東日本高速道路

ナビゲーションに移動 検索に移動

<高速道路

東日本高速道路の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 首都圏の高速道路を抱えているが、関越自動車道以外は今一つぱっとしない。
    • その為、中日本西日本に比べて収益率が悪いらしい。
      • ある意味、こっちの東日本とは立場が逆転している。
        • JRとは違って首都高が独立した会社という事情もある。もし首都高がJRと同じようにNEXCO東日本の管轄だったら、NEXCO東日本の収益率はNEXCO西日本と逆転するのは間違いない。
        • NEXCOのポジションだと東はJR西日本に近い立場になっている。NEXCO中日本がJR東日本。NEXCO西日本がJR東海の立場になっている。
    • 首都圏でも大多数を抑えているとはいえ、中日本の管轄区間もJR以上に多い。
      • 収益率の高い東名や中央道が中日本にある関係で不利な状況に置かれている。
      • 特に神奈川県内は横横道路や第三京浜区間などを除き、ほぼ中日本管轄となっている。多摩地区もあきる野以南は中日本管轄だし。
        • 実は現・中日本の八王子支社が公団時代に関越道などを管轄していたことを考えると、これでも東の領分は広くなった方
    • 最近は関越よりも東北道のほうが渋滞区間長くなってきてる。それに羽生PAの力の入れ様にも見て取れる。東北道も収益率高いと思うけどね。蓮田も上下別のSAになるし。
      • それでも新4号や常磐道があるので、関越道程、交通量が多くない。
      • 常磐道も全線開通後は収益率が高まっている。守谷SAや東海PA下り等を見ても力の入れようが凄い。
  2. 休憩所のリニューアルは何故か、関東と長野・新潟が多く、東北・北海道方面が少ない。
    • 千曲川さかきPAや谷川岳PA下り、栄PAを綺麗に建て替えたり、新店出店が多いのに対し、東北、特に北東北方面はコンビニに縮小されたエリアも多く見られる。
      • 但し、仙台近郊や福島県内は別。福島県内は国見SAを綺麗に建て替えるほか、四倉PA下りも開店した。仙台は菅生PAや鶴巣PAを建て替えたし。
      • コンビニは転換・追加に限らず、中日本や西日本に比べると少ない。
        • とりわけ、関越道、上信越道、北陸道等の信越エリアはそれが顕著。
          • 関越道は三芳PA上りと山谷PA。上信越道はNEXCO管轄では千曲川さかきPAのみ(藤岡PAと新井PAはNEXCO管轄外)、北陸道は東日本エリアでは越中境PAのみ。
        • コンビニを作る場合、中日本や西日本に比べて転換する割合が高く、特に追加が少ない。
  3. 中日本や西日本に比べて給油所、レストラン、インフォメーションの廃止が目立つ。
    • 特にインフォメーションはパソコンシステムに切り替えて廃止が目立つ。
    • 給油所の廃止が目立つ一方、150km以上の給油所空白地帯は夜間を除き存在しない。
      • 太田強戸PAが出来てから150km以上の給油所空白地帯は夜間を除きnexco東日本管内ではなくなった。
    • そういう点はJR東日本とも共通するような・・・。
  4. NEXCOの中でEdyが使えない場所が多い。
    • 代わりにWAONが使える場所も多い。
  5. 中日本・西日本同様、外からSA/PAに入場できるように入場口を設けているところが増えている。が、中日本や西日本には入場口に名称がついているのに対しこちらは何も名称がついていない。
    • 知らないうちに「ウォークインゲート」っていう名前がついてた。
  6. NEXCO3社の中で唯一コインランドリーが直接運営していない。
    • コインシャワーも東北道の安積PAのみとなっている。
    • NEXCO3社の中で唯一、民営化後にコインシャワーとコインランドリーの両方を新設した事が一切ない。

主要な道路[編集 | ソースを編集]

後志自動車道[編集 | ソースを編集]

  1. ずっと「2018年度開通予定」としきりに知らせていたので年度末(2019年3月)開通かと思いきや、年内の12月8日に開通した。
    • しかし、吹雪の中で開通…。
    • 本来はもっと前に開通させる予定だったが、大型台風や震災の影響で延期になったらしい。
  2. 札樽自動車道が元々国道5号のバイパスだったため、この道路は小樽JCTから分かれる形になった。
  3. 北海道では無料での開通が相次ぐ中、小樽JCT-余市IC間はNEXCO管理の有料道路として開通。おそらく道内最後の有料区間。
    • 余市から先は倶知安まで無料の高規格道路の倶知安余市道路として建設中。
  4. 開通時点で余市IC方面から札樽道小樽IC方面へは行けるが、逆は不可(当初の計画では両方向とも不可だった)。
    • 余市方面から小樽のへの救急搬送ルート確保の要望があったためだとか。
  5. 高速道路ナンバリングは札樽道及び黒松内新道と併せてE5A。
  6. 休憩施設はないが、余市から先が開通した際に設置の希望があるとか。
  7. 並行する国道5号は道内屈指の事故多発路線らしく、それを減らすために造られたとか。
  8. 雪が落ちやすいテント材のスノーシェルターやワイヤーロープなど最新設備を多く取り入れた。
  9. 北海道新幹線新小樽駅付近を通るためスマートIC設置要望も出ているが、橋の高さなど構造上建設困難なため代替策としてバス停を検討しているとか。

日高自動車道[編集 | ソースを編集]

  1. 沼ノ端西ICまではNEXCO区間。
  2. 日高方面から沼ノ端東ICで降り忘れると一般道に出られず道央道に行ってしまうので注意。
  3. 苫小牧東ICから厚真ICまでは4車線化された。
  4. 一方、日高厚賀ICから先は完成2車線となる予定。

深川留萌自動車道[編集 | ソースを編集]

  1. いつになったら留萌まで届くのか待ちわびて、2019年度に留萌ICまで全線開通予定。
    • 留萌市域なら2006年に留萌幌糠ICまで開通した。
  2. 関越道と被る沼田ICがある。

三陸自動車道[編集 | ソースを編集]

  1. 三陸道なのに仙台から石巻までしかない。
    • 2009年3月に登米市中田まで開通しました。でも登米市は「三陸」ではないwwwww
      • 言いたいことは分かるが、陸前国だから一応三陸だろう。
    • 震災復興もあり、物凄い勢いで建設中。
      • 2021年現在、仙台ー普代と久慈ー八戸間が開通。残りの区間も夏頃までには開通予定。
  2. 松島から急に制限速度が低くなる。
  3. 当初は仙台~宮古まで有料で結ぶ道路だったはずなのに、どんどん無料化している。
    • ついに鳴瀬奥松島以北がすべて無料になった。
    • 対面通行とはいえ、そのまま八戸まで無料高速で繋がる日も近い。
  4. 仙台北部道路との分岐に当たる利府JCTは石巻側より乗り入れできない。(建設費節減のため)
    • 2010年にフル化され、石巻側からも乗り入れが可能になりました。
  5. 宮古~久慈間は基本路線区間にもなっておらず、局部的なバイパス建設止まり。
    • もうちょいでここも全線開通。
  6. 左から日本海東北道、東北中央道、東北道と来てるのでコチラも太平洋東北自動車道にしてはどうだろうか?w
  7. ここではNEXCO東日本の路線として解説されているが、大半は国土交通省の管轄で、さらには宮城県道路公社が管轄する区間もある。
    • NEXCOによる管理は起点から10km足らずで終了。
  8. 岩手県区間のPAはトイレすらない。
    • 施設があっても展望台だけか……
  9. 震災から10年ついに仙台から宮古市まで繋がった。(仙台港北~田老北)、三陸北道と八戸久慈道も2022年3月までには開通見込みでついに仙台から八戸まで繋がる。

日本海東北自動車道[編集 | ソースを編集]

  1. 北陸道新潟西ICから日東道の聖籠新発田ICまでは、はっきり言って高速道路の意味を成していない。
    • 新潟の高速無料道路である新潟西バイパス~新潟バイパス~新新バイパスが両ICの出入口のため。新潟市街地に近いバイパスの方が車線数も多くて利便性が高い。
    • 新新バイパスが渋滞で機能不全を起こす昨今、新潟市内をスルーしようとする車には重要な道路。
      • (お金はかかるが)中央競馬開催時の新新バイパス競馬場ICの混雑を避けるのにも意外と有効な道路。
    • 亀田インターを工夫して、新潟スタジアムの駐車場から出入りできるようにしたら利用率も上がるはずだ。
    • 無料化決定。新潟の高速無料道路の仲間入り。
      • 無料化後、週末の度に渋滞が頻発するようになった。
        • 無料化の開始時期がちょうど新潟の夏競馬開催の時期と重なったのが一因だろう(バイパスを避けて岩船の方へ行くため)。
  2. 新潟中央JCT・新潟亀田IC・新潟空港IC・豊栄新潟東港IC・聖籠新発田ICと4文字以上が5連続。
    • さらに3文字以上なら、中央JCTから北陸自動車道に入り新潟西IC・巻潟東IC・三条燕IC・中之島見附ICまで9個つながる。
    • そしてさらに、新直轄区間のIC名は荒川胎内IC・神林岩船港IC・村上瀬波温泉IC・村上山辺里IC・朝日三面IC・朝日まほろばICと続くことになった。
      • 「朝日まほろばIC」≒「すばらしいところ朝日IC」。実際のところどうなんでしょ。
        • 朝日まほろばIC近くにある道の駅朝日の愛称も"まほろば"である。
    • 長ったらしい…。もっと短くて判りやすい名称にして欲しい。
  3. 豊栄SAは名だけのSAで、施設規模はPA以下でサービスする気はさらさら無いようだ。新潟中央JCTを挟んだ先の北陸道黒埼PAの方がまだSAらしい。
    • 新新バイパスの「道の駅豊栄」の方がまだ上。
      • 道の駅豊栄の旧称が「豊栄パーキングエリア」だったので間違い回避のため高速道路のほうはトイレだけでもSAにしました。
        • しかし敷地面積はSA並の規模はある。その他各SAからの距離的にSAという位置づけをしないといけない事情もある。全通したら状況は変わるとは思うが。
  4. 秋田県内で開通している河辺JCT~本荘IC間に大内JCTいう名の謎の分岐箇所がある。
    • 本荘大曲道路との分岐点。ただし分岐先が全く開通していないので、実質インターチェンジ状態。
      • ジャンクション内に突如「止まれ」標識が現れ、困惑する。
        • 当初は河辺JCT方面の出入りしかできないしょぼいハーフJCTになる予定だったが、地元の強い要望があり、本荘IC方面の出入りもできるようにした。その設計変更の副産物では?
      • 本線標識の表記が「大内JCT」となぜかJCTまで入っている。
  5. 「鳥注意」の標識がある。
  6. 日東道(にっとうどう)って略す。
    • 羽越自動車道にはしないのだろうか?
      • 「出羽自動車道」でも好いだろう。「越」が入ると北陸自動車道のイメージが濃厚になるから。
        • 「陸奥」と「越後」を結ぶから「奥越自動車道」というのはどうだろう。
        • しかしここを並走している鉄道(羽越線、羽越新幹線【構想】)に合わせるなら羽越自動車道の方がしっくりくる。
        • そんな北陸道のイメージは無い。それ以外にも越が入る高速道路は周囲に結構ある。(関越自動車道上信越自動車道磐越自動車道)
          • 新潟県で越が入らない高速道路は北陸道を除くと日東道だけだし。
    • そういえば日沿道とも略すなぁ…こっちが普通?
      • 日沿道は日本海沿岸東北自動車道の略。日本海東北道とは別。
  7. 裏日本の生命線になる・・・予定なのだが、ほぼ全線片側2車線の状況でその役割を果たせるかどうか。
    • 片側2車線なら北陸道などと同じフル規格。片側1車線の間違いですよね?
  8. 2009年7月18日に開通した「荒川胎内IC」には料金所は存在しない。
    • 手前の「中条IC」に料金所が存在する。
      ここから先は無料です
    • 新直轄で無料になるのは荒川胎内IC以北なのだが、このせいで中条から無料だと勘違いする奴がいる。
  9. それぞれの県の開通区間に偶然にも「○○空港IC」がある。
    • 新潟:新潟空港IC、山形:庄内空港IC、秋田:秋田空港IC
  10. 新潟中央JCT~新潟空港ICはかつて北陸道だった。
  11. 現在、温海IC-鶴岡JCTで建設が行われているが、金がかかるので鶴岡JCTは温海IC方面と湯殿山IC方面の出入りができない構造になるらしい。
    • 手前のICで下りて下道で連絡。
      • その手前の2つのICも同じ道路に面しているし、距離にしてわずか4kmほどしか離れていないのでハーフJCTでも問題なさそうな気はする。
  12. 名前がセンスない。せめて「羽越自動車道」のほうがいいのでは??
  13. ようやく県境区間の整備が決まった。今回の震災でもう一つの東北縦貫の高速道として必要だというのが理由。喜ばしいもののそう言われると少し複雑な心境にならざるを得ない。
    • 整備が全部終わると西から日本海東北道・東北中央道・東北道・三陸道となり4本になる。
  14. 「日本海東北道」として開通しなかった区間がある。しかも、大きく分けて2区間。
    • 新潟中央JCT〜新潟空港ICは北陸道、鶴岡JCT〜酒田みなとICは山形道として開通。

関連項目[編集 | ソースを編集]

東北中央自動車道[編集 | ソースを編集]

  1. 厳密な意味でここに書くべき路線は山形県内のみ。
    • だが一般人にとって米沢南陽道路も湯沢横手道路も中央道もたいした違いは無い気がする。
      • 2010年現在で既に開通している区間の延長は、実は湯沢横手道路が一番長かったりする。湯沢横手道路は全線開通しているので、これは東北中央道で絶賛的に工事が行われている区間が開通するまで続く予定。
    • 福島県内でも福島JCTから県境(栗子)まで絶賛工事中。
      • 福島から米沢まで開通しました。同時に米沢南陽道路も東北中央道入り。
      • 福島から米沢までは対面通行の上70km規制、無料にでもしないと国道13号線と張り合えない、まあ、南陽から上山まで開通すれば片側2車線にするほどの需要ができるんだろうけと。
      • 福島から山形まで繋がったけど米沢から有料なのがちょっとね...、とりあえず新庄まで繋げて欲しい
  2. どう略せば良いんだろう?
    • 東中自動車道?
      • 山形県内では標識に「東北中央道」と書かれてます。
      • たまに東中道と表示されてる時もある
  3. 奥羽自動車道のほうが望まし。
    • 羽州自動車道はどう?
      • 福島(岩代)と秋田(羽後)を結ぶから岩羽(がんう)自動車道というのはどうだろう。
  4. タイトルそのものの「東北中央自動車道」と、それに「並行する一般国道自動車専用道路」によって、福島県相馬市と秋田県横手市を結ぶという、実に壮大な計画が存在する。しかし、その全線が開通する日は来るのだろうか?
    • 山形/秋田県境の前後はともかく、それ以外の区間は物凄い勢いで建設が進んでいる。
    • 奥羽本線と並行しているから『奥羽自動車道』の方が解り易い気がする。
  5. 実は宮城県も通っている。
  6. 福島・山形県境の栗子トンネルは9km近くある。無料で通れるトンネルでは日本一の長さだとか。
  7. 日沿道と並んで山形と秋田がなかなか繋がらない。どっちが早いかな?
  8. 大工事のお陰で、湯沢IC~県境付近までパス出来るようになった。豪雪地帯を通るせいか、トンネルだらけ。

千葉東金道路[編集 | ソースを編集]

  1. 安い。
    • ここや京葉道路に慣れていると、東関道や館山道に金を払うのがバカバカしくなる。
    • でもここもこれのお陰で当分無料にはならない。
  2. 千葉と東金を結んでいる…はずが、なぜか東金の先(松尾横芝)までこの名称にされている。
    • 本来そこ(東金から先)は圏央道の一部なんだけどねぇ…。
    • 利用車の大半は東金から乗ってくる。もちろん千葉方面に。
      • 圏央道の木更津~東金が開通し、東金~松尾横芝の千葉東金道2期区間が正式に圏央道になった
  3. 行楽帰りの千葉東JCTの渋滞はえげつない。
    • 合流渋滞なので、なかなか前に進まない。
      • 圏央道(東金~木更津)開通で千葉東の渋滞緩和なるか??
        • ならなかった。
        • そもそもあちらは大栄-松尾横芝が開通していない。
  4. 東金市民の命綱

東京湾横断道路(アクアライン)[編集 | ソースを編集]

  1. 某自動車雑誌公認全天候型サーキット。深夜のアクアトンネルにはGT-RやRX-7が暴走している。
    • 実質首都高湾岸線海ほたる支線。
    • 開通して早々料金所職員の怠慢にブチ切れた某スモーキーがやらかしたのは有名。
  2. 開通当初の通行料金は4000円だった。
    • 現在は3000円に値下げされた。ETCを付けていると800円で通れる。
  3. 無謀な交通量予測を立てていたことで有名(この無謀なとは物理的に)。
    • 流石に最近は予測通りになってきたのではなかろうか。ETC割引使ってるからだが。
  4. 莫大な建設費や高い通行料金、さらには鉄道の衰退などネガティブな話題に尽きない。
    • 鉄道が衰退した代わりに木更津以南の人は高速バスを使って東京や横浜へ行くようになった。
      • 小湊バスなどを東京や横浜で目にするようになったのはアクアラインのおかげ。
    • 中には鉄道通勤から高速バス通勤にスイッチする千葉県民も続出。一部の路線とバス会社では高速バス通勤定期券も販売している。
      • でもアクアラインの高速バスで通勤なんて、渋滞に巻き込まれて毎日遅刻するぞ。滅多なことでは止まらない鉄道通勤が無難なのに、高速バスで通勤する人の気が知れん…
        • 実はアクア→湾岸線のルートは平日朝の首都高の中では割と混まない方だったりする
    • 鉄道どころか、木更津~川崎のフェリーを消滅させ、東京湾フェリーをジリ貧の経営状態に追いやった。
  5. 通称(?)ハマコー道路。
  6. ETC効果で増えた交通量をアテに木更津にアウトレットが出来、結果更に交通量が増えた。
    • 週末には木更津と川崎が車列で結ばれてしまうこともしばしば
    • その結果、渋滞が当たり前になり、高速バスは時間通りに動けない。
  7. 厳密に言うと木更津JCT-木更津金田ICまでは別の道路扱いなのだが、そんな事を気にする人はほぼ誰もいない。
    • 交通情報でアナウンスされて気付く程度
  8. トンネルの中間地点の上に風の塔がある。海ほたるPAからも見える。

東京湾アクアライン連絡道[編集 | ソースを編集]

  1. 木更津JCT~木更津金田ICのみこの名前がついている。
    • アクア連絡道と略されている。
    • 道路名は分けられているが、アクアラインとの違いは特にない。
    • 袖ヶ浦のIC番号が3、木更津金田のIC番号が2なので1はどこに...?と思う人もいるはず。その答えはトンネルを抜けた先にある。
  2. 道路名が分けられているせいで、この区間の英語表記は「AQUA RENRAKU EXPWAY」になっている。外国人には絶対意味が伝わらない。
| ←┐ |THE ↑ 道| ┌→ |
 0  高速道路・都市高速 ∞km
-1  IC・JCT ○km
北海道 東北 関東(埼玉千葉神奈川) 甲信越・北陸 東海 近畿 中国 四国 九州
-2  SA・PA !km
北海道 東北 関東 甲信越・北陸 東海 近畿 中国 四国 九州
 関連項目 ?km
ハイウェイラジオ ETC 高速隊 料金収受員
 一般国道 

北海道 東北 関東 甲信越 北陸 東海 近畿 中国 四国 九州・沖縄 偽モノ

 道の駅 ?km
北海道 東北 関東 甲信越・北陸 東海 近畿 中国地方 四国 九州
 その他関連項目 ?km
街道(東海道 中山道) サイクリングロード 遊歩道・ハイキングコース 標識 カントリーサイン