習所」という短大クラスの教育機関を持っていた。ある意味これを大学として復活させたものだったりもする。
  16. 売上高は業界トップであるが利益率は低い。
    • 元国営であるが故、採算性の低い事業や業務が多い。
    • おまけに業務のIT化が立ち遅れている傾向が強い。
  17. 2022年にまる通マークをやめ、NXマークに。その配色がこの人たちをドキッとさせるものに変わった。

NX商事[編集 | ソースを編集]

  1. その名の通り、日通グループの商事部門を担う。
    • 日通グループの再編に伴い、2022年から社名が日通商事からNX商事に変わった。
      • なんとも間抜けで発音しにくい社名になったもんだなと思う…
  2. 一般に知られる取扱品目は「日通プロパン」をはじめとするエネルギー関係で、この分野ではけっこう強い。
  3. これ以外でも、日通の業務に必要なありとあらゆるものを取扱っている。
    • パソコン用をはじめとする各種梱包資材の開発ではヤマトと双璧をなす。
      • 定評あるネット付き毛布なんかももちろんここの扱い。
    • トラックの車体架装やトレーラの製作なんかもやってる。この分野ではメーカーとしての顔も持つ。
      • 車体の製造工場は岩倉市にある。
        • そのためか、東海地方においては割とよく見かける(それもグループ外で)。主力品目はウイング車のウイング部分が幌になってるやつ。
  4. 日通グループ内で築いた実績をもとにグループ外にも積極的に営業している印象。
  5. かつては太洋日産自動車販売という日産ディーラーを東京都内で運営していた。
    • 終戦直後にはすでに日通傘下で存在していた老舗で、1983年に現在の形で分社化されてから廃業まで日通商事の完全子会社だった。
    • 現在でもこの名残で、日通グループでは1t車以下の車両や社用車で日産車が多く見られる。