英語検定

ナビゲーションに移動 検索に移動
曖昧さ回避 この項目では、英語能力を測定する試験全般について記述しています。日本英語検定協会主催の「英検」と略される試験については「実用英語技能検定」をご覧ください。
試験 > 試験/試験別 > 資格試験 > 英語検定
英語 > 英語検定

全般[編集 | ソースを編集]

  1. 大きく分けて、国際的に知名度が高い検定と、ほぼ日本国内でしか通用しない検定の2つのタイプがある。
    • 前者はTOEIC、TOEFL、IELTS、ケンブリッジ英検などが、後者は実用英検、国連英検、技術英検(旧・工業英検)、ビジネス英検(日商英検)、全国通訳案内士試験などがある。
  2. 多くの試験では読む(Reading)、聞く(Listening)、書く(Writing)、話す(Speaking)の4つの技能を測定するが、試験によっては一部の技能を測定しない場合がある。
  3. 一定レベル以上の級になると合格難易度は受験者個人の高校生時代の基礎学力に大きく左右される。
    • そのため、簿記検定パソコン検定に比べて所謂「資格マニア」が手を出しにくいジャンルであると言われている。

各試験毎の噂[編集 | ソースを編集]

国家試験[編集 | ソースを編集]

実用英語技能検定[編集 | ソースを編集]

実用英語技能検定

TOEIC[編集 | ソースを編集]

  1. 大学生御用達。
    • というか、大学に入ったらほぼ高確率でやらされる。
  2. これが世界的に通用するかというと...。
  3. 日本円での決済可能(コンビニ・楽天ペイ可)だったり比較的受験料が安い(下のTOEFLやIELTS、ケンブリッジ英検などは数万円する)、受験当日必要な身分証の条件が緩い(学生証可)だったりと、比較的受験はしやすい。
  4. 読解問題の最後の方は複数の文を一緒に読む必要がある。また、リスニング・読解それぞれ100問なので、高い集中力が要求される。英語の試験というよりかは作業速度及び集中力を測定する試験に近い。
    • 従って、990点満点を取るには当日の体調の他、運もよくないといけない。
    • 集中が切れるとあっという間に時間が過ぎる。筆者は、文中の素晴らしい数字に気を取られ笑ってしまい、15分無駄にした。
  5. 団体受験(ITP)は公式記録にならないらしい(過去問を流用するためらしい)。
  6. リスニング・リーディングのものが一般的だが、スピーキング・ライティング力を測定するものもある。こちらはCBT。
    • スピーキングだけのものや、中高生向けのもの(TOEIC Bridge)もある。
    • 前者はL&Rテスト、後者はS&Wテストと呼ばれる。
  7. 時々問題形式が変わる。それによって対策問題集も一新される。
  8. もちろん限界はあるが、音声の聞き取りに問題があれば調整してもらえる。
  9. アメリカETS(他には大学入試であるSATを作成している)が主催し、日本ではIIBCが運営する。
  10. 国家試験ではないが、民間資格の中では日商簿記検定と並んでブランド力が高く、就職活動では下手な国家資格よりも効力が高いと言われている。
  11. 英検とは出題傾向がだいぶ異なるため、これで満点を取れるような人でも、対策が甘ければ英検1級に合格できない可能性はある。
  12. 正式名称はTest of English for International Communication。日本語では国際コミュニケーション英語能力テストである。
  13. 何度も受験してより高いスコアを獲得することを目指したり、設問について仲間と熱く語り合ったりするTOEICガチ勢(トーイッカー)という人種もいるらしい。
  14. TOEICの設問に登場する会社は、実はなかなかのホワイト企業であることが多い。
    • 具体的に書くなら、業績や人間関係は常に好調・良好、異動に関しての話題は昇進や海外駐在といったエリートコース一直線のものばかりで、左遷や解雇のようなネガティブな話はまず出ない。
      • 時々、飛行機の遅延や配送の手違いなどのミスも起こるが、お客様に対しては真摯な対応と手厚い補償を行うのがお約束。
    • 受験者の多くが社会人や就職活動を控えた大学生であるため、暗い要素をなるべく排除した内容にしている、という噂である。
  15. 受験者は大学生と社会人(ビジネスマン)が中心。
  16. 英検では政治や医学など幅広い事柄についての教養が求められるのに対し、TOEICは仕事で使う英語に特化している。
    • 高校生以下にも解けなくはないはずだが、難易度別に分かれていないことやビジネス英語が中心になる性質上、年長の受験者と比べるとどうしても社会経験に乏しいという覆せないハンデがある分なかなかピンと来ず苦戦する、ということが少なくない。
  17. 実用英検のレベルをL&Rテストの点数で換算するなら、2級が500〜600点クラス、準1級が700〜800点クラスと言われている。
    • ちなみに英検1級に合格するのはL&Rテストで900点以上取るよりも遥かに難しいと言われている。極論を言えば、L&Rテストで990点満点を取れる人でも英検1級の対策が不十分だった場合は英検1級に合格できない可能性は十分にあり得る。

TOEFL[編集 | ソースを編集]

  1. TOEICより世界での通用性が高い試験。
  2. 「トエフル」ではない。
  3. 試験時間がかなり鬼畜。
    • 最近少しマシになったがかつては試験時間4時間、休憩10分というそこまで集中できるか!という構成だった。
    • でも学校や法人向けはTOEIC並みに短くなる。
  4. 試験方法は漢検CBTのそれと同じ。
    • ただし漢検CBTと違って、いつでも受験できる訳ではない。
    • PBT(ペーパーテスト)は日本では行われていない。iBTのみ。
  5. 受験に当たり提示する身分証明書は学生証だけでは不可。この場合別途(マイナンバーカードなど)を提示する必要がある。
    • また、提示する身分証明書を事前に申し込みサイトで登録する必要がある。
  6. 受験料が高くアメリカドル表記であること、支払方法がクレジットカードがないと定額小為替を購入して海外へ送付する必要があったはずで、どちらにせよ受験しづらい。
    • 受験申し込みサイトも英語だった気がする。
  7. TOEICと異なり、4技能を1日で測定する。ただし、ITPの場合はTOEICと同じL&Rとなる。
    • 早くテストが終わった場合、休憩時間は自由にとれたはず。ただし、周りの音とかでうまく聞こえない点は配慮してもらいないらしい(聞こえにくい状況を想定しての能力測定だからだとか)。

IELTS[編集 | ソースを編集]

  1. ブリティッシュ・カウンシルが主催し、日本では英語検定協会が運営する。
  2. こちらも英語4技能を測定し、合否なしの9点満点で評価される。
  3. アカデミック(英語圏の大学・大学院受験希望者)とジェネラル(一般及び英語圏移住希望者)に分かれている。
    • ライティングとリーディングがこれら2タイプで異なり、スピーキング・リスニングは共通問題となる。
  4. 受験料が比較的高額なこと、また受験当日持参する身分証明書はパスポートのみであることから、受験はしづらいと思う。

国際連合公用語英語検定試験[編集 | ソースを編集]

  1. 通称「国連英検」。こんな名前だが、日本で実施されている試験である。
  2. 実用英検が文部科学省の認定資格であるのに対し、国連英検は外務省の認定資格である。ただしどちらも国家資格ではなく、あくまで公的資格である。
  3. 特A級、A級、B級、C級、D級、E級がある。
    • B級以上は国際政治や社会問題についてマニアックな知識が要求されるので、かなり難易度が高い。実用英検で換算するとB級は2級と準1級の間、A級は1級とほぼ同レベルといわれている。
      • 特A級は受験者の殆どが既に実用英検1級に合格している人たちなので、非常に難易度が高い。
        • どのくらいかと言うと、現地の企業などの会議や討論に於いて完全に場の雰囲気を仕切れるようなレベルの英語力・コミュ力や知識を持った者達ばかりである。ここまで来ると単に英語を自在に使えるだけでは合格できないと言っても過言ではない。
    • B級以上では、国連の組織体制や活動内容、日本と国連の関係性についての知識を必要とする。国際政治学や国際関係論を大学で履修済であっても、おそらく全てはカバーできない。
      • 日本国際連合協会の著作 "Today's Guide to the United Nations" がこの分野の公式テキストとされており、B級以上の受験者はこれを必ず読んでいることが前提。
  4. 作文はB級以上で、面接はA級および特A級で課される。
    • 国連英検の面接官は必ずネイティブスピーカーか帰国子女でなければならないと決められている。一般の日本人が面接官になることがある実用英検との大きな違いである。
  5. 国際公務員(国連職員)になるためにはA級または特A級に合格できるくらいの実力が必要。
    • しかし知名度的にはマイナー検定であるためか、一般企業では評価対象になりにくく、難易度の割にはお買い損とも、、、、、
    • C級以上の合格者は大学受験や公務員採用試験で優遇される場合もあるため、国連職員を目指さないにしても受験する価値はある。実用英検やTOEICに比べてマイナーなのは否定できないが、、、、、

TOBIS(ビジネス通訳検定)[編集 | ソースを編集]

  1. こちらも英語の通訳能力を測る試験だが、運営者がNPO法人、つまり民間資格である。
    • 通訳案内士試験は観光案内業務に関するものだが、こちらはビジネスシーンや国際的イベントでの通訳を念頭に置いている。
  2. 2005年から実施されている。2008年春までは、日本通訳協会が実施する「通訳技能検定」と立ち位置がかぶっていた。
    • なお、日本通訳協会は2008年11月に経営破綻している。
  3. ランクの設定は1級~4級。
    • 2級~4級は、全く同一内容の逐次通訳テストを受け、その出来具合に対する絶対評価によって与えられる。
    • 1級は、最近2年以内に2級に合格している人か、同時通訳の実務経験が2年以上あると証明できる人しか受験できない。

ビジネス英語検定[編集 | ソースを編集]

  1. 簿記検定で有名な日本商工会議所が実施する英語検定。
  2. 主にビジネス文書や海外取引などの実務スキルが問われる。
  3. 1級、2級、3級があり、全ての級で試験会場のパソコンを使って受験することになる。
  4. 日商の認定資格であるが、簿記に比べるとブランド力的にはイマイチか。

ケンブリッジ英検[編集 | ソースを編集]

  1. その名の通りケンブリッジ大学の傘下団体が主催している。
  2. 知名度は正直国連英検などと比べてもほとんど知られていない。
  3. 最近では河合塾とともに検定団体を設立するなど日本での普及に向けた運動が進められている。

GTEC[編集 | ソースを編集]

  1. 教育企業のベネッセコーポレーションが主催する英語検定。
  2. 主に高校生が推薦などで大学を受験する際にその英語力を証明するための試験の1つとして使われる。
  3. 一応社会人向けや小学生向けもあるようだが、こちらはそこまで知られていない。
  4. たまに運営団体のベネッセを批判する際のやり玉に挙げられることがある。

TEAP[編集 | ソースを編集]

  1. 上智大学と日本英語検定協会が共同で開発した大学受験向けの英語テストの1つ。
  2. 受けられるのは高校1年からであり、スコアは2年間有効になる。
  3. 近年の英語外部試験利用型入試ではこのTEAPのスコアも有効とされ、開発元の上智大学をはじめ数々の難関校も英語外部試験利用型入試で採用している。

VERSANT[編集 | ソースを編集]

  1. ピアソンが主催しているスピーキングテスト。
  2. 多くの英語試験がどこかの会場に行って行う必要があるのに対し、こちらは自宅でパソコンやスマホを使って試験ができる。
  3. 近年流行している英語パーソナルジムだとこのVERSANTを使って効果を測定しているところもある。

技術英語能力検定[編集 | ソースを編集]

  1. 工業英語や科学技術に関する英語に特化したマイナーな英語検定。
    • かつては工業英語能力検定と呼ばれていた。
  2. 受験者は理系の学生(大学院生、大学工学部生、高専生、工業高校生)やエンジニア、研究者などが大半を占める。
  3. マニュアルや仕様書を正しく読む能力や、論文を英語で書く能力が要求される。
    • 他の英語検定以上に、回りくどい表現を避け、事実を簡潔かつ正確に伝えることが重要となる。
  4. 区分はプロフェッショナル、準プロフェッショナル、1級、2級、3級がある。
    • プロフェッショナルが工業英検時代の1級に、準プロフェッショナルが工業英検時代の2級に、技術英検1級が工業英検準2級に相当すると言われている。
      • 工業英検は1級、2級、準2級、3級、4級の5段階だった。
        • 目安としては2級以上が実務経験者レベル、準2級が大学専門課程〜大学院生レベル、3級が大学工学部1〜2年生および高等専門学校4〜5年生レベル、4級が工業高校生および高専1〜3年生レベルと言われていた。
    • 技術英検プロフェッショナル級(工業英検1級)は実用英検1級よりも科学技術に関する内容が強化されているため、実用英検1級よりも難しいという意見が多い。

全商英語検定[編集 | ソースを編集]

  1. 全国商業高等学校協会が主催する英語検定。
    • その名の通り、主に商業高校生が受験する。
  2. 普通科に比べて英語の授業コマ数が少ないという商業科の性質上、難易度は他の英語検定に比べて低めに設定されている。
    • 全商英検1級が実用英検2級と、全商英検2級が実用英検準2級と、全商英検3級が実用英検3級と同じくらいの難易度とされている。

関連項目[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]

資格試験検定試験
資格試験 技術系 | 法学・経済・不動産系 | 危険物取扱者 | 衛生管理者 | 宅建 | FP検定
情報処理技術者試験 ITパスポート | 基本 | 高度
簿記検定 日商簿記
パソコン検定 MOS
英語検定 実用英検
偽モノの特徴 偽情報処理技術者試験 | 偽日商簿記
もしwiki もし情報処理技術者試験が○○だったら