ポケットモンスタースカーレット・バイオレット

ナビゲーションに移動 検索に移動
作品の噂 > ポケットモンスターシリーズ > ポケットモンスタースカーレット・バイオレット

ポケットモンスタースカーレット・バイオレットの噂[編集 | ソースを編集]

  1. 2022年11月18日発売。
  2. 冒険の舞台はスペインがモチーフの「パルデア地方」。
  3. 『 ニャオハ立つな』がTwitterで話題に。
  4. ニャオハが立つかどうかは、自分で確かめよう。
  5. シビルドンが立った!
  6. ブイズが登場確定!
    • ブイズ・ピカチュウ・ゲンガー・ルカリオ・バンギラス・コイキング・メタモンは内定しがちだよね。
  7. バンギラス・サザンドラはスカーレット限定。ボーマンダ・ドラパルトはバイオレット限定。
  8. 既存ポケモンの古来の姿、未来の姿である「パラドックスポケモン」が登場。
  9. メタモンも登場する。
  10. ピクニックでサンドウィッチを作れる。
    • 色違いの出現確率が上がる効果のサンドウィッチもある。
  11. 今作はピクニックで卵を入手する。
  12. 特性「へんげんじざい・リベロ」が弱体化。
  13. 「じこせいせい・はねやすめ」など回復技のPPが10から5に減っている。
  14. ポケモンSVでもフラゲする人がいた。
  15. グレンアルマ・ソウブレイズはロックマンみたい。
  16. バネブー・ビビヨン等、剣盾で内定しなかったポケモンが多数登場。
  17. 600族なのにジャラランガ・メタグロスが今のところ内定していない。
  18. まさかのガブリアス登場。
  19. キノガッサも今作に参戦。
  20. 新特性が登場。
  21. 新技も登場。
  22. しっぽきり強そう。
  23. 今作からランダムエンカウントが廃止。
  24. フィールド上にいるポケモンが色違いか分かるようになった。
    • ピカブイの仕様と同じ。
      • 色違いなら色が変わっている。
  25. 伝説ポケモンに乗って冒険。
  26. コライドンの泳ぎ方が可愛い。案外萌え系。
  27. ミライドンはかっこいい。
  28. 伝説ポケモン等には相変わらずブロックルーチン(色違いが出ない仕様)がある。
  29. 既存ポケモンの進化が登場。
    • キリンリキ→リキキリンなど。
  30. ポケモンシリーズ初のオープンワールド。(公式がそう明言したのは初。)
  31. クラベル校長黒幕説。
  32. 本作では主人公にスカートを着せることが出来ない。
  33. 王冠・ミントは店で購入可能。
  34. 努力値をリセットするアイテムは現状木の実しかない。
  35. レッツゴー機能が実装。仲間ポケモンが野生のポケモンを勝手に倒してくれる。倒したらポケモンの素材が手に入る。
    • 色違いのポケモンはレッツゴーで倒されないらしい。
  36. ランクバトルは2022年12月1日から。
  37. ナンジャモ可愛い。
  38. 今作にも光るお守りが登場する。
  39. DLCが楽しみ。
  40. ゲッコウガ登場なるか?
  41. ダイマックスに変わる新要素「テラスタル」が登場。
  42. テラレイドバトルが実装。
  43. テラレイドバトルではけいけんアメ等が入手可能。
    • 高難易度のものではとくせいパッチもゲット出来る。
    • 元のタイプと違うテラスタイプのポケモンを入手可能。
  44. ポケモンSVのストーリーは3本柱だ。
    • 各地のジムを制覇し、チャンピオンを目指す「チャンピオンロード」
      • 各地のヌシポケモンを倒し、スパイスを集める「レジェンドルート」
        • スター団のアジトを攻略する「スターダストストリート」
  45. ストーリーはこれらを交互に進めるといいかも。
  46. キャラメイクが楽しい。これだけで結構遊べる。
    • 男の娘も製作可能。
  47. ミミッキュは相変わらず強い。
  48. 努力値はドーピングアイテムだけでMAXまで振れる。
  49. ポケルスが廃止された。
  50. 序盤からできることが多い。
  51. 結構寄り道しちゃう。
  52. 証・リボンは続投。
  53. 新たなリージョンフォームも登場。
  54. ウミディグダは普通のディグダとは別物。
  55. テラスタル厳選が大変。
    • 一応テラスタイプを変更するアイテムはあるけど…
  56. キャラが個性的。
  57. バトルタワーは今のところない。
  58. DLCでカロス地方に行けないかなぁ(願望)
  59. 新しいタイプの組み合わせもある。
  60. ミライドンに乗ってみたいなぁ。乗り心地良さそうだし。
  61. ポケモンの質感がよりリアルになった。
    • イーブイはもふもふ!
      • ツンベアーの股間のギザギザが気になる。
  62. ドット絵が廃止された。
  63. イーブイ・ピカチュウの鳴き声が従来の電子音に戻っている。
  64. 準伝説が4体新登場。結構強そう。
  65. 新600族なかなかかっこいい。
    • 特性で火傷しない物理アタッカーなので貴重。
  66. 全体的に素早さがインフレしてる気がする。
  67. テラレイドバトルでは夢特性ニャイキングが大活躍。特性「はがねのせいしん」で味方全員のはがね技の威力が1.5倍になる。はがねのせいしんの効果は重複する。
    • もちろんコライドン・ミライドンも強いです。
  68. わざマシンマシンが実装。わざマシンは使い捨ての時代へ。
    • ポケセンにあるわざマシンマシンでわざマシンを作る。
  69. わざマシンを作るにはポケモンの素材とLP(リーグペイ)が必要。LPはスターダストストリートのストーリーを進めたり、フィールド上のテラスタル結晶に触れると入手できる。ポケモンの素材は野生ポケモンを倒すと手に入る。レッツゴーで効率よく集めよう。
  70. 強い技ほどこれらが沢山必要になる。
    • なぜ不便な仕様にしたのか?
  71. ポケモンセンター(場所はどこでも良い)で誕生日の設定ができる。1度設定したら変更できないので慎重に考えよう。
    • 推しの誕生日や自分の誕生日にするといいかも。
  72. 誕生日の日ポケモンセンターに行くと、ジョーイさんに誕生日を祝ってもらえる。
  73. スカーレットとバイオレットではクラベル校長などの服の色が変わる。スカーレットではオレンジ色、バイオレットでは青紫色。
  74. ペパーの料理美味しそう。食べてみたい。
  75. ゲーム内時間は現実の時間とリンクしなくなった。剣盾の仕様とはちがう。
  76. ストーリーが前作と比べてシリアス。ストーリーはだいたい30時間くらいでクリア出来る。結構なボリューム。
  77. ボックスの仕様がやや不便。読み込みにラグがあるのでボックス整理のやる気が起きない。アプデで改善してくれ!
    • アイテムを渡す機能が無くなって悲しい。
  78. ねっとうのわざマシンが削除された。トリトドンなどはきついかも。
  79. 人によっては剣盾のキャラデザの方が好きかも。
  80. 着せ替えではスカート・私服がないのでオシャレの幅が狭まった。DLCに期待。
  81. オーロンゲが「すてぜりふ」を習得。
  82. 剣盾の方が良かったと言う人もチラホラいる。
  83. マップの仕様が不便。方向音痴にはきつい。
  84. 進化条件の複雑なポケモンが増えた。
  85. 御三家の専用技が強い。
  86. スカトロジー・バイセクシャルの略ではない。
    • バイセクシャルの略はBなので、スカバイと略せば当てはまるが、SVと略すと当てはまらない。
  87. セックス・バイオレンスの略でもない。
    • 第三のマイナーチェンジ追加バージョンとして、マルーンバージョンや、マリンブルーバージョン、ミント園バージョンなどMが頭文字のバージョンが出れば、SVMはセックス・バイオレンス・マネー→金!暴力!セックス!とダブルミーニングできる。
  88. イルカモチーフのポケモンがやっと。
  89. バッタモチーフのポケモンもやっと。
  90. 金策が剣盾より大変。


ポケットモンスターシリーズ
本編 赤緑 金銀 RS DP BW XY SM 剣盾 SV
派生作品 ポケスタ・バトレボ コロシアム・XD ダンジョン ノブナガ GO
アニメ 時代別 / 劇場版
生物として 種類別12345678 / タイプ別
ファンの噂 ポケスペファン
ベタの法則 ゲームアニメ
もしwiki 歴史のif:ゲーム作品別)・アニメ / もしも借箱種類別
偽モノの特徴 全般 |種類別1(ピカチュウ)・2345