簿記検定

ナビゲーションに移動 検索に移動
試験 > 簿記検定

全般[編集 | ソースを編集]

  1. 英語検定パソコン検定などと同様に、沢山の団体が主催しているが、客観的な情報として、ブランド力・知名度が高く、汎用性が高いのは(国家試験を除けば)圧倒的に日商簿記検定である。「民間資格といえば日商簿記とTOEIC」と言われるほど強い資格である。
    • しかし受験者の目的によっては他の簿記検定を受けた方が良い場合もある。
      • 就職活動でアピールするため:主に日商簿記検定。ただし、建設業や社会福祉法人などでは他の簿記検定の合格者が重宝されることもある。
      • 大学推薦(AO)入試で有利だから:全商簿記実務検定
      • 税理士試験の受験資格を得るため:全経簿記能力検定の上級(日商簿記1級でも受験資格が得られるが、全経上級の方がやや取りやすい)
  2. 使える機能は限定されるが、電卓を持ち込むことが可能になっている。
  3. 公認会計士試験の短答式やビジネス会計検定などの例外も一部あるが、基本的にマークシートは採用されておらず、解答形式は全て記述式である。
  4. 試験を主催する団体によって合格難易度にはかなりの差があり、1級でもさほど難しくない試験から、2級や3級でもそこそこ難しい試験、1級が難関士業並みに難しい試験まで非常に幅広い。
  5. 科目合格制度が認められない試験と認められる試験がある。
  6. 多くの試験では上位級になると原価計算の知識が必要になってくる。
  7. しばしばファイナンシャルプランナー(FP)と混同されるが、全く別の資格である。
    • 簿記とFPはどちらもお金を取り扱うという点では同じだが、簿記が「財政状態や経営成績などをまとめた財務諸表を作るスキルを持つ、会社のお金に関する専門家」であるなのに対し、FPは「金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など、個人のお金に関してアドバイスを行う専門家」という点で異なる。
    • また、簿記同様、FPにもたくさんの資格があり、最も有名なのは国家資格のファイナンシャル・プランニング技能士である。他にも民間資格が幾つか存在する。

各試験ごとの噂[編集 | ソースを編集]

国家試験[編集 | ソースを編集]

日商簿記検定[編集 | ソースを編集]

簿記能力検定[編集 | ソースを編集]

  1. 全国経理教育協会(全経)が主催する簿記検定。主に経理関係の専門学校生が受験する。
    • 全経の歴代会長の中には首相経験者の森喜朗氏や麻生太郎氏もいる。
  2. 英検や秘書検定などと同じ、文部科学省後援の民間検定である。
    • かつては文部科学省「認定」の公的検定試験だった。
  3. 階級は上級、1級、2級、3級、基礎簿記会計の5段階がある。
    • 同じ級数なら日商簿記より難易度は低い。目安としては全経の1級が日商簿記2級と同じくらい。全経の2級が日商簿記3級と同じくらい。
      • ただし主に全商簿記よりはやや難易度が高い。
  4. 全経の上級の合格者は日商簿記1級と同様に、税理士国家試験の受験資格が得られるという特典付き(厳密に言えば、学歴による制限が撤廃される)。
  5. 全経上級は日商簿記2級より難易度は高いものの、一般的には日商簿記1級よりはやや簡単と言われているため、税理士国家試験の受験資格を手っ取り早く得たいのであればこちらの方がオススメである。
    • ただし日商簿記1級と全経上級とでは出題傾向が微妙に異なるため、日商簿記1級に合格した人でも全経上級に落ちてしまうケースはある。日商簿記1級は計算力重視、全経上級は理論重視と言われている。
  6. 全経上級は科目ごとの足切りがあるらしく、商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算のどれか1つで極端に苦手なものがあると、総合得点では合格でも、足切りで不合格になってしまう。科目合格(免除)制度もない。
    • これは日商簿記1級も同じ。
  7. 全経上級はあくまで税理士国家試験の前哨戦という位置付け。就職・転職活動での評価は日商簿記3級より弱いため、難易度の割にはかなり損している。
    • そもそも全経の存在を知らない面接官も多いのでは?
  8. 1級、2級では商業簿記と工業簿記の2科目が出題されるが、上級や日商簿記と違って科目合格(免除)が認められている。
  9. 正式名称は「全国経理教育協会主催 簿記能力検定試験」である。

簿記実務検定[編集 | ソースを編集]

  1. 通称「全商簿記」。主に商業高校生が受験する簿記検定。
    • ただし「商業高校生でないと受験できない」というわけではなく、普通科の生徒や社会人が受けても構わない。
  2. 階級は1級、2級、3級がある。
    • 1級では商業簿記(会計部門)だけでなく工業簿記(原価計算部門)も出題される。ただし日商簿記と違って科目合格が認められているのが救い。
    • 2級と3級では商業簿記のみが出題される。
  3. 全商簿記1級の難易度は日商簿記で換算すると2級と3級の間くらいと言われている。
  4. 全商簿記1級に合格すると大学の推薦入試で有利になる場合がある。
  5. 就職活動においては、高卒の新卒以外ではほぼ評価されない。大学生、社会人なら日商簿記が欲しいところ。
  6. 大学入試センター試験の簿記会計は、全商簿記1級よりも難易度が高いと言われている。
  7. 全商では他にも珠算や情報処理など様々な検定試験を実施している。
  8. 正式名称は「全国商業高等学校協会主催 簿記実務検定試験」である。

国際会計検定[編集 | ソースを編集]

  1. 通称BATIC。東京商工会議所の認定資格。
    • BATICとは、「国際コミュニケーションのための簿記会計のテスト」(Bookkeeping and Accounting Test for International Communication)という意味である。
  2. 問題文が全て英語であるのが最大の特徴である。簡単に言ってしまうと、「英語による簿記検定」である。
    • 問題レベル自体は日商簿記検定2級に毛が生えた程度なのだが、問題文が英語で書かれているというのもあって、実質的な難易度はかなり高くなっている。
    • 最低でもTOEICで700点以上取れるくらいの英語力がなければBATICに挑戦するべきではない。
  3. 合格、不合格という判定ではなく、1000点満点のスコアで評価される。
    • 最高ランクのコントローラーレベルに認定されるためには880点以上、その次のランクのアカウンティングマネージャーレベルに認定されるためには700点以上が必要。
  4. 知名度は低く、難易度の割には社会的評価は微妙。

建設業経理検定[編集 | ソースを編集]

  1. 簡単に言ってしまうと、建設業界のための簿記検定である。他の業界に比べて規模が非常に大きいため、建設業に特化した簿記検定が作られることになった。
  2. 等級は1級から4級まである。
  3. 建設業会計以外の分野は日商簿記検定よりやや簡単と言われている。
  4. 2級以上に合格すると建設業経理士の称号が手に入る。国土交通省の認定資格であり、準国家資格という扱いである。

ビジネス会計検定試験[編集 | ソースを編集]

  1. 大阪商工会議所の認定試験である。
  2. 財務諸表を読む能力を測定することを目的として実施されている。
    • これに対し、日商簿記検定は財務諸表を作る能力を測定することを目的としている。
  3. 3級と2級はマークシート方式で、1級のみ論述問題がある。

社会福祉会計簿記認定試験[編集 | ソースを編集]

  1. 一般の簿記検定ではカバーできない、社会福祉法人の経理に特化した検定試験。
  2. 初級、中級、上級の3つのランクがある。
    • 中級がちょうど日商簿記検定2級と同じくらいか、それより少し低い難易度である。
    • 上級は日商簿記検定1級や全経簿記能力検定上級と比較できるレベルと言われている。
      • 上級は簿記会計と財務管理の2科目が課される(2年間有効な科目合格制度がある)。
  3. 国家試験ではないが、受験チャンスは年1回しかない。

全経税法能力検定[編集 | ソースを編集]

  1. 簿記能力検定と同様に、全国経理教育協会が主催・実施する。
  2. 一つの試験ではなく、所得税法能力検定法人税法能力検定消費税法能力検定相続税法能力検定という4つの試験群の総称である。
    • 相続税法は2020年(令和2年)度から開始された。
    • 元々は税務会計能力検定試験という一つの試験であり、所得税法、法人税法、消費税法の3種目に分かれていた。
  3. 1級、2級、3級がある。
  4. 税理士国家試験とは全く比較にならない、レベルの低い試験である。(1級でも)前哨戦どころか準備体操にすらならない…。
    • そもそも全経税法能力検定は税理士を目指す人向けの試験ではなく、全ての社会人を対象とした税法の知識を身に付けてもらうための試験である。
    • というかむしろ税理士試験が難し過ぎるだけ。普通の経理担当者の自己啓発程度に受けるのは全然OKだと思う。

関連項目[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]

資格試験検定試験
資格試験 技術系 | 法学・経済・不動産系 | 危険物取扱者 | 衛生管理者 | 宅建 | FP検定
情報処理技術者試験 ITパスポート | 基本 | 高度
簿記検定 日商簿記
パソコン検定 MOS
英語検定 実用英検
偽モノの特徴 偽情報処理技術者試験 | 偽日商簿記
もしwiki もし情報処理技術者試験が○○だったら