J3リーグ

ナビゲーションに移動 検索に移動
JリーグJ3リーグ

明治安田生命 J3リーグの噂[編集 | ソースを編集]

  1. 意外にも早くできた3部リーグ。
  2. 大人の事情で「Jリーグ ディビジョン3」ではなく「J3リーグ」になった。
    • ロゴもJ1、J2とは別のものが作られた。
    • 2015年に「J1リーグ」と「J2リーグ」が正式名称になるよう変更されたので、リーグ名の違いはなくなった。
    • とうとうJ3のロゴも2023年からJ1・J2と同じデザインに。カテゴリーの色は青になった。
  3. 初年度クラブ数は11(+ U22選抜)だが、そのうち「J3オリジナル11」と呼ばれるようになるんだろうか。
    • ↑の11クラブの内、町田鳥取の2クラブは、J3リーグ以前にJリーグ在籍経験がある。
  4. 2016年からG大阪C大阪FC東京のセカンドチームが参入する予定。
  5. J2からここへ降格したクラブは復帰まで最低3年を要すると言われている。
    • 2016年、大分の優勝によって打ち破られた。
    • 実はJ3からJ2に2回昇格したクラブはいまだにない。J1とJ2のエレベータークラブはたくさんあるのに。
  6. 2015年までは外国人枠がJ1・J2と異なり2+1(東南アジアのJリーグが提携している国の選手)枠だったけど、2016年からは同じになった。ちなみに入れ替え戦の時はホームチームのリーグのルールに合わせていた。
  7. このリーグに属したら、天皇杯予選はそれぞれのクラブが属する各都道府県予選から参加する事になる。
  8. 意外と新規参入クラブ数が多いため、J3が20or22クラブに達したら、早々にJ4リーグかJFLが1部・2部制になるのでは?と言う見解もある。
    • 東西に分けるというのもありかも。
      • 東西の格差はどう是正しましょうか…。
  9. 「スタジアムグルメが不味い」だけならまだしも「スタジアムグルメそのものがない」ところもある。

クラブ別の噂[編集 | ソースを編集]

ヴァンラーレ八戸FC[編集 | ソースを編集]

ヴァンラーレ八戸FC

福島ユナイテッドFC[編集 | ソースを編集]

  1. 2007年、Jリーグに準加盟申請したものの受理されなかった。
    • 2013年にJ3加入を狙い再び準加盟申請。
  2. 県内対立があるため、県単位のサポートは絶望的である。
    • ダブルフランチャイズにすれば。
      • 実はホームタウンは福島市のみ。伊達市郡と二本松は普通に入れられる気がするのだが。
        • 2017年5月から会津若松市をホームタウンに追加。
          • これでサポーターの山口に対する感情は(ry
      • 一応、エンブレムには県の全体図が書かれている。
  3. 東北リーグ1部昇格でかなり評価が変わった。郡山市偏向メディアのFCTとKFBでも取り上げられるという快挙。
  4. 2009年第89回天皇杯にて、J2首位のセレッソ大阪を倒した。
  5. 現時点での県北は圧倒的にJ1仙台のファンが多数となっている。仮にJFL・J2に上がったとしてもフランチャイズの場所次第ではあまり人気が出ないかも…
    • 県北人だけどベガルタが話題になっている場面に出くわしたことがない。
      • 萬代がいた時くらいだろう。
    • まあ無理なら二本松にスタを作れば良い。
  6. 2012年の地決では決勝ラウンド2位でJFLへの昇格が決定。
  7. 監督が現役時代に所属していたためか湘南との関係が深い。
    • むしろ、監督の前歴とか恐らく関係なしに湘南と公式に提携を結んでいる。
    • その縁でベルマーレのホームスタジアムで主催試合を行った事がある。
    • 2017年から監督している田坂氏も現役時代は元ベルマーレか。
      • 福島の公式ファンクラブに入ると、湘南の招待券が1枚もらえる。
  8. 2014年のホーム・ガイナーレ鳥取戦でリーグ史上最少観客動員数(504人)を記録してしまった…。
  9. J3昇格後は、専用スタジアムを福島市内につくる話もある。
  10. 試合中継のFMポコの実況と解説がフリーダム。九州はどうやら月より遠いらしい。
  11. 2017年以降公式戦で格下リーグのいわきFCになかなか勝てない。
    • 「ついに追いつかれた」と思ったら、あっと言う間に抜かされてしまった。先に参入したのはここなのに…。

いわきFC[編集 | ソースを編集]

  1. 2016年から元Jリーガーの社長が就任し、やたら壮大な構想をぶちあげている。
    • 映像を見ただけでは「現在県リーグにいるクラブが?」と一笑に付したくなるレベル。
    • ところがどっこい、2017年天皇杯福島県大会決勝、シーズンぶっちぎりでJ3トップの福島ユナイテッドに快勝。
  2. バックにアンダーアーマーの代理店がいるからか、フィジカル強化で名を上げつつある。
    • 平たく言えばガチムチが走り回って観客に楽しんでもらってお金を落としてもらうのが目標。
      • 向こうの企業ってのは売上が良かったら「ここのマーケットは美味しいから今後は現地法人作るからね。今までありがとう、バイバイ」って何時梯子を外すか分からないので必ずしも将来安泰ではなさそう。
  3. J1チームも真っ青なクラブハウスを持っている。
    • 東北のチームがどうやったら浅草今半や矢場とん、アストンマーチンのディーラーを持ってこれるのか。
      • クラブ直営のカフェがあり、ご飯食べながら試合や練習を見られる。
        • なので自前の施設でパブリックビューイングができる強みもある。
    • とうとう自前で病院を作った。
  4. 自前で試合をネット配信で生中継している。
    • チームGMと総監督のどうでもいい情報を交えた解説が繰り広げられる。
  5. 実は2015年からリーグ戦では無敵状態。2017年に至っては全勝・失点0と言う偉業を成し遂げた。ここまで来ると今後が楽しみなクラブである。
  6. 福島ユナイテッドFCのスポンサーに福島民報がいる対抗心からか、福島民友がスポンサーになり大々的な報道がされている。
    • 同様に福島トヨタがユナイテッドのスポンサーであるため、福島トヨペットグループが車両サポートを行っている。
  7. 1.の通り2016年に県リーグの分際でとんでもないビジョンを掲げていたと思ったら、ストレートに階段を上がり2020年よりJFL参入。
    • そして早くも2022年からJ3参入。ちょっと前まで地域リーグに居たクラブだったのに、たった数年でここまで来るとは…。
    • さすがにJFLを1年でとはいかなかったが2年目にはJFL優勝&J3昇格。
    • 昇格に伴ってホームタウンを広げた。
      • 広野町のJヴィレッジスタジアムをホーム登録するためにJFL昇格時にホームタウンを広げた。
    • JFL参入初年度も最終節まで昇格可能性を残す程度には善戦していた。
    • 快進撃はここまでで、数年はJ3に落ち着く模様。
      • J3基準は満たしたが、J2規格のスタジアムのめどは立っていない。
        • いわきグリーンフィールドを改修し、例外規定適用でのJ2ライセンスを申請する模様。
          • J3参入初年度にして首位をひた走る快進撃を見せ、このままだとレノファ山口FC以来の1年でJ3卒業も現実味を帯びてきた。
          • 2節残して優勝、J3昇格。後半は首位を譲らなかった。
            • 勝ち点もそうだが、得失点差がかなりえげつないことに…
      • その間に福島のJ2昇格なるか。
  8. 選手全員に遺伝子検査を実施してトレーニングメニューを決めてるらしい。
  9. もともとは天皇杯出場を果たした福島県立湯本高校サッカー部OBによって創設されたJリーグを目指す街クラブだった。
    • 創設者は買収後もスタッフとして在任中。
      • 品川に移籍した。

横浜スポーツ&カルチャークラブ[編集 | ソースを編集]

  1. 当時の全日空横浜クラブを退団した選手が「横浜サッカー&カルチャークラブ」として設立。
  2. NPO法人である。
  3. 愛称は「NPO Y.S.C.C.」。
    • 今後は「横浜SCC」という表記が増えそう。
    • Jリーグでの呼称が「Y.S.C.C.横浜」になりました。
  4. さまざまなスポーツがある。
    • ここのフットサルチームはF2リーグに参戦している。
  5. JFL昇格を目指してる。
    • 地域リーグ決勝大会2年連続で決勝ラウンド進出…タフなチームだ。
    • 2011年、3度目の正直でついにJFL行きが決まる。
  6. 2015年、J3創設から2年連続リーグ最下位を喫した。沼津と入れ替えた方が良いと言う声も。
    • 2016年で3年連続です。沼津も2017年にJに来ます。
    • なお4年連続は回避。よかったですね。
      • でもやっぱり沼津の方が強かった…。
  7. ニッパツ三ツ沢でのホームゲームではメインスタンドしか使用しない模様。
  8. 日産自動車の横浜・F・マリノスに対抗してかY.S.C.C.横浜にはトヨタがユニフォームスポンサーについている。

S.C.相模原[編集 | ソースを編集]

S.C.相模原

AC長野パルセイロ[編集 | ソースを編集]

AC長野パルセイロ

松本山雅FC[編集 | ソースを編集]

松本山雅FC

カターレ富山[編集 | ソースを編集]

カターレ富山

FC岐阜[編集 | ソースを編集]

FC岐阜

アスルクラロ沼津[編集 | ソースを編集]

  1. 人間力こと元ジュビロ磐田監督・山本昌邦氏の実弟がクラブ代表者。
  2. まさかのゴン中山現役復帰。
    • しかし、2015年試合出場0であった。
      • 退団し事実上引退、古巣ジュビロのコーチへ。
  3. 静岡県東部のサッカー熱を上げられる存在として期待したい。
    • その前にホームタウンを舞台にしたあのアニメの熱が急上昇するような気がする…いつかコラボしてほしいけど…流石にないか。
      • アニメのOPがサポのチャントに採用された模様。
        • 結果、アニヲタがゴール裏を絶賛汚染中、まともに応援しない、寝転がってネタをやるだけで他サポから白眼視
    • 2018年9月、ついにコラボ実現。渡辺曜の中の人もゲストで登場。
  4. J3のYS横浜よりは強いのでは?と言う指摘もある。
    • J3昇格後もずっとYS横浜より順位は上(19年は1つ上なだけだったけど)。
  5. 2015年は5位で惜しくもJ3昇格を逃した。
  6. 2016年に年間順位で3位に入り、ついにJ3昇格を決定。
    • 意外と速かったね。あとはJ2規格以上のスタジアムができれば…
  7. とてもじゃないが名前をすぐには覚えられない。
    • ホームスタジアムの愛鷹(あしたか)広域公園多目的競技場も同じく。
  8. 既存のJクラブではサポーターは清水エスパルスとの掛け持ちが多いと思われるが、クラブ自体はジュビロ磐田との結びつきの方が強い。
  9. J3加入1年目にしては結構強い…!
    • 山口鹿児島も初年度は強かったね。「J3二年目以降、JFLから昇格して来たクラブの初年度は強い」と言うジンクスでもあるのかな?
      • 肯定的な意味で「ジンクス」と言う単語は通じない。普通に「法則」で宜し。
  10. 2018年は、メインスポンサーがやらかした

藤枝MYFC[編集 | ソースを編集]

  1. 藤枝ネルソンCFを母体に立ち上げたチーム。サッカー育成コミュニティサイトのMYFCが運営する。
  2. 2009年は県1部をブッチギリで優勝した筈なのに、他の試合での審判の派遣をすっぽかしたため5つ順位降格のペナルティを食らってしまったので、もう1年県リーグでやることになってしまった。
    • が、静岡FCと統合し、めでたく(?)昇格決定。
    • ここは運営方針や戦術方針をネット上で投票して決める形を取っているが、何の前触れもなく統合が決まったため、S.C.相模原と同じく「地域リーグ舐めんな」と言われだしている。
    • しかも公式リリースでは県1部のチーム(旧藤枝ネルソン?)を捨てる気満々とも受け取れる文面が見受けられる。
  3. 2010年はリーグ優勝をはたしたものの、地域決勝は1次リーグ敗退。旧静岡FCのDNAは見事に受け継がれたようだ。
  4. 2011年、地域決勝大会決勝トーナメント2位でついにJFL行きが決定。
  5. J3入りしてからはたまにエコパを使用する事があるが、ヴェルディ主催の味の素スタジアムでの公式試合でもビックリの空席数や空席率を誇る(?)事がある。
  6. 2015年、天皇杯でJ1の清水エスパルスを倒したが、相手が降格まっしぐらなチーム事情のため「ジャイキリ」かどうかファンの間でも微妙な評価だったりする。
  7. 2017年、GK不足のためGKコーチのシジマール氏も登録された。
    • しかし、出番ないまま登録抹消された。出番があれば、「カズ超え」していたところだった。
  8. 2人目の東大卒Jリーガーがいた。
    • 添田隆司。2017年に関西サッカーリーグのアミティエSC京都へ移籍し、その年引退。
      • 現在はおこしやす京都AC(アミティエSC京都が改称)の代表取締役社長。
  9. 2018年にデビューしたマスコットの名前は「蹴っ飛ばし小僧」。適当すぎるのでは。
  10. 2019年は石崎信弘監督とデカモリシ効果で上位争いに絡めているが、J2ライセンスが…。
    • 最終成績は2位の群馬と勝ち点63で並ぶ3位でフィニッシュ。
旧静岡FC
  1. 本拠地は静岡市。
  2. カズの父が設立した。

ガイナーレ鳥取[編集 | ソースを編集]

ガイナーレ鳥取

カマタマーレ讃岐[編集 | ソースを編集]

カマタマーレ讃岐

FC今治[編集 | ソースを編集]

FC今治

愛媛FC[編集 | ソースを編集]

愛媛FC

ギラヴァンツ北九州[編集 | ソースを編集]

ギラヴァンツ北九州

テゲバジャーロ宮崎[編集 | ソースを編集]

  1. 2017年よりあの石崎信弘が監督就任。
    • 同年にジュビロ磐田からデカモリシが加入。
      • その翌年途中からノブリンもデカモリシもいなくなった。
        • ノブリンとデカモリシは2019年から藤枝に。
  2. 百年構想クラブに認定された(2019年2月)。あとは新富町の新スタジアムが完成すれば…。
  3. 2020年にJFL2位で昇格決定。
    • 2010年の時点では宮崎県だけJを目指すクラブがなかったらしいが、そこからごぼう抜きでJ3参入を決めた。
  4. J3初年度はシーズン最後の試合を終えた時点でなんと首位に浮上。
  5. ゴールドスポンサーの一つに宮崎山形屋がある。

鹿児島ユナイテッドFC[編集 | ソースを編集]

鹿児島ユナイテッドFC

関連項目[編集 | ソースを編集]


明治安田生命 Jリーグ 2023

J1リーグ
北海道コンサドーレ札幌 鹿島アントラーズ 柏レイソル 浦和レッドダイヤモンズ FC東京 川崎フロンターレ 横浜F・マリノス 横浜FC 湘南ベルマーレ アルビレックス新潟 名古屋グランパス 京都サンガF.C. ガンバ大阪 セレッソ大阪 ヴィッセル神戸 サンフレッチェ広島 アビスパ福岡 サガン鳥栖
J2リーグ
ベガルタ仙台 ブラウブリッツ秋田 モンテディオ山形 いわきFC 水戸ホーリーホック 栃木サッカークラブ ザスパクサツ群馬 大宮アルディージャ ジェフユナイテッド市原・千葉 東京ヴェルディ FC町田ゼルビア ヴァンフォーレ甲府 ツエーゲン金沢 清水エスパルス ジュビロ磐田 藤枝MYFC ファジアーノ岡山 レノファ山口FC 徳島ヴォルティス V・ファーレン長崎 ロアッソ熊本 大分トリニータ
J3リーグ
ヴァンラーレ八戸FC いわてグルージャ盛岡 福島ユナイテッドFC Y.S.C.C.横浜 S.C.相模原 AC長野パルセイロ 松本山雅FC カターレ富山 アスルクラロ沼津 FC岐阜 FC大阪 ガイナーレ鳥取 カマタマーレ讃岐 FC今治 愛媛FC ギラヴァンツ北九州 テゲバジャーロ宮崎 鹿児島ユナイテッドFC FC琉球
Jリーグ百年構想クラブ
ラインメール青森 Cobaltore女川 栃木シティFC VONDS市原 南葛SC Criacao Shinjuku ヴィアティン三重 奈良クラブ 高知ユナイテッドSC ヴェルスパ大分 沖縄SV
関連項目
JFL (Honda FC) 地域リーグ 地域CL 北海道 東北 関東 北信越 東海 関西 九州 都道府県リーグ 活動休止・終了したサッカークラブ サッカー天皇杯 女子リーグ その他の大会 スタジアム 偽モノ 偽モノ/クラブ別 偽スタジアム