総合商社

ナビゲーションに移動 検索に移動

総合商社全般の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 「ラーメンからロケットまで」と言われるように扱う商品は様々。
    • かつては「ロケット」の部分は「ミサイル」だったが、物騒だということでこの言葉に変更された。
    • 一体誰がそんな忖度をしたのか
  2. 実は欧米ではこの業態の企業はなく、日本独自の業態らしい。
    • 「よきにはからえ」と丸投げしたがる国民性なんだろうか。
  3. いわゆる高学歴と言われる大学の学生が集うことが多い。
    • これは総合職はもちろんのこと一般職にも当てはまり、メインは早慶やMARCH、低くてもある程度知名度がある女子大が多い。
    • 一般職の中には大学時代にミスコンに出場してアナウンサーを目指していたような容姿の良い子もいる。

三菱商事の噂[編集 | ソースを編集]

新本社
  1. 社員のプライドはかなり高いらしく、一部の社員が暴行事件まで起こしたほど。
    • プライドの高さはどこも一緒かな。大塚○会とか。
  2. 三井物産、住友商事と共に日本のビッグ3を担う総合商社。
  3. 三菱財閥の面影を最も色濃く残す会社。
  4. 旧宮家の人がいるらしい。ローソンに出向との話も。
    • ちなみに昭和天皇の初曾孫はネットで人気のあの姫ではなくこの人。
      • 父親はライバルの三井銀行にいた。このたび野球会議の総裁に晴れて就任。
  5. 坂本竜馬が作った会社。
    • 正確には龍馬のライバル岩崎弥太郎が作った。
    • どちらも間違いではない。坂本龍馬の設立した「亀山社中→海援隊」を弥太郎が改組して「九十九商会」となり、「三菱商事」につながるので、日本最初の商社ということになる。
  6. 「商事(しょうじ)」というと、ここのこと。
  7. 数の子・・・
  8. 豊田商事はやばい会社だが三菱商事は安心な会社。あの件ではトヨタも三菱も迷惑したことだろう。
関連項目

三井物産の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 社長が拉致られた。将門の首塚にケツを向けて仕事してたからとか。
  2. ○○物産は数あれど、「ぶっさん」というと、ここのこと。
  3. アメリカのQVCと提携し、住商のショップチャンネルに対抗。
  4. 「エル・ポヨ・ロコ」の失敗例はフランチャイズ業界で知らない者はいないくらい有名らしい
  5. 若王子さん誘拐事件・・・覚えている人はどのくらいいるだろうか?
  6. これほどの大企業でかつ名門商社でありながら、アレな話しか書かれていないのもある意味凄い。

住友商事の噂[編集 | ソースを編集]

晴海の本社
  1. 勝どき6丁目の高層マンションは住友商事がミサワから買い取ったもの。
  2. ホームショッピング
  3. CS(衛星通信)事業に大きく関わっている。
    • ショップチャンネルは日本最大の通販チャンネルである。
  4. 実は、戦後生まれ。
    • 戦前に当時の住友総領事が「商社設立禁止令」を出したせい。
    • でも戦後の混乱期に財閥解体されて、そうも言っていられず設立したのが真相。
    • 日建設計は、もとは住友商事と同根。
      • 元々本社ビルを建てる為に作られた組織らしい。
        • 私は、大阪北港の港湾建設の為と聞いたけど……
  5. 実は、USJの大地主。
    • この会社自体、前身の名前は「大阪北港」というらしい。
    • USJ のすぐ近く安治川口に住友金属(いまは新日鐵住金)の工場があるが、元々はその敷地内に工場があったからその縁だと思うけど。
  6. 国内最大のケーブルテレビ局の運営会社ジュピターテレコム(J:COM)の親会社。
関連項目

伊藤忠商事の噂[編集 | ソースを編集]

秩父宮から望む本社
  1. 元近江商人
    • 「ひとりの商人、無数の使命」の広告が、本社近くの燕の本拠地で見ることが出来る。
  2. 滋賀県豊郷に創業者の実家が残っている。
  3. 伊藤忠兵衛という人が起こした会社。丸紅とはライバル関係
    • ライバル関係である一方、創業者を同じくする同門の企業だったりもする。戦時中合併していたのはこのため。
  4. 旧安宅産業の救済合併劇は双方のメインバンクはもとより政府までもが介入し「日本株式会社の総力戦」と呼ばれた。
    • 「安宅産業の生体解剖」とも。
    • 安宅の会長が道楽者で、趣味の陶磁器の購入に安宅産業の金を使っていた。
      • この陶磁器のコレクションは、現在大阪・中之島の市立東洋陶磁美術館が保有している。
    • 安宅産業救済合併のせいで、途中2年間、総合職新人空白の年がある。安宅産業から転籍してきた社員のレベルは・・・推して知るべし。
    • 合併前の希望退職者募集の際は、無茶な肩叩きが横行するとか、社員同士で「お前が辞めろ!」と罵り合うとか、同僚のアラを探して上司に密告するとか、末期戦の悲哀が数多く顕れた。
  5. アニメビジネスに積極的。新海誠のパトロンをしていた。
  6. 「不毛地帯」の近畿商事のモデルといわれている。
関連項目

丸紅の噂[編集 | ソースを編集]

竹橋の本社
  1. 食紅でも紅生姜でもない。
  2. シンボルマークがサラ金のマルフクに見える。
  3. 駄菓子屋に丸紅がシナから輸入した「クランチスネーク」て菓子があった。うまかった
  4. 昔は「ギャル紅」と呼ばれ、女子社員(一般職)のレベルの高さで有名だった。
    • 未だに呼ばれてます
  5. 本社を大阪から東京に移した。
  6. 戦時中は伊藤忠と合併していた。
関連項目

双日の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 社名の由来は前身であるニチメン(日本綿花)と日商岩井の二つの「日」。
  2. いわゆるUFJ(旧三和銀行)系。
  3. 社長は加瀬亮のパパ。
  4. 元が元だけにパッとしない。いつの間に合併していたの?というぐらい。
  5. 台湾では日系企業については「日商」と社名の前につけるので、旧日商岩井は「日商日商岩井股份有限公司」という間抜けな社名表記になっていた。

豊田通商の噂[編集 | ソースを編集]

  1. トヨタグループかつ七大商社の一角なのに、何故今の今まで噂が無かったのか…。
    • 当然ながら自動車や機械に強い。
      • アフリカ方面では、トヨタ車の取り扱いをここが本体に代わって行うようになっている。
  2. トヨタグループ自体自動車と自動織機がボス格なので、七大商社なのにグループとしてのイメージが薄い。
    • 「豊通○○」(有名な所だと豊通ケミプラスとか)と付く子会社もいっぱい持っているのだが…。
  3. 間違っても「豊田商事」と言ってはいけない。
    • ちなみに豊田商事の社名の由来はあの殺された会長が現在のデンソー(トヨタグループ)で働いていたからというだけでそれ以上の関係はないらしい。はた迷惑な話である。
  4. 最近はトヨエツが出てくるCMをやたらと流している。
  5. ここが合併した「トーメン」はかつてはあの幸福の科学の教祖が働いていた。
    • そのトーメンの持つ権益とトヨタグループの後ろ盾が合わさったことでここが大手商社にのし上ったと言ってよい。
    • それまでの豊田通商は、売上比率的な意味で「巨大な専門商社」という趣であったし、トーメンもせっかくの権益を有効に活かしきれていなかったので、お互いにとってメリットがあったといえよう。

兼松の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 七大商社の八番目。
    • 十大商社だった頃は名を連ねていたのにハブられてしまった。
      • 規模というステータスを捨てて再建に成功したためこうなった。
  2. 兼松と江商が合併して兼松江商だったのに、いつの間にか名前が元に戻っていた。
  3. 高知の有力企業の一つである兼松エンジニアリングはここの子会社ではないので注意。
  4. ローソンのおでんの卵はここが卸しているらしい。親会社に三菱商事があるのになんか不思議だ。
  5. ここのグループ会社はマッチを作っていた。
  6. 歴代社長には水泳の元オリンピック金メダリストもいる。

疑惑の総合商社の噂[編集 | ソースを編集]

  1. ムネオハウスの建設をめぐる疑惑が取り沙汰されている。
  2. DJにも挑戦している。
  3. 「疑惑の総合商社」と言い出した人も捕まった
  4. 社長は吉本興業のとある芸人と似ている
    • 社長はそれが縁で花月に登場したこともある。
    • 共同通信社の著名人顔写真データベースで「取り違え注意」のジョーク警告を付されていたことがあるらしい。
  5. MCムネオでクラブにまで登場。「ムネオハウス」が実質的な公認に。
  6. なんやかやあったものの、実は中央省庁とのコネが2020年代に入って以降もかなり太い。
    • 2020年9月末頃、愛知県の維新系某地方議員と某美容外科医が、それを利用して総務省に圧力を掛けようとしたが失敗。
      • ここでズッコケたことがきっかけで、一大事件を起こす方向に舵を切ったとも……
関連