新潟市/東区

ナビゲーションに移動 検索に移動

ご当地の噂 - 世界アジア日本甲信越新潟新潟市東区

新潟市・東区
西 中央
西蒲 江南
秋葉

テーマ別[編集 | ソースを編集]

東区の噂[編集 | ソースを編集]

東区役所
(旧イトーヨーカドー)
  • 旧新潟市の東部。(阿賀野川より東を除く)
  1. 栗の木バイパスで沼垂(ぬったり)が東西で分けられ、沼垂東住民は中央区入りできなかった。
    • そんな私は沼垂東住民
    • 沼垂はいつの間にか「発酵食品の町」として名乗りをあげている
    • 県外の人は大抵「ぬまたれ」と読む。
    • 一応ツッコむと本当の境界は信濃川と新栗ノ木川(県道5号と栗ノ木バイパスの間の川)
  2. イトーヨーカドー新潟木戸店の閉店発表がショックだ…
    • 山下の家具の出店計画は頓挫し、幽霊ビル状態。
    • 最終的にはここに書いてあるようになるみたいだ。
  3. 警察署や郵便局の集配局が無い。観光場所も無い。
    • 区民会館もないそうで…
    • 2017.9 東警察署開設(下記「治安が悪い」参照)、東区役所庁舎に区民プラザもあり。(※この番号消してもいい気がします)
  4. 赤道(あかみち、県道4号)が区内の縦貫道路。新潟バイパス(新新バイパス、国道7号)、旧7号(新発田街道、県道3号)、空港通(飛行場通り、国道113号)が区内の横断道路。
    東区を南北に貫く「赤道」
    • 上述の通称名の方が名前が通り過ぎて、本来の道路の号数などはあまり知られていない。
      • 新新バイパスの「一日市I.C.」、初見でそう簡単には読めない。
  5. 区内に製紙工場が多く、通船川は船が通る川ではなく貯木場状態。
    • その通船川、「日本一汚い川」の汚名を返上すべく近年ワークショップ等が盛ん。行政主導のそれなりに大規模な活動で、流域の山の下・藤見・大形あたりの小学生ももれなく駆り出されている ‥‥割には、地域への浸透度はいまいち。やっぱり企業を巻き込めるようなカネになる話を作らないといけません。
  6. 区内にBOOK OFFが3軒、他にも中小の古本屋が3軒。特に新潟バイパス竹尾インター周辺が古本屋の激戦区に。
    • その代り図書館が遠い
  7. 日東道の新潟空港I.C.は新潟空港からとても遠い。
    • 大形駅を新潟空港前駅にしようと計画してみたものの同じ理由で断念。
    • 一般的に市民のイメージは大形=「ジャスコ」もしくは「北高(新潟北高校)」
  8. 区内の川として阿賀野川、通船川、信濃川は知られているが、新栗ノ木川は知られていない。
  9. 治安が悪い。
    • そのため、当地区の大部分を管掌する新潟東警察署のほうが新潟中央警察署よりも署長のランクが高い。
      • 治安が悪いのならきちんと再編して区内のみを統括する警察署を作ればいいのに・・・
      • そりゃ中央区内の繁華街が中央署は古町・本町に対して東署は万代・新潟駅を管掌範囲に含んでいて東署はさらに+東区の殆どである。なので署長のランクが高いのも当たり前と言えば当たり前。
    • 山の下に住んでるけど治安は全然いいよ。街がぼろっちいだけ。
    • 刑法犯罪の認知件数では例年中央区の半分程度で推移している。人口比を考えても、特別に多いというわけでは無さそう。虫の息の人やら土左衛門やら死体やらが忘れたころに通船川周辺に現れるので、そんなイメージがあるのでは。
    • 何だかんだ言ってたけどようやく県も重い腰を上げて作る気になったらしい。それで今の新潟東署を新潟中央署にして、新潟中央署は分署になるとか。
      • 県が東区役所の向かいの区画にある駐車場(元はイトーヨーカ堂=現在の東区役所の2階建ての駐車場があった場所)の土地を手に入れた模様。
      • 2017年9月にようやく新潟東署として開庁して江南署とともに管轄地域も再編し、江南署と新しい新潟東署はそれぞれ区全域管轄になった。
        • …のだが、旧新潟東署は新潟中央署ではなく新潟署になり管轄地域を新潟東署に割譲+江南署から割譲。そして新潟中央署はそのまま残ってしまった。
  10. ×××××ジャージが存在する。
    • 某中学校の運動ジャージの色のこと。通称=うんジャ
  11. 駅がどれも住宅街にあって、周辺住民でないと利用し辛い。
  12. 区の区便りの名前が「わいわい東区(Talk)」って、微妙すぎる。
  13. 西区と同じく、「中心はどこ?」と聞かれると回答に困る区。
    • 木戸地区住民は赤道十字路だと長らく信じて疑わなかったが、区役所の移転でようやく胸を張って言えるようになった模様。
  14. 500mlPETなどで如実に表れるが、実はスーパーの商品の基本的な価格は中央区・西区(店によっては江南区も含む)より若干安い。
    • 中央区や西区と同じく旧新潟市なのにこうなったのは、おそらくスーパーの激戦区なのでこうでもしないと競争に勝てないからだろう。
  15. 上記した通り、実はスーパーの激戦区。新潟の商業にあるものだけで人口約14万人の区に原信2軒、ウオロク2軒、チャレンジャー2軒、清水フード4軒、POWERSフジミ3軒、キューピット5軒、ウオエイ1軒、他にイオンやにいつフードなど…数えれば20軒はゆうに越える。
    • POWERSフジミは消滅。3軒のうち2軒はマックスバリュに。
      • 残り1軒はmaruiの系列になった。
  16. 中央区と東区を結ぶ道路は新新バイパスを除いてどれも片側1車線。下にも書いてあるようにバスも頻繁に通る幹線としてはあまりにも狭いが、多分今後もそのまま。
  17. この区に新潟自動車学校と東新潟自動車学校があるが、より東にあるのは前者。
    • 前者が移転してきた影響でこうなったのだが、最初はあれ?と思う。
  18. PowerPointでの自己アピールが特徴の覆面レスラーである「スーパー・ササダンゴ・マシン」某関係者の拠点がある。

各地区の噂[編集 | ソースを編集]

山ノ下地区[編集 | ソースを編集]

  • 区域の北西部(主に通船川より北、赤道より西)
  1. 区役所の所在地。
    • 8区の中で施設が一番貧相。駐車場に急遽建てたとしか思えない分所がある。
      • 何せ区役所自ら「プレハブ」だと言ってるくらい。
    • 移転して旧所在地になった。
  2. 山ノ下まつりの日程中、どこか1日で雨が降ることが多い。
    • 山ノ下まつりと言えば、某市議が車で中地区(ここで言う山ノ下・藤見・河渡地区)を巡りながら流す祭囃子の音。これが聴こえると「ああ山ノ下まつりだ」と思ってしまうし、まだまだこの方も現役だなと思う。
      • ちなみにこの方、当選回数9回の現新潟市議の中ではトップ。前回選挙は区制が敷かれたために僅差だったがそれでも東区トップ当選、それまでの選挙もだいたいベスト5には入る得票数だった。
        • 共産党系ではかなり珍しいと思う。たまに街頭で演説してたりする。
        • 現在は元市議(県議に鞍替えして惜しくも当選せず)。
  3. フレスポ赤道・原信マーケットシティ赤道とマーケットシティがある。
    • 両方合わせれば殆どの店が揃うが、100円ショップのなんじゃ村が両方にあるのは謎。
      • 無いのはCDなどのAV関連とホームセンターか。
      • SCを2つ合わせても、まだ銀行ATMが一台も存在しないという驚愕の事実。河渡SCの客が奪えない大きな理由のひとつなのだが、早く気付いてくれたまえ。
        • 東京スター銀行のATMは錦町の原信にある。ただ、その間に河渡のコメリは東京スター銀行からセブン銀行へと変えた。
        • 原信に続き、チャレンジャーもセブン銀行ATMを導入。普通に買い物をしていると気付かない場所に置いてあるのが難点だが。
    • ここにヤマダ電機ができた所為で、中央区の関屋にあったヤマダ電機は「本店」から格下げされた。
    • ゲームセンターが消滅。あんな改装しなかった方が良かったのに…。
      • 最終的に赤道と空港通の角にあった(下記参照)服屋のサンキが移転した。
  4. ここの地区名が付く納豆が新潟のスーパーで売られているが、所在地は木戸地区。
    • タレをゼリー状にして、容器もそれ用にしたのはここが最初らしい。
    • 創業の地がこの地区であるため名前がついた。
  5. 長年宝町のシンボル?として親しまれていた元は原信があった建物(その後はサンキが入っていた)がついに取り壊された。
    • その跡地にできたのは何と回転寿司屋とローソン。区内のローソンはこれで8軒目。
      • 赤道を海の方へ下って海岸線に向かうとなると最後のコンビニになるので、重宝する位置ではある。
      • そのローソン、できてそれほど経たないうちに閉店。

藤見・河渡・下山地区[編集 | ソースを編集]

  • 区域の北東部(主に通船川より北、赤道より東)
  1. この地区発着のバス路線が10年ほどで数路線消えた。
    • 赤道経由船江町、市役所前発下山、新崎経由松浜・下山、新川、新潟空港発信濃町、船江町発東部営業所。
    • それでなくともこの地区を通る路線や発着する路線は、最近改定が多い。2009年に入ってまた大幅改定があった。
  2. 原信マーケットシティ河渡・松崎マーケットシティ(「GARDEN MATSUZAKI」なのか「新松崎ストリート」なのか正式名称不明)がある。
    • 河渡は店はほぼ全て揃っている。但し、赤道にあるゲームセンターが無い。
      • 実は段々と店が河渡に集中してきている。少なくともTSUTAYAとBOOK OFFは空港通(国道113号)から河渡へ移転してしまった。次は何だ?
      • 空港通りはやたらドラッグストアが多い。山ノ下の清水フードに併設されているココカラファイン、秋葉交番横にあるウエルシア、そのちょっと先の浜谷町の信号のところにあるアオキ、旧アテーナの跡地に作られたのはドラッグトップス、旧マックスだったところは現在はマツキヨ。
      • 北信越のケーズデンキの親玉の北越ケーズもここ(新潟本店内)。
        • …だったのだが、女池の方の女池インター本店に本部を持っていかれて新潟河渡店になった。
    • 松崎は橋を渡った先にあるジャスコ新潟東を合わせれば、ほぼ全て揃っている。無いのはジャスコのを除けば大型家電店か。
    • マーケットシティが全部持って行ってしまい空港通りの寂れっぷりが半端じゃない。
      • なんとかゲオだけが踏ん張っている状態。東区にあるのは他だと竹尾と、つい最近出来た若葉町だけ。
        • ゲオの隣はゲーセンが2軒隣接していたがどちらも閉店済み。
  3. これだけマーケットシティ全盛の区にも関わらず、頑張っているPOWERSフジミ(本店)。
    • ついに潰れてしまった。その後はマックスバリュの1店舗になった。
  4. はっきり言ってこんなに要らない紳士服店。これだけあってどれも潰れないのはどうして?
    • ついにコナカが…と言うか、あの建物に入った店って一番長かったのは最初のパチンコ屋だった気が…。
      • その後入った古着販売店が閉店した後、つい最近になって建物自体が取り壊された。
  5. 新潟出身で近代日本を代表する書家である巻菱湖の記念館がひっそりコメリ裏にあるのだが、ひっそりしすぎていて地元民にもその存在を知られていない。アピールと見せ方しだいでは観光客すら呼べる物件ではなかろうかと思うのだが。

木戸・大形地区[編集 | ソースを編集]

  • 区域の中部(主に通船川~新潟・新新バイパス)
  • なお、大形駅はこの地区ではなく石山・紫竹地区ですのでお間違いの無いよう。
  1. 区を代表する工業地帯、商業地帯。
    • 北越紀州製紙の工場や旧新潟鐵工所がある。
      • 「新潟鉄工所」は倒産したはずのなのに、ここに行くやたらバス路線がある。なぜなら道路が広く、ほぼ回転場として使えるから。
      • その広い市道は元々バイパスのICを設置するため、アクセスを考慮して片側2車線に仕立てられた。ところが「海老ケ瀬に近過ぎる」という理由で計画がポシャり、無駄に広い道路だけが残った…。今となっては広く造っておいて良かったけどね。
        • そのIC、ついに作る計画が出たようだ。但し市街地方面のハーフインターになるみたいだが。
          • 12年3月に開通予定とのこと。もう道路の整備もほぼ終わってバイパスにも下の道路にも案内標識ができた。あとは開通時に剥がすのみ。
          • 逢谷内インターですね。竹尾側への乗り降りしかできません
      • というかそもそも、原動機の工場前にはちゃんとバスの回転場がある。石山線も東明線も牡丹山線も、ずーっと狭い道路を通ってくるので、正直ここで折り返すしかない。鉄工所から牡丹山線に乗ってみ。ビックリするよ、スゴい狭い所通るから。
        • 確かに、正直あそこがバス路線なんて信じられないほど狭い。バスが向こうから来た時に、こっちがバックさせられたことがある。
        • というかルートが明らかに狭い住宅街を走っているうえ、狭いきついカーブが多い。そこをバスが対向するんだから正気か?と言いかねない。
        • 冬季はバスが通る一部区間がバスが通る方向に一方通行規制がかかる。理由は単純で除雪で道幅が狭くなるとバスが来たら一切避けられないほど狭いから。
      • バス停の名称が、鐵工の破綻後も「新潟鉄工所」となっている理由は(1)変えるのが面倒(2)「鐵工」で定着しているので、今更変えにくい(3)新潟交通に変えるだけの金銭的余裕が無い…など諸説あり。
        • 2009年9月1日、ついに「新潟鉄工所」バス停が廃止。それまでここを発着場にしていた路線は近くの新潟北高校まで延長運転されるようになった。
  2. 新潟市2軒目のイトーヨーカ堂があったが、閉店。
    • 管理者が倒産したかで未だにあの施設の再建計画が立っていないのは気がかり。
    • 区の中心くらいだし、そこに東警察署を移転すればいいんじゃないか?駐車場もいっぱいあるんだし、建物があのままだと勿体無い。
      • ついでに区役所も移転すれば、あの狭苦しさも無くなる気がするんだけどなあ・・・。
        • 歩道橋を渡った先の駐車場があった土地、新潟県警の管理地になっている。
    • 元々大川鉄工所(のちの大川トランスティル)の本社工場があったところ。市街地化で太郎代に移転し、跡地にヨーカドーを誘致したが、業績が悪く撤退。その後、家賃収入が無くなった大川は経営破綻。
    • ついに新潟市が、東区役所の移転のために購入する方針を固めたとのこと。文化ホールを併設する方針らしい。
      • ホール(300席くらいのコンサートホール)を設置した結果、4階にあった屋内駐車場が狭くなった。2階から3階、4階(屋内駐車場)、屋上までぶち抜くという大胆リフォームを見せてくれた。
    • 区役所への改装工事が始まった。これが出来ると区バスはどうするんだろうか…。
      • 結果的に2ルートのうち片方のルートが大幅に変更された。
    • ちなみにヨーカドー閉店後ほどなくして競艇のサテライト施設の設置が計画され、住民向けに説明会も開かれた。土地買い上げとなる区域での賛否は割れたが、そうでない周辺住民の(嫉妬混じりの?)反対の声が強く、その悶着を聞き付けた地元紙が取り上げる→そっち寄りの団体が食いつく というお約束の流れを踏んだのち白紙撤回。
  3. 新潟市2軒目のジャスコであるジャスコシティ新潟東店がある。(ジャスコL新潟店の次)
    • 最近松崎地区からストレートに来れる道路が出来たため、店舗周辺道路も合わせて整備。
      • 今思えば、新潟亜鉛工業は絶対動かないと思ったのになあ。
    • ここも元々藤木鉄工の本社工場があったところ。同様に東港に移転し、跡地にジャスコとカプコンを誘致した。ジャスコは新潟店も東店も、実は借地借家。自社物件が無いため不安定要素が大きかった事が、イオン南SCを建設した大きな理由なんです。
      • 現在はイオンリテールに譲渡済。
    • ここのカプコンのアミューズメント施設は他の地域にある「PLAZA CAPCOM」という名前ではなく「CAPCO CIRCUS」。どうしてなのかは謎。
    • 現在は建物だけ見れば市内で一番古い店舗になった。結構ボロはきている感じはある。
  4. 新潟の中心貨物駅、「新潟貨物ターミナル駅」がある。
    • 新潟市内の数少ない貨物専用の駅、焼島駅もある。
      • 以前はそこから更に東新潟港駅まで伸びていたが、今は休止状態。念のため言っておくと新潟東港ではない。
  5. bjリーグも試合をする東総合スポーツセンターがあるが、車以外のアクセスが悪すぎる気がする。
    • 車で行くにもアクセス悪過ぎるでしょ。道は狭いわ、駐車場は無いわ。だいたい、ああいう場所を使うNSGがおかしい。
      • アクセスは(病院が移転したためだけど)近くを通るバス路線ができたので若干ではあるが良くなった。
    • 西総合スポーツセンターや亀田体育館を見れば、そういうものなのだと諦めもつく。鳥屋野体育館や新潟市体育館と比較してはいけません。
    • 旧7号からの道、拡幅工事中?何やら工事はしているものの、まだ「道路の拡幅」の工事とは銘打っていないので不明。
      • やっと道路の拡幅という本題に入ったよう…だが、いつまでかかることやら…
      • 2012年の4月に入ってようやく拡幅が完成。ただ、もうバスケのシーズンが終わりかけだという…。

石山・紫竹地区[編集 | ソースを編集]

越後石山駅東新潟駅大形駅も参照。

  • 区域の南部(主に新潟・新新バイパスより南)
  1. 市役所石山出張所(現・東区石山出張所)があるほど市役所から実は遠い。
    • 区バスの始発地の一つ。行き先は東区役所
    • 別にいいじゃん、坂井輪(西区役所、寺尾駅南口から徒歩5分)よりは近いよ。
  2. 信越本線の停車駅がある。
    • 但し、利用者は周辺の人だけで大抵の人は新潟駅に行ってしまう。こんな駅にもみどりの窓口があって、Suicaも使える。
      • みどりの窓口は無くなったようだ。
    • 越後石山駅は、駅舎が上下で完全に別個になっている。みどりの窓口があるのは新潟方面ホームのみ。長岡方面ホームは改札だけ。さらに言えば、駅舎(事務所)そのものは全然別のところにある。強いて言うなら、広島の天神川駅を更にチャチくした感じ。
      • 新潟方面ホーム側の駅前にある園芸センターが移転したら、多少はマシになるんでしょうかねぇ…。
    • 白新線の駅もある。
      • 利用状況等々は、同上。
      • 石山もヒドいが、1980年代後半までの東新潟駅はもっとヒドかった。新潟方面へ行く時は石山側からすぐ乗れるが、帰りは操車場を陸橋で渡って徒歩15分…
    • 市はJRに「紫竹駅」を作ってほしいらしい。
      • 上沼垂信号場が旅客駅なら、乗り換えのロスも運賃の無駄払いも減らせるのに…。
      • 国鉄時代からの懸案。このあたり、新潟駅南口からは車で10分足らず、歩いても20分そこそこ、しかもバスセンター・古町方面へのバスもあるなど、そもそも公共交通の便はいいのだが、それは信号場の西側の話。東側は公共交通の不便地域で、鉄道沿線にもかかわらずマイカー通勤率が高い。
  3. 現在、日本海東北道の新潟空港I.C.から旧新潟鉄工所への道を絶賛整備中。
    • この道のちょっと脇道にあるぶどう園の葡萄が美味い。特に高尾のB級品が。
    • 厳密には空港ICには直結していない。真っ直ぐ南下すると大江山、さらに横越に至る。もっともこの市道、だいたい今までの状況がヒド過ぎたので、整備そのものには期待したいところだが…
  4. なぜか紫竹が2丁目から。1丁目が中央区。分かれた理由がまったくもって不明。
    • 新栗ノ木川で分けるとしたら、本馬越地区全域と紫竹1が東区になる。別に橋や踏切、線路があるわけでもないのに、そんなに東区になるのがいやだったのか?それとも学校区か?
      • おかげでここらへんで地図が妙にカクカクに。