天皇杯全日本サッカー選手権大会

ナビゲーションに移動 検索に移動

サッカー天皇杯の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 都道府県代表制が敷かれた以降の回における、特にNHK-BS1で放映されて「ジャイアント・キリング」が起こった試合あるいは起こされそうになった試合は、いつしか「BS劇場」と称されるようになった。
    • その名称を確定付けたのは、2004年の5回戦の横浜F・マリノス(当時J1年間王者)vsザスパ草津(当時JFL:3位)。NHK-BS1での生中継は勿論、曜日・時間帯が水曜日のゴールデンタイムだったのがデカい。
      • 横浜F・マリノスはその前年(第83回大会)も、市立船橋高校相手に苦戦を強いられており(2-2の末PK戦でなんとか勝利)J1王者が高校生に負けるという珍事が発生する寸前であった。この試合もNHK-BS1で中継されていた。
  2. 「ジャイアント・キリング」とされる状況の例
    • JFL以下の社会人チーム、高校生や大学生などの学生チーム、Jリーグクラブ下部組織のアマチュアチームやユースチーム…といったクラブあるいはチームが、プロチームであるJクラブに勝利。
    • その年のJ2の下位クラブが、その年のJ1の上位クラブに勝利。
    • 2009年からはJ1・J2・JFLシードが2回戦からに戻ったので、さらなる増加が期待される。
      • J3のクラブは原則として都道府県予選を通過しないといけない。
        • そのため、J3に複数のクラブがある県では割を食うところが出る。
      • 2015年にレギュレーション変更。ACL準々決勝進出チームは4回戦から登場というシードが設定されたため、J2・JFLと前年度にJ2で2位、プレーオフ勝利でJ1昇格したチームは1回戦からの登場になった。
      • 今後もこの形式が続く場合、ACLの成績によってJ1下位やJ2、JFLのシードの扱いが変わると思われる。
      • JFLが2回戦シードだったのは2011年まで。2012年以降は出場枠が1枠だけになり、登場するのも1回戦からに。
  3. 少なくとも「お菓子杯」よりはステータスは高い。
    • モデルとなったイングランド・FA杯と同じ。伝統と格式のお陰で、リーグ戦とは別の世界を築いている。
      • FA(協会)のカップとエンペラーのカップという点では、ある意味FA杯を上回るのかも知れない。
      • ただ伝統も格式も外国人選手には伝わらないので、いくら勝ち進んでもクリスマス前に国に帰ってしまう。
    • 大分は逆だと思っているようだ。
    • 仙台もそう思っている傾向がある。
      • お菓子杯もなんだかんだで10年近く同じスポンサーで居てくれている。ありがたや。
  4. ニューイヤー駅伝→天皇杯決勝、が日本の元日の正しい過ごし方である。
    • さらに言ってしまえば翌日には箱根駅伝につながるのがデフォ(関東限定)。
      • 日テレ系列で放送されているので、決して関東限定というわけではない。
    • 2000年、世のコンピューターがこぞって問題にさらされ、元旦出勤を命じられそうになったときにまで、この大会の決勝観戦に行くことを理由にして免れることが出来たほど、正常な新年のむかえ方と認められている。(byJオリジナル10のチームのスポンサー会社の元従業員)
  5. 韓国では「日王杯」。
    • こんなとこまで意地張らなくても。
  6. J1もJ2もリーグ戦の順位でトーナメント表が決定してしまうため、天皇杯を戦う頃にはリーグ戦ではかなり順位差が付いている場合もある。
  7. 2009年からACLの規定改正により、アマチュアチームは天皇杯で優勝してもACLの出場権は得られなくなったが、あまり知られていない。
    • 降格で来期J2が決まっているチームでも優勝すればACL出場はOK。・・・日程的にハードすぎるが。
  8. 都道府県予選で出場を得るためには、場合によっては長い道のりを経験しなければならないことも。都道府県リーグのかなり下のカテゴリにいる社会人チームなんかは「特に」である。
    • 地域リーグにいるチームは勝ち進むと全社や地決とかぶりめちゃくちゃしんどくなる。
  9. 第1回大会優勝の東京蹴球団が現存しているのをどれくらいの人が知っているかな?(東京都リーグ3部)
    • 実は第3回大会優勝のアストラ倶楽部も現存している。(東京都リーグ1部)
  10. 番狂わせを起こすと「誰得」な場所での試合を余儀なくされる。
    • 2012年の3回戦、J1札幌を倒したJFLの長野とJ1東京FC(昨年度天皇杯優勝チーム)を倒した横河武蔵野が対戦したのがこともあろうに札幌の厚別競技場orz。しかも平日ナイターorz。観客数は100名orz。
  11. J1とJ2のチームは無条件で出場できるため、Jリーグクラブが増えるたびにアマチュアシード枠が縮小される。
    • かつて存在した高校シード枠に続いて、大学シード枠も消滅。さらにJFLシード枠も1つだけになった。
      • そろそろJ1はともかくJ2の無条件シードはやめたらと思う。
  12. 1968年から2003年までは全試合12月前後に行われていた。
    • プロ野球でいうポストシーズンの代わりともいえた。
    • 2004年から寒冷地の北海道・東北・北陸に配慮して9月開幕になる。2010年代には8月開幕に。
    • 2017年からは過密日程解消のために4月や5月開幕に。もはやJリーグと並行開催に。
      • Jリーグ、ルヴァンカップ、天皇杯の開催期間がほぼ丸かぶり。これだとルヴァンカップの存在意義が…

関連項目[編集 | ソースを編集]

明治安田生命 Jリーグ 2023

J1リーグ
北海道コンサドーレ札幌 鹿島アントラーズ 柏レイソル 浦和レッドダイヤモンズ FC東京 川崎フロンターレ 横浜F・マリノス 横浜FC 湘南ベルマーレ アルビレックス新潟 名古屋グランパス 京都サンガF.C. ガンバ大阪 セレッソ大阪 ヴィッセル神戸 サンフレッチェ広島 アビスパ福岡 サガン鳥栖
J2リーグ
ベガルタ仙台 ブラウブリッツ秋田 モンテディオ山形 いわきFC 水戸ホーリーホック 栃木サッカークラブ ザスパクサツ群馬 大宮アルディージャ ジェフユナイテッド市原・千葉 東京ヴェルディ FC町田ゼルビア ヴァンフォーレ甲府 ツエーゲン金沢 清水エスパルス ジュビロ磐田 藤枝MYFC ファジアーノ岡山 レノファ山口FC 徳島ヴォルティス V・ファーレン長崎 ロアッソ熊本 大分トリニータ
J3リーグ
ヴァンラーレ八戸FC いわてグルージャ盛岡 福島ユナイテッドFC Y.S.C.C.横浜 S.C.相模原 AC長野パルセイロ 松本山雅FC カターレ富山 アスルクラロ沼津 FC岐阜 FC大阪 ガイナーレ鳥取 カマタマーレ讃岐 FC今治 愛媛FC ギラヴァンツ北九州 テゲバジャーロ宮崎 鹿児島ユナイテッドFC FC琉球
Jリーグ百年構想クラブ
ラインメール青森 Cobaltore女川 栃木シティFC VONDS市原 南葛SC Criacao Shinjuku ヴィアティン三重 奈良クラブ 高知ユナイテッドSC ヴェルスパ大分 沖縄SV
関連項目
JFL (Honda FC) 地域リーグ 地域CL 北海道 東北 関東 北信越 東海 関西 九州 都道府県リーグ 活動休止・終了したサッカークラブ サッカー天皇杯 女子リーグ その他の大会 スタジアム 偽モノ 偽モノ/クラブ別 偽スタジアム