苗字の秘密/か

ナビゲーションに移動 検索に移動

[編集 | ソースを編集]

甲斐[編集 | ソースを編集]

  1. 本来難読なはずだが、多い名字とあって誰でもすんなり読める(伊丹、清水、伊達、長谷川、服部、三宅etcも同様)。
  2. 山梨県発祥だが、九州中南部に多く、熊本・大分・宮崎・鹿児島の4県で6割を占める。
  3. 宮崎県北部の延岡市で最多姓
    • 宮崎県全体では4位。
  4. 福岡ソフトバンクホークスの捕手、「甲斐キャノン」が有名。
    • あとは甲斐よしひろや彼が所属した甲斐バンドも。
  5. STU48では甲斐心愛がいる。

海津[編集 | ソースを編集]

  1. 北陸、東海、近畿地方に多い。
  2. 「かいづ」と重箱読み。
  3. この姓の存在により、岐阜の海津市が合成地名だと思われない。

海沼[編集 | ソースを編集]

  1. これまた重箱読みの苗字。
  2. 「沼」が付くように東日本に多い。
  3. EXILETRIBEのメンバーで有名になった。

鶏冠井[編集 | ソースを編集]

  1. 京都府向日市に多い。
  2. 俳優が有名だが、彼は神奈川県出身。
  3. 読みは「かいで」「かいでん」「かえで」「かえでい」と複数ある。

海渡[編集 | ソースを編集]

  1. 関西人であれば2022年に入社したMBSの女子アナが有名。
  2. 大手の問屋であるエトワール海渡もある。もちろん創業者がこの姓。

かいとう[編集 | ソースを編集]

  1. おおよそ「海藤」か「皆藤」に分かれる。
  2. 前者は横浜高校ボクシング部元監督が有名。
  3. 後者はフリーアナウンサーが有名。

改野[編集 | ソースを編集]

  1. 兵庫県の西播地域にありがちな姓。

開発・開發[編集 | ソースを編集]

  1. 新潟県出身の某大物YouTuberの本名。
  2. 新潟県上越地方や北陸3県に分布。

改発[編集 | ソースを編集]

  1. 「開発」は北陸に多いがこちらは兵庫県播州地域に多い。

貝原[編集 | ソースを編集]

  1. かつて兵庫県知事にいた。
  2. 江戸時代の学者貝原益軒も有名。

海部[編集 | ソースを編集]

  1. 何と言っても総理大臣が有名。
    • 同じ苗字の天文学者がいるが、上記の総理大臣の親類。
  2. 地名だと「あま」と読む。
    • 上記の総理大臣の選挙区には海部地域全域が含まれていたので大変紛らわしく、それが合併に際して「あま市」と平仮名表記になる遠因となった。

嘉数・賀数[編集 | ソースを編集]

  1. 沖縄ではわりとメジャーな姓。
  2. 嘉と賀がごっちゃにされがちなのは日常的である。
    • 前者はしずかちゃんの声優、後者はauシカを考案した郷土史家が知られる。
    • 事実佐賀もかつては「佐嘉」と表記した。

香川[編集 | ソースを編集]

  1. この苗字と同じ県名の香川県に多い。
    • 「香川県民の香川さん(君)」とネタにされる。
    • 栃木の栃木さん、福岡の福岡さんも。
  2. 一昔前なら「ドカベン」とあだ名を付けられた。
  3. 今だとサッカー選手、もしくは昆虫好きの俳優を思い出す人に二分される気が。
    • ちなみにニュース番組で前者の話題の際、なぜか後者の映像が流れたことがあった。
    • 前者は大のうどん好きでもあるためよくネタにされる。
  4. 『鹿川』などもいる。
    • 『賀川』も。こちらは社会運動方面で知られる。

各務[編集 | ソースを編集]

  1. 東海地方民なら各務原市の影響で読めるかと思いきや、「かかみ」「かがみ」「かくむ」がある。
    • その各務原市も「かがみがはら」「かかみがはら」「かがみはら」など複数の読み方がある。

明松[編集 | ソースを編集]

  1. 「かがり」とかなり難読。
  2. 大阪府の南端部に分布。

賀喜[編集 | ソースを編集]

  1. 徳島県に多い。
  2. 乃木坂46ファンはカッキー(賀喜遥香)を連想。

垣内[編集 | ソースを編集]

  1. 大きく分けて「かきうち」「かいと」に読み方が分かれる。
    • 「○垣内」という苗字もある。
    • 「○垣内」だと「がいと」と濁ること、「かいち」「がいち」もある。

賀来[編集 | ソースを編集]

  1. 有名な俳優が男女1人ずついる。
    • しかも両者は親戚関係にある。
  2. キヤノンの中興の祖も。
  3. 大分県に多い苗字。賀来駅も大分県にある。
  4. ドラゴンクエストファンはつい「ガライ」と読みたくなる。
  5. 中日で名を馳せた台湾人投手の「郭」さんが帰化するときは残念ながらこの字にしなかった。

角田[編集 | ソースを編集]

  1. 「かくた」「かくだ」「かどた」「すみた」「すみだ」「つのた」「つのだ」等いくつか読みがある。
  2. 下記の「角谷」同様に振り仮名がなければ誤読しやすい。
  3. アリさんマークの引越社の創業家。
  4. 東京03のボケの人。

加計[編集 | ソースを編集]

  1. 広島県西部に多い。
  2. 1951年生まれの某学園理事長が有名。

[編集 | ソースを編集]

  1. 「かけい」と「かけひ」があるが、前者が多い。
    • 後者は連続殺人で死刑が確定した老女が有名。
    • 前者は筧利夫、筧美和子が有名。
  2. 「掛井」・「掛樋」もある。
  3. 「掛井」は静岡県や愛知県東三河に多い。

かけはし[編集 | ソースを編集]

  1. 「梯」と「掛橋」がある。
  2. 乃木坂46ファンは掛橋沙耶香を連想。

欠端[編集 | ソースを編集]

  1. 「かけはた」と読む。
  2. 岩手県二戸市辺りに多い。
  3. かつて横浜ベイスターズに在籍した投手にこの苗字の人がいた。
    • 彼も二戸市出身である。

掛布[編集 | ソースを編集]

  1. ミスタータイガースを連想。
  2. 全国でも1000人に満たない。
    • そのうち、愛知県で大半を占める。上記の人物は新潟県生まれ千葉県育ちだが祖父が愛知県出身。
  3. 後ろにある漢字一文字を付けると…。

かげやま[編集 | ソースを編集]

  1. 「景山」「影山」「陰山」「蔭山」がある。
  2. 「景山」と「影山」は島根県に、「陰山」と「蔭山」は徳島県に多い。
  3. 「影山」より「景山」の方が多い。
  4. 日向坂46ファンは影山優佳(影ちゃん)を連想。
    • 非日向坂ファンのサッカーファンにも名前が浸透しつつある。

加古[編集 | ソースを編集]

  1. 関西人は100%加古川市を連想、加古川市をネタにする。
  2. ピアニストと絵本作家が有名だが、後者はペンネーム。

加護[編集 | ソースを編集]

  1. 元モー娘。が有名。
  2. 奈良県中和地域に多い。
    • 上記の元アイドルも、大和高田市の出身。

籠池[編集 | ソースを編集]

  1. 香川県高松市に多い。
    • 多いと言っても絶対数が少ないので目立たない。
    • とは言え、高松市民に居る分だけで全当事者の3割弱に達する。日本人全体では100名にも満たないレア姓。
  2. 某学園の元理事長が有名。上記の加計理事長とは1学年違いの1953年2月生まれ。

鹿児島[編集 | ソースを編集]

  1. 鹿児島県発祥だが、鹿児島県には少なく福岡県に多い。
  2. 関西では放送作家を連想する。

かさい[編集 | ソースを編集]

  1. 「か・さい」と「かさ・い」で表記が割れる。
    • 前者は「葛西」「河西」など、後者は「笠井」など。
      • 「葛西」はJR東海の元社長やスキーの選手が有名。地域的には青森県に集中する。
        • 大手育児用品メーカーも「葛西」だが、こちらは読みは「かっさい」。
        • かつて阪神タイガースの投手にもいた。
      • 「河西」は元AKB48のメンバーを思い浮かべる。
        • 「かさい」のほか「かわにし」と読むケースもある。
      • 「笠井」は元フジテレビアナウンサーを連想。

かさぎ[編集 | ソースを編集]

  1. 「笠置」と「笠木」がある。
    • 前者は女優の笠置シヅ子が有名。
      • 但し芸名であり、出身も下記とはかけ離れた香川県である。
      • デビュー当初の芸名は「三笠」だったが、三笠宮家が創立された際に皇族と同じ名乗りになることを憚り、「笠置」に変えた。
  2. 笠置町があるのは京都府だが、笠置姓は大分県に多い。

笠原[編集 | ソースを編集]

  1. 「朝原」と聞き間違えられる。
  2. 団塊ジュニアや80年代前半生まれは一時期、麻原(本名は「松本」だが)といじられた。
  3. 地理の授業で小笠原諸島が出たらネタにされる。
  4. 信越地方や北関東に多いが、地名として存在する岐阜県や茨城県ではそれほど多くない。

風間[編集 | ソースを編集]

  1. 関東・甲信越に多い。
  2. サッカーファンは風間八宏を連想する。
  3. 俳優に多いが、杜夫とトオルは芸名、俊介は本名。
    • クレヨンしんちゃんでもお馴染みだが、こちらはトオルが由来。
  4. スケバン刑事を連想する人も。

かじ[編集 | ソースを編集]

  1. 漢字表記は「加地」「加治」「梶」「鍛」などがある。
    • 「鍛冶」もある。
  2. 「加地」は元プロサッカー選手とシンガーソングライターが有名。
    • あとはテレ朝のプロデューサー
    • 「梶」は声優が有名。
    • 「加治」は腸活の女王が有名だが、本名かどうかは不明。

かしい[編集 | ソースを編集]

  1. 「香椎」と「樫井」があるが、前者が圧倒的に多い。
  2. 「樫井」は大阪府泉南地域に集中している。
  3. オダギリジョーの妻の旧姓は前者。

柏梨田[編集 | ソースを編集]

  1. 大阪府と兵庫県の府県境付近に分布。
  2. 兵庫県猪名川町発祥。
    • 紫合」と双璧をなす。

樫尾[編集 | ソースを編集]

  1. カシオ創業者の姓。高知県に多い。

樫木[編集 | ソースを編集]

  1. 大阪府泉南地域に多い。
  2. カーヴィーダンスを連想する。

樫野[編集 | ソースを編集]

  1. パヒュームのかしゆかを連想。
    • あと、夢色パティシエールのスイーツ王子も忘れるんじゃね~ぞ!

梶野[編集 | ソースを編集]

  1. 特区が作られそうになるほど優遇されている苗字。

梶原[編集 | ソースを編集]

  1. 梶原さんは200位以内に入っており、梶が付く姓で圧倒的に多い。
  2. 北海道から鹿児島までまんべんなく分布。
  3. 東京都と大阪府はともにランキングは同じくらい。
    • このため、「梶原の梶」と言う人が多い。
  4. 1番有名なのはキンコン梶原(カジサック)。
  5. 読みは圧倒的に「かじわら」だが「かじはら」と読む人もある。
    • 東京オリンピック銀メダリストの女子自転車選手がそれ。
    • サントリー「自分防衛団」CMや大河ドラマの脇役などで有名なあの人も。
  6. 1985~2001年の岐阜県知事(梶拓と呼ばれた)。

かしま[編集 | ソースを編集]

  1. 大半は「鹿島」だが、「加島」や「鹿嶋」や「嘉島」もある。
  2. 建設会社のように「かじま」と濁る場合もある。

樫山[編集 | ソースを編集]

  1. 兵庫県三木市発祥。
    • その三木市からほど近い小野市内には「樫山駅」も存在する。
  2. オンワード。
  3. あの「紀州のドン・ファン」の旧姓がこれ。
    • それを悪用して、上記オンワード樫山の本社前で社名を騙った貸金業のティッシュを配ったことがあるらしい。
    • 実際に和歌山県田辺市に多いらしい。
  4. 「白梼山」と表記することもある。
    • そこの一族からオンワードの創業者や女優の樫山文枝が出た。
    • こちらは小諸の樫山家が分家した際に表記を変えたのだそうだ。
      • オンワードや文枝は本家筋のほうなので「樫山」。

賀集[編集 | ソースを編集]

  1. 淡路島(特に南あわじ市)にありがちな姓。
  2. 俳優が有名。彼は同じ兵庫県でも尼崎市出身だが、先祖が南あわじ市出身。
  3. あだ名は「ナッツ」。

[編集 | ソースを編集]

  1. 常磐線沿線民や柏市民だとネタにされる。
  2. サンフレッチェ広島サポーターは柏好文を連想。ただしこの人も柏市出身でない上に柏レイソルへの所属経験もない。
    • そもそも、レイソルに柏姓の選手が所属したことがない。
  3. 初期の乃木坂46にいたが、千葉ではなく神奈川出身。

柏木[編集 | ソースを編集]

  1. AKB48ファンは由紀、エビ中ファンはひなた、サッカーファンはFC岐阜の柏木陽介を思い浮かべる人が多いはず。
    • ちなみにひなたは出席番号、陽介は背番号とともに「10番」という共通点も。
      • ただし陽介は岐阜に移籍してから、背番号は「42」になった。
  2. 年配の人は坂本九の奥さんを思い出す人もいるだろう。
  3. 神奈川、特に西湘地域に多い(但し↑の3人はそれぞれ鹿児島、千葉、兵庫出身)
  4. バスケットボールファンは柏木真介(北海道出身)を連想。
  5. 関西地方ならば毎日放送のアナウンサー

柏倉[編集 | ソースを編集]

  1. 「かしわくら」「かしわぐら」「かしくら」などの読みがある。
  2. バスケットボール選手のうち、三菱電機にいたのは「かしわくら」、滋賀にいるのは「かしわぐら」。
  3. ちびまる子ちゃんのはまじ役の人も忘れないように。

柏崎[編集 | ソースを編集]

  1. 新潟県柏崎市をネタにされる。

柏原[編集 | ソースを編集]

  1. 西日本がやや優勢。
  2. 多くは 「かしわばら」 と読むが、「かしわら」 や 「かしはら」 、「かしわはら」 などの読み方もある。
    • かつての箱根駅伝の山の神は 「かしわばら」 。
    • 大阪府中河内にある市は 「かしわら」 。
      • 兵庫県の地名は「かいばら」。
    • 昭和期のアイドルの芳恵は芸名が「かしわばら」、本名が「かしはら」という変化球。
    • 東日本は「かしわばら」が多く西日本は「かしわら」「かしはら」が多い。

春日[編集 | ソースを編集]

  1. 本来難読だが、全国的に「かすが」と読む地名が多いので誰でも読める。
    • 「はるひ」と呼ばれることはほぼなく、逆に愛知県清須市春日町(はるひちょう)を「かすがまち」と誤読されやすい。
  2. 奈良市の春日大社があまりにも有名。
  3. 春日が付く市は全国3市ある。
  4. 長野県に割合が高い。
  5. 最も有名な春日さんといえば、トゥースでお馴染みオードリーのボケ(所沢市出身)。
    • その父親は上記の長野県出身。

春日井[編集 | ソースを編集]

  1. 東海地方と近畿地方に多い。
    • 特に春日井市のある愛知県北尾張地方及び岐阜県美濃地方。
  2. 「春日居」もある。
  3. 春日井製菓は創業者が春日井さん。
    • なのだが、春日井市にも工場があるせいか創業者由来だと気づきにくい。
      • それより最も気付きにくいのがその春日井製菓の本社のある名古屋市西区の一部が旧春日井郡であったこと。東海地方の春日井姓は春日井郡から命名されたのが多いので、春日井製菓が地名の春日井と関係がないとは言い切れない。
  4. 「鎹」もあり、これも北尾張や美濃にありがち。
  5. 春日井静奈は青森県出身だが、東北地方で春日井さんは少ない。

数原[編集 | ソースを編集]

  1. EXILEのメンバー(ダウンタウンと同郷)が有名。
  2. 上記「かずはら」の他に「すはら」もあり、こちらは三菱鉛筆の創業家にいる。
  3. 「金曜ロードショー」オープニングテーマのトランペットを担当していたミュージシャンも忘れんといて下さい。

粕谷[編集 | ソースを編集]

  1. 愛知県の知多半島に多い。
  2. モード学園の創業者はこの姓。
  3. この苗字の東京都の政治家がいた。

片岡[編集 | ソースを編集]

  1. 「つる」というあだ名が付けられることもしばしば。
    • 言うまでもなく片岡鶴太郎氏に由来。
      • 片岡鶴太郎は芸名だが、師匠の片岡鶴八は本名(片岡保夫)。
    • 元阪神の片岡篤史選手も現役時代星野監督に「つる」と呼ばれていたらしい。
  2. 歌舞伎界にもよくある苗字。勿論本名ではないが。
    • 「市川」「中村」も同様。
      • 片岡孝夫(現芸名・片岡仁左衛門)氏は本名。
        • 片岡愛之助は養子で片岡姓になった。
  3. のび太の母親の旧姓。
  4. 富士山を題材にしたことで知られる女性画家も有名。ちなみに上記のび太の母親とは名前がよく似ている。
  5. EXILE NAOTOの本名もこれ。
  6. 王寺町の町名の由来になった。
    • 王寺町に片岡山荘がある。
    • 近隣の上牧町には片岡台もある。
  7. 片岡駅は宇都宮線にあるが、片岡さんは西日本に多い。
    • 女優の片岡凜は隣の群馬県出身。ただ群馬県では片岡姓は少ない。
  8. 片岡物産も忘れずに。

片瀬[編集 | ソースを編集]

  1. 大物女優が2人、世代によってそれぞれの連想対象は異なる(どちらも芸名)。
  2. 鉄道マニアは江ノ島を思い浮かべる。

片野[編集 | ソースを編集]

  1. 下記の「片野坂」より多い。
  2. 北九州市小倉北区発祥。
  3. 関西人なら誰もが交野市を連想する。
  4. ウチナーンチュならRBCのアナウンサーを連想する。

片野坂[編集 | ソースを編集]

  1. 大分トリニータの監督や、全日空の社長が有名。
  2. 全国的には少数派だが鹿児島県に多く、上述の2人も鹿児島県出身。
  3. 「片野」同様に関西では交野市を連想される。

片平[編集 | ソースを編集]

  1. 2時間サスペンスドラマで定番の女優が有名。
  2. 関西ではカンテレの気象予報士(さいたま市岩槻区出身)も有名。

片山[編集 | ソースを編集]

  1. 西日本(特に岡山県)に多い。
  2. 最も多いのは大阪府、最も密度が高いのは岡山県。
    • 片山虎之助は岡山県出身、隣の鳥取県の片山前知事も岡山県出身。
    • でも発祥の地は埼玉県新座市片山だったりする。
    • 片山さつきはその埼玉県出身だが結婚前は異なる苗字だった。

片寄[編集 | ソースを編集]

  1. EXILEファンには有名(大阪府八尾市出身)。
    • 但し大阪では少なく、福島県や島根県で多い。
  2. 元ロッテンハッツのボーカルも。

[編集 | ソースを編集]

  1. 勝海舟が有名。
  2. 俳優の勝新太郎は芸名。

勝浦[編集 | ソースを編集]

  1. 関東人は千葉県勝浦市を、関西人は和歌山県那智勝浦町を、四国人は徳島県勝浦町を連想。

勝田[編集 | ソースを編集]

  1. 70年代に近畿・東海地方で発生した連続殺人事件の元死刑囚(現在の木津川市出身)が有名。
  2. 常磐線の駅をネタにされる。
    • 千葉県では京成本線と東葉高額鉄道の乗換駅をネタにされることも。
  3. 「しょうだ」と読むこともある。かつてのテレビ朝日のアナウンサーがそのパターンだった (現在は社会部の記者) 。
  4. 声ヲタには「鉄腕アトム」のお茶の水博士の中の人を連想する。

かつまた[編集 | ソースを編集]

  1. 「勝又」「勝俣」「勝亦」「勝間田」など漢字表記のバリエーションは豊富。
  2. この苗字の有名人といえば勝俣州和だろう。
    • 彼は静岡県の代表みたいに言われているが、静岡県では「勝又」表記の方が多い。「勝俣」はむしろ神奈川県(特に西湘地方)の方が多い。
      • 逆に将棋棋士の勝又清和は神奈川県民。
  3. 地域的には基本的に御殿場市を中心とする駿東・伊豆・西湘・富士五湖方面に集中している。
    • 当地では「にんべんまた(勝俣)」「あかまた(勝亦)」「かつかんでん(勝間田)」「ひっかけまた(勝又)」「にくまた(勝股)」と使い分けるのが基本。

勝村[編集 | ソースを編集]

  1. 俳優が有名。

勝山[編集 | ソースを編集]

  1. 「上から聞き流す」で07年にブレイクした一発屋芸人が有名。

[編集 | ソースを編集]

  1. 特に中高年男性だと頭見て冷やかされる。
  2. 落語界にもよくある苗字。勿論本名ではないが。
    • ただし、初代桂文枝は明治維新後に本名にした。
    • 朝日放送のアナウンサーにもいる。
  3. 韓国にもいる。当然、読みは「ケー」だけど。

葛城[編集 | ソースを編集]

  1. 元阪神のプロ野球選手と「ボヘミアン」がヒットした女性歌手が有名。
  2. 大阪府、岡山県、大分県に多い。
    • 上記の野球選手も大分県出身。
    • 上記の女性歌手は岡山県出身。
    • その反面葛城市のある奈良県では少ない。

勝呂[編集 | ソースを編集]

苗字の秘密/さ行#勝呂を参照。

勘解由小路[編集 | ソースを編集]

  1. 5文字で難読で非常に珍しすぎる。
    • 「かでのこうじ」 と読む。
  2. 苗字分布やランキングでも不明と表示される。スーパーレアだ。
    • 山口県に現存している。志賀直哉夫人も旧姓がこれで、ここの一族の出とのこと。

加藤[編集 | ソースを編集]

  1. 90%の確立で「カトちゃん」「茶」「ペ」など加藤茶氏由来のあだ名である。
    • たまに「加ト吉」もあったりする。加ト吉はテーブルマーク創業者(加藤義明)の祖父に由来。
    • 腐ったミカンも。
    • 加藤鷹を忘れるな。
    • 加藤1239段も。
    • 極楽とんぼの加藤浩次も。
    • ロシアのお騒がせユニットが一世を風靡した頃は、これになぞらえて「k.A.T.u.」とあだ名されることもしばしばあった。
    • NEWSメンバー兼小説家の加藤シゲアキも。
  2. 苗字ランキングで全国10位だが、「伊藤」と同じく半数を東海地方が占めている。
    • 加藤あい・加藤晴彦(ともに愛知県出身)など、加藤姓の有名人にも東海地方出身が目立つ。
    • 岐阜県で最多姓。愛知県で鈴木に次いで2位、三重県で6位(北勢地域は伊藤に次いで2位)、静岡県で8位。
    • 「伊藤」と同じく最も世帯数が多いのは愛知県。愛知県で「鈴木」に次いで、名古屋市で「伊藤」に次いで多い。かつて名古屋市にカトー無線という家電量販店があった。
    • 愛知県瀬戸市では最多姓どころか12万8千の人口に対して1万6千人がいることになっているので、8人に1人が加藤さん。
      • 第48代衆議院議長の加藤鐐五郎は選挙区こそ名古屋市だったが出身地は瀬戸市。
  3. 手書きでは「加ト」と書かれやすい。
  4. もともとは「加賀の藤原」だが、北陸では特に多くない。現在の石川県から三重県鈴鹿市へ移り住んだことで東海地方に広まった。
  5. 人名としての「加藤」を手話で表現する際、指文字で「か・と・う」とする場合もあれば、「カトちゃんペ」のジェスチャーで通じる場合もある。
  6. 東日本では「山本」を上回る。
  7. 坂道シリーズでは日向坂46の加藤史帆(としちゃん)のみ。
    • 乃木坂46や欅坂→櫻坂46に加藤姓は卒業メンバーを含め不在。
  8. 鉄道模型の関水金属がブランドをKATOとしているのは、創業者の加藤に由来。
  9. 能代工業高校バスケットボール部監督は2代続けてこの苗字だった。
  10. 美空ひばりの本名もこれ。
  11. AKB48ではれなっちがいた。
  12. 同音異字の「嘉藤」「歌藤」もある。
    • 前者は特に島根県に多い。
    • 後者はオリックスなどに在籍した野球選手にいた。

上遠野[編集 | ソースを編集]

  1. 岩手県や宮城県に多い。
  2. 「かとうの」
    • なので「かとんぼ」などと言われがち

門上[編集 | ソースを編集]

  1. 関西では有名な飲食店ライターの姓。

かどかわ[編集 | ソースを編集]

  1. 「角川」「門川」2通りの表記がある。
    • 前者は出版・映画業界の大手企業が、後者は2021年現在の京都市長が有名。
  2. 「角川」の方は富山市の水橋地区から滑川市にかけてよくある苗字。KADOKAWAの創立者も富山市水橋の産まれ。
    • 富山県境に近い岐阜県飛騨市にJR角川駅があるが、読み方は「つのがわ」。

門倉[編集 | ソースを編集]

  1. 中日・巨人で活躍したプロ野球投手と演歌歌手が有名(後者は芸名)。

門田[編集 | ソースを編集]

  1. 「かどた」以外に「もんでん」と読む場合がある。
    • 「田」を「でん」と読ませる珍しいケース。
    • 会津鉄道には「門田(もんでん)駅」がある。
    • 「京田(きょうでん)」もある。但し横浜DeNAベイスターズの選手は「きょうだ」。
  2. あだ名は「もんた」だろうか。
    • ダンシング・オールナイトを歌った人の本名もこれ。
      • あだ名としてではなく、本名の読みが「もんた」というパターンもある。
  3. 関西の野球ファンからは「不惑の大砲」を思い出される。
    • もんたよしのり、門田博光とも2023年に亡くなった。
  4. 声優のファイルーズあいの苗字。

角谷[編集 | ソースを編集]

  1. 「角」という漢字は「かく」「かど」「つの」「すみ」という読み方があり、「谷」という漢字は「たに」「や」という読み方がある。これらを組み合わせて8通りの読み方ができ、それに「かどがい」さんを加えて、理屈の上では9通りに読める。あなたの近くの角谷さんは、何と読む?
    • かどがや。
    • つのがい(数学の偉い人でいる)。
    • さらに「角」という字には真ん中の縦棒が下に突き抜けている場合もある。

かとり[編集 | ソースを編集]

  1. 解散した某大物男性アイドルグループの影響で「香取」が有名だが、実は「鹿取」の方が多い。
    • そのあおりで巨人や西武にいた元野球選手が忘れられがち。
      • ちなみにどちらも欽ちゃんと関係が深い。
  2. 「香取」は千葉県東総~茨城県鹿行に多い。
    • やはり神宮の影響が大きいのだろう。
  3. あだ名は「線香」。
    • マンガ「ついでにとんちんかん」でネタになってた。

門脇[編集 | ソースを編集]

  1. 山陰地方(特に島根県東部)に多い。
  2. 女優の門脇麦が有名。
    • NMB48にもいた。
  3. 漢字を分解すると「もんつきかかか」になる。
    • それを店名にしたラーメン店が兵庫県宝塚市にある。

金井[編集 | ソースを編集]

  1. 金井克子が有名。
  2. 「金居」もあるが「ノコギリ」と呼ばれる。


金川[編集 | ソースを編集]

  1. 神奈川県をネタにされる(同県では多くない)。
  2. 発祥の地は岡山市北区の金川だが、多いのは岡山県の両隣である兵庫県と広島県である。
  3. 2008年の土浦通り魔事件の元死刑囚が有名。
    • 余談だがその事件は荒川沖駅で起きた事件であり、土浦駅で起きた事件であると度々誤解されている。ちなみに土浦市では金川は勿論荒川さんも沖さんも土浦さんも非常に少ない。
  4. 最近だと乃木坂46のメンバー(北海道出身)が有名。

神奈川[編集 | ソースを編集]

  1. 横浜市神奈川区発祥だが神奈川県には多くない。

金栗[編集 | ソースを編集]

  1. 福岡県と熊本県の県境付近に集中。
  2. 日本陸上史を語る上で重要な歴史人物が有名。
    • その歴史人物は福岡県と隣接する熊本県玉名郡和水町出身。

金沢[編集 | ソースを編集]

  1. 石川県金沢市をネタにされる。
    • 神奈川県だと横浜市金沢区も。
      • 由来は実は後者。
  2. 福島県南部に多い。
    • それに対し金沢市のある石川県では少ない。
    • というか、人口あたりでは圧倒的に東北地方に多い。
  3. 大阪や愛知といった東海近畿地方でも多いが、西日本では少ない。

蟹江[編集 | ソースを編集]

  1. 愛知県海部郡蟹江町発祥。
  2. きんさんぎんさんの片割れや俳優が有名。
    • 蟹江町を含む東海地方では東海ラジオのアナウンサーも有名。

金子[編集 | ソースを編集]

  1. 俳優に多い苗字。
    • 金子賢・金子貴俊・金子昇がよくごっちゃになる。
  2. 苗字ランキング100位以内に入る。
  3. 関東や九州に多い。
    • カズレーザーは埼玉県出身。
  4. 長崎県議→長崎県知事だった2022年現在の農水相は長崎県出身の金子氏も有名。
    • 長崎県ではそれなりの割合を占めてはいる。
    • 昇も長崎県出身。
  5. 稀に「兼子」もある。
    • 「ツービートのたけしじゃない方」の本名がそれ。
  6. あだ名は「ネコ」になりがち。
  7. 熟語だったら「きんす」と読む。

兼重[編集 | ソースを編集]

  1. ビッグモーターの創業者が有名。
  2. 「◯重」という名字のほとんどに言えるが山口県に多い。
    • 上記のビッグモーターの発祥の地も山口県岩国市

かねだ[編集 | ソースを編集]

金田[編集 | ソースを編集]

  1. 大概は「かねだ」だが、はんにゃのボケのように「かなだ」もある。
  2. 金田一(かねだはじめ)は金田一と呼ばれたり。
    • 金田一太郎(かねだ いちたろう)が(きんだいち たろう)と呼ばれる…というのが何かのマンガにあったような。
  3. 大阪府守口市の金田町は「きんだ」。
    • 同じ大阪府の吹田市には「かねでん」と読む地名がある。

兼田[編集 | ソースを編集]

  1. こちらも「かねだ」。
  2. 「鎌田」と間違えられやすい。

兼近[編集 | ソースを編集]

  1. 某お笑いコンビの片方で有名になった。
    • 間違えたらプール、パシャパシャ。

金戸[編集 | ソースを編集]

  1. 飛込一家を連想。

金成[編集 | ソースを編集]

  1. 吉本新喜劇の千葉公平の本名。
    • 但し2020年までは本名で活動していた。
  2. 「かねなり」「かなり」などの読み方がある。
    • 上記の芸人は前者。
  3. 福島県いわき市に多い。

金原[編集 | ソースを編集]

  1. 「かねはら」「かなはら」「きんぱら」に分かれる。
  2. 全国的には「かねはら」が多い。
  3. 静岡県では「きんぱら」が多い。
    • 明善で有名。
      • だが県外では「きんばら」と間違われがち。
  4. きんばらならば元日テレのアナウンサー(今は故人)

金平[編集 | ソースを編集]

  1. TBSのキャスターか協栄ジムの会長を連想する。

兼松[編集 | ソースを編集]

  1. 商社が有名。

金丸[編集 | ソースを編集]

  1. 山梨では「かねまる」が、宮崎では「かなまる」が多い。
    • 前者は昭和の大物政治家で有名になった。
  2. クッキングパパに登場する会社は「金丸産業」だが、現実でもこの姓は福岡で多く見られる。

兼光[編集 | ソースを編集]

  1. 某お笑いコンビの片方で有名になった。
    • 大阪府交野市出身だが、岡山県に多い。

金村[編集 | ソースを編集]

  1. 野球ファンには元近鉄バファローズの選手だったタレントで有名。
  2. 日向坂46にも。
  3. 坂道シリーズファン日向坂46のおすしを連想。

かの・かのう[編集 | ソースを編集]

  1. 大きく分けて「加納」と「狩野」に分かれる。
    • 前者は写真家が、後者は「ラーメン・つけめん・僕イケメン」の芸人が有名。
      • 後者は室町~江戸時代の画家狩野派や阪神の元捕手、女子バレーボールの選手もいる。
        • マリノスなどでプレーしたサッカー選手も。
  2. 珍しい「かのう」読みの姓に「嘉納」、特に講道館柔道の創始者でもある嘉納治五郎が存在する。

樺木[編集 | ソースを編集]

  1. 20年以上前にイタリアで発生した事件によって、xxx視されるようになってしまった。
  2. でも最近はさすがにそんな事件を覚えている人も少なくなってきた。
  3. それでもネット検索ではすぐ出てくる。

かばしま[編集 | ソースを編集]

  1. 樺島、樺嶋、蒲島、蒲嶋がある。
  2. 福岡県と熊本県の県境付近に多い。
  3. 樺島で有名なKABAちゃんは福岡県南部の柳川市出身、2022年現在の熊本県知事の蒲島氏は熊本県北部の山鹿市出身。

鏑木[編集 | ソースを編集]

  1. 千葉県の某地区に多い苗字。
  2. かつて携帯電話のCMでネタにされた。
    • 「鏑木だよ」「読めねーよ」
  3. 殆どは「かぶらぎ」と読むが「かぶらき」と読む場合もある。前述のCMでは「鏑」よりも「ぎ」か「き」かで苦悩する人もいた。

かまた[編集 | ソースを編集]

  1. 鎌田が大半だが、蒲田や釜田や烟田もある。
  2. 「かまだ」と濁る場合もある。
  3. 「鎌田」といえば吉幾三の本名か、「陸軍大将たあちゃん」でおなじみの仏具店。
    • サッカー選手も。

蒲池[編集 | ソースを編集]

  1. 下記の「古賀」と同様に福岡県筑後地方にありがちな姓。
  2. 松田聖子(久留米市出身。結婚前の本名が蒲池)が有名。
    • あとZARDの坂井泉水の本名も。

釜本[編集 | ソースを編集]

  1. サッカー界のレジェンドが有名。
  2. 上記の人物は京都市出身だが、この苗字は広島県に多い。

[編集 | ソースを編集]

  1. 「かみ」と読むのが一般的だが、「うえ」「かど」「のぼる」と読むこともある。
  2. 実は下姓もある。
    • 2021年現在の日野自動車会長がそれ。
  3. 名が「司」ならあだ名は上司か?
    • その人が実際に上司になったら「上司(じょうし)の上司(かみつかさ)」になる。
  4. 「上様」 名義で領収書の発行を行っていない店で領収書をもらうときには苦労するらしい。

上枝[編集 | ソースを編集]

  1. 香川県に一番多く、次いで大阪府。
  2. 元NMB48の上枝恵美加が有名だが、フルネームが見事に回文。
  3. 岐阜県飛騨地方では「ほずえ」。

神尾[編集 | ソースを編集]

  1. 元女子プロテニス選手と若手俳優が有名。
  2. 静岡県に神尾駅があり、この名字も静岡県が最多。

上岡[編集 | ソースを編集]

  1. 一番有名な上岡さんは父の旧姓に由来する芸名だった。
    • その父親の地元高知県に多い。
  2. 「かみおか」の他に「うえおか」という読みもある。
    • 元日本ハムファイターズの選手にいた。

上川[編集 | ソースを編集]

  1. 上川隆也を連想。
    • 北海道の地名も。
  2. 川上よりは少ない。
  3. 川上同様に西日本に多い。

神木[編集 | ソースを編集]

  1. 子役出身の俳優が有名。
  2. 「神○」では少ない。
    • 名字ランキング7000位くらい。

上國料[編集 | ソースを編集]

  1. 非常に珍しい苗字だが、アンジュルムのメンバーが有名になった。
  2. そのメンバーは熊本県出身だが、南隣の鹿児島県に集中している。

上坂[編集 | ソースを編集]

苗字の秘密/う#上坂を参照。

上条[編集 | ソースを編集]

  1. かみじょう。
  2. 新潟県や長野県に多い。
    • 高名な書家の上條信山も松本市出身。
      • このため松本市美術館に常設展示されている。

上地[編集 | ソースを編集]

  1. 沖縄県に多い。
    • 沖縄において主流の読みは「うえち」。下記横須賀市長は内地移住その他で読みが変化したパターンにあたる。
    • 他に紀伊半島南部にも目立つ。
  2. 2021年現在の横須賀市長。
    • その息子(おバカタレント兼歌手兼松坂大輔の高校の先輩)の方が先に有名になった。

神成[編集 | ソースを編集]

  1. 何と言っても藤子不二雄作品に登場するカミナリオヤジを連想させるが、この姓はきちんと実在する。
  2. 由来はなんと「雷」そのものである。
  3. 読みに関しては「かみなり」の他「かんなり」もある。

上沼[編集 | ソースを編集]

  1. 某大物熟女タレントの影響で淡路島に多いと誤解されやすいが、実は淡路島を含む関西では少ない。淡路島に隣接する徳島を含む四国でも少ない。
    • その熟女タレントの旧姓は橋本。夫は大阪府出身。
  2. 新潟県や長野県に多い。

神野[編集 | ソースを編集]

  1. 読み方にバリエーションがありすぎる。
    • 「かみの」 と読んだり 「じんの」 と読んだり 「かんの」 と読んだり。
      • かつての箱根駅伝の山の神、神野大地は 「かみの」 と読む。
        • 神野オキナも 「かみの」 と読む。
      • 神野三鈴は 「かんの」 。
      • 神野碧や神野純一、神野卓哉、神野眸、神野正樹、神野正史、神野三枝は 「じんの」 。
      • 神野美伽は 「しんの」 と読む。
    • 全体的には 「じんの」 が優勢だ。
  2. 一応全国に分布してはいるが、沖縄県や熊本県、新潟県などでは少なめだ。

上村[編集 | ソースを編集]

苗字の秘密/う#上村を参照。

神谷[編集 | ソースを編集]

  1. 声優とランページとバーを連想。
    • 東京では神谷町駅や王子神谷駅を連想する人もいるだろう。
    • 声優は有名なのが2人いるが、世代によって連想するのが分かれそう。
  2. 愛知県三河地方と関東地方に多いが、意外や意外、沖縄県でもけっこう多い。
    • バーの創業者が三河出身。沖縄県でも有名な民謡歌手にいる。
  3. 谷が付く苗字は西日本は「たに」で東日本は「や」の傾向だが、大谷とは逆に西日本でもほとんど「かみや」。
  4. 2021年に落選した大阪府南部出身の元自民党衆院議員は「かみたに」。

神山[編集 | ソースを編集]

  1. 「かみやま」が多数派だが「こうやま」もそれなりに存在する。
  2. 地名では大阪市北区神山町や徳島県名西郡神山町が有名。
    • 東京都渋谷区神山町も麻生大臣のお屋敷のある高級住宅地として知られる。
    • ノーベル賞を受賞した大村智博士の故郷は山梨県韮崎市神山町。
    • その割には西日本では少なく、関東に多い(最も多いのは栃木県)。
      • 競輪の神山雄一郎選手は栃木県の競輪選手である。
  3. 2021年の選挙で落選した埼玉県選出の自民党屈指の金持ち国会議員だった人は「かみやま」。

亀井[編集 | ソースを編集]

  1. 政治家と野球界に多いイメージ。
  2. 分布は西高東低で、特に広島県北部~島根県中西部に多い。
    • だが有力地方商社があるのは仙台。
  3. 「亀居」もある。

亀海[編集 | ソースを編集]

  1. 「かめがい」と読む。
  2. 北海道出身のプロボクサーを連想。

亀川[編集 | ソースを編集]

  1. 大分県に多い。

亀田[編集 | ソースを編集]

  1. 格闘家を連想。
    • それと音楽プロデューサーも。
  2. 某お菓子メーカーは創業地の地名によるもので、創立者の名は全然違う。

亀梨[編集 | ソースを編集]

  1. KAT-TUNのメンバーを連想。
    • 彼もそうだが、東京都城東地域~千葉県東葛・葛南地域に分布。
  2. 全国で200世帯程という珍しい姓。

亀山[編集 | ソースを編集]

  1. 元阪神タイガースの選手が有名。
    • あと吉本の女芸人も。40代の若さで急逝したが。余談ながら彼女は亀山市のある三重県の名張市出身、在住だったらしい。
    • 上記の選手の双子の弟である俳優も。

鴨・加茂・賀茂[編集 | ソースを編集]

  1. いずれも「鴨」に由来するが、圧倒的に「加茂」が多い。

蒲生[編集 | ソースを編集]

  1. 本来難読だが地名でありふれているから誰でも読める。
  2. 大阪市城東区の蒲生四丁目(がもよん)は有名だが、発祥は滋賀県蒲生郡。
  3. 関東だと東武本線(スカイツリーライン)に蒲生駅がある。
  4. ハンドボール界のレジェンドを連想。
    • 最近だとSUPER GTのレーサーも。
      • アナウンサーとの結婚でモタスポファン以外にも名前が知られるようになった。
  5. 京丹波町国道9号国道27号の交差点は「こも」。

鴨川[編集 | ソースを編集]

  1. 関西人は京都市の川を、関東人はシーワールドを連想。

かもん[編集 | ソースを編集]

  1. 「加門」、「嘉門」が大半。
  2. 英語の授業があまり好きではない。
    • 「come on」と似ておりいじられる。
      • 桑田佳祐の別名義「嘉門雄三」はこれが由来。
        • 「嘉門達夫」はこれを桑田佳祐その人から頂戴した形である。
  3. 掃部姓もある。律令制の官職名、掃部守が由来と考えられる。
  4. 大阪の泉佐野市辺りでは家門姓が多い。
  5. チャラリ~鼻から牛~乳~♪
    • もちろん芸名。この人の本名は「鳥飼」。
  6. 本名であれば元グラビアアイドル(石川県出身)。

[編集 | ソースを編集]

  1. 男子の体操選手が有名。

かやしま[編集 | ソースを編集]

  1. 「茅島」「萱島」双方がある。
    • 前者は若手女優が、後者は京阪の駅が有名。
    • 後者には元阪神のプロ野球選手→競輪選手もいるが読み方は「かやじま」。
      • 「萱嶋」もある。

栢木[編集 | ソースを編集]

  1. 滋賀県や京都府に多い。
    • 京滋に多い苗字全体にいえるが、大阪府でも高槻市や枚方市ではたまに見る。
  2. 「柏木」と混同しやすい。

かやの[編集 | ソースを編集]

  1. 「萱野」と「茅野」がある。
  2. 「茅野」は長野県茅野市のように「ちの」もある。
  3. 「萱野」はアイヌ初の国会議員(故人)を連想。
    • 江戸時代に赤穂浪士だった人物も。大阪府箕面市には彼の旧邸が残されている。
  4. あの花のめんまの声優は「茅野」。

柏森[編集 | ソースを編集]

  1. 読みは「かやもり」だが「かしわもり」「かすもり」もある。
  2. 愛知県にある地名は「かしわもり」。

からさわ[編集 | ソースを編集]

  1. 「唐澤」だとネット上で大炎上されまくっているあの弁護士を思わせる。
  2. 「唐沢」だったら俳優の唐沢寿明。
    • 漫画家もいる。
  3. 「柄沢」もある。
  4. 北関東(特に茨城・栃木県境付近)に多い。

烏丸[編集 | ソースを編集]

  1. 関西では京都市の大通りが有名。
  2. 関東人からは「鳥丸」と間違えられやすい。
  3. さらに「からすまる」と読み間違えられやすい。
  4. 女優の烏丸せつこは芸名。

烏森[編集 | ソースを編集]

  1. 「かすもり」と「からすもり」がある。

烏山[編集 | ソースを編集]

  1. 関東に多い。
  2. 「鳥山」と間違えられやすい。

狩俣[編集 | ソースを編集]

  1. 沖縄県民なら誰もがあのRBCアナウンサーを連想。
  2. 県外民にとっては、響きが沖縄っぽくないせいか沖縄のイメージが薄い気がする。
  3. 沖縄でも宮古島に特に多く、この点は川満とも共通している。

かわい[編集 | ソースを編集]

  1. 全国各地にまんべんなく分布するが、特に中部地方と近畿地方で割合が高い。
  2. やはり多数派は「河合」だが、「河井」や「川合」や「川井」にも著名人が存在するので、上記「いとう」さんの少数派のような肩身の狭い思いはあまりしないらしい。
  3. 「川居」、「河居」、「川相」、「河相」もある。
  4. 「河井」姓では旧長岡藩士の河井継之助など。
    • 最近だとアインシュタインのイケメンの方。
    • 2023年現在の大阪メトロの社長も。
  5. 「川合」姓では元バレーボール選手の川合俊一。
  6. 「川井」姓ではモータージャーナリストの川井一仁。
    • 河合じゅんじも忘れるなかれ。
    • パッパラー河合も。
    • レスリングの川井姉妹も。
    • 岐阜県出身の某俳優の本名も。
  7. ちなみに多い順に並べると、「河合」>「川合」>「川井」>「河井」>「川居」>「河居」>「川相」>「河相」になる。
  8. 「川井」は意外と「河合」や「川合」よりも少ない。
  9. 「河合」姓では80年代の女性アイドルがいる。
  10. 河相我聞をはじめとする、「かい」姓と度々混同される。
    • 元プロ野球選手の川相昌弘は「かい」と読むので益々紛らわしい。
  11. 駄洒落で「かわいい人」と言われやすい。
  12. 楽器や肝油ドロップを思い浮かべる事も少なくない。

川内[編集 | ソースを編集]

  1. 東北地方の太平洋側に多い。
  2. 公務員ランナーが有名。
    • あとは「おふくろさん」の作詞家も。
  3. 「かわち」「せんだい」もある。
  4. 薩摩川内市がネタにされる。ややこしいことに、仙台市に太白区川内(かわうち)がある。
    • 仙台市にも川内駅がある。
  5. これに限らないが、「河内」のような「河」も多い。

川栄[編集 | ソースを編集]

  1. 元AKB48の女優が有名。
  2. 全国で100人いるかいないかの珍しい苗字。
    • 地域的に見たら福井県に多い。但し上記の女優は神奈川県出身。

川勝[編集 | ソースを編集]

  1. リニア中央新幹線に反対している静岡県知事が有名。
    • あとは南海ホークスのオーナーも務めた南海電鉄の元社長も。
    • 元サッカー選手・監督の川勝良一も。
  2. 京都や大阪と言った関西に多い。
    • その両府だけで半分以上を占める。
    • 上の静岡県知事も出身は京都。
  3. ルーツを辿れば秦氏に行き着くので、この姓の直接の由来は文字通り「秦河勝」になる。

川上[編集 | ソースを編集]

  1. 某球団のV9時代の監督が有名。
  2. 元中日ドラゴンズの選手も。
  3. 西日本に多い(前者は熊本出身、後者は徳島出身)。
  4. 元女子サッカー選手(兵庫出身)も。
  5. 「河上」も割と多い。
  6. 大半は「かわかみ」だが、稀に「かわうえ」もある。

かわきた[編集 | ソースを編集]

  1. やはり「川北」「河北」双方の表記がある。
    • 「河北」は女性モデルとメイクアップアーティストが有名。
    • 数の上では「川北」が優勢(「川北」が苗字ランキング1500位前後に対し「河北」は4000位前後)。

かわぐち[編集 | ソースを編集]

川口[編集 | ソースを編集]

  1. 埼玉県川口市があまりにも有名だが、どちらかといえば西日本に多い。
    • 一番多いのは大阪府で、大阪市西区の地名にもある。
  2. 90年代はサッカー選手が有名だった。
    • その前は探検隊が有名。
  3. 最近では、若手女優の川口春奈(長崎出身)や川口葵(兵庫出身)を連想。
  4. グッチーと呼ばれやすい。

河口[編集 | ソースを編集]

  1. 河口湖をネタにされる。
  2. 河口恭吾が有名。
    • 元アメリカンフットボール選手も。

川越[編集 | ソースを編集]

  1. 埼玉県南部の市をネタにされやすいが、埼玉県ではなく宮崎県に多い。
    • かつて一世を風靡したシェフも宮崎県出身。
  2. 三重県にも川越町はあるが、三重県も埼玉県同様にあまり多くない。

川崎[編集 | ソースを編集]

  1. 神奈川県川崎市があまりにも有名だが、「川崎」さんは西日本に多い。
    • 川崎麻世も京都生まれ大阪府育ち。
      • 特に鹿児島県に多い。
        • 鹿児島県出身の川崎さんといえばなんと言ってもムネリン。
          • 川重の本社並びにその創業者の出身地が鹿児島のためか神戸にも多い。
  2. 川崎重工業や川崎医科大学は川崎市ではなく創業者の苗字に由来する。前者は神戸市に、後者は岡山県倉敷市にある。
    • 但し、両者とも創業者は鹿児島県出身でありもっとややこしい。余談だがムネリンは後者の遠戚。
    • 川崎市にも医科大学はあるが、それは川崎医大ではなく聖マリアンナ医科大学なので注意。
      • 関東・瀬戸内以外の人は川崎医科大学の場所をよく間違える。
        • 関東でも川崎から離れた北関東だと間違える傾向が出てくる。
          • 南関東でも間違えられる人多いよ。それ以前に川崎市に医大があること自体知らない人の方が多い。
    • 川崎病も川崎市ではなく川崎姓の人物に由来する。
      • ちなみに川崎病の発見者と前述の川崎医科大学の創立者は別人。さらに川崎重工業の前身は川崎財閥であるが、川崎財閥は関東と関西に存在していた。但し同じ名前でも資本関係はなく両財閥の親族間に血縁関係もない。さらに関東の川崎財閥は神奈川の川崎ではなく東京にあり関西の川崎財閥と同様創立者の名字に由来する。関西の川崎財閥は後身の川重と同じ神戸にあり、関東の川崎財閥は現在の川崎定徳株式会社である。
  3. 前述の通り、川崎市があるせいで川崎姓の人達は川崎市出身だと間違われやすく迷惑している。逆に神戸・鹿児島出身と間違われることは少ない。さらに言えば、川崎市も元から川崎ではなく、福岡や周南市の徳山と同じように他の地方から由来したという説がある(真相は現在も不明)。
  4. 川崎市民は崎の字を説明する時、「川崎の崎」と言う。
    • 但しそう説明するのは地元生まれ地元育ちの市民のみ。他所から移住した市民はあまりそう説明せず「島崎藤村の崎」「浜崎あゆみの崎」といった風に有名人の姓を用いて説明することが多い。
  5. これに限らないが、乃木坂46の川﨑桜(川崎市の隣の横浜市出身)のように「川﨑」と表記する例も。
    • 余談だが横浜市で横浜姓は少ない。横浜流星は横浜市出身だが、父の出身地が東北でそちらの方が多い苗字。

川島[編集 | ソースを編集]

  1. 鉄道評論家が有名。
    • 野球選手に彼と1文字違いの人がいる。
  2. 芸人に多い。野性爆弾、劇団ひとり、麒麟、はんにゃetc。
  3. サッカー選手とワイン好きだった女優(故人)も。
  4. 杏里の本名もこれ。
  5. 全国まんべんなく多く、東京都も大阪府も愛知県も福岡県もランキングは同じくらい。
  6. 「川嶋」「川嶌」「河島」「河嶋」「河嶌」もある。
    • 「河島」は大阪出身の歌手(故人)が有名。

川澄[編集 | ソースを編集]

  1. 女子サッカー選手か声優を連想。
  2. 「川住」「川角」もある。

かわせ[編集 | ソースを編集]

  1. 「川瀬」と「河瀬」がある。
  2. 前者はthe brilliant greenのボーカルが有名。
  3. 後者は女性映画監督が有名。

川副[編集 | ソースを編集]

  1. 佐賀県に多い。

川添[編集 | ソースを編集]

  1. 福岡県北九州地方に多い。
    • 舛添で有名な「○添」シリーズの代表格であろう。
  2. 川添駅がある三重県ではあまり多くない。
  3. 元ABC朝日放送のフリーアナウンサーが有名。
    • 「ひるおび」のリポーターも。
  4. 「河添」もある。

かわた・かわだ[編集 | ソースを編集]

  1. 東日本は「かわだ」、西日本は「かわた」が主流。
  2. 川田と河田がある。
    • 下記の川田広樹がそうであるように、沖縄では「川田」と書いて「かわた」が圧倒的。
      • 「河田」に関しては関西ではMBSアナウンサーが有名。
  3. 川田広樹(沖縄)と川田裕美(大阪)は両方「かわた」。
    • 日向坂46河田陽菜(下関出身)も「かわた」。

河内[編集 | ソースを編集]

  1. 「かわち」「かわうち」「こうち」と別れる。
  2. 「大河内」「安河内」「河内山」など、前後に何かつくとほぼ「こうち」になる。
    • その中には「久保河内」「佐村河内」など4文字の苗字もある。
      • それらは広島県に多い。

川藤[編集 | ソースを編集]

  1. 福井県若狭地方に多い。
  2. 関西人や阪神タイガースファンには元阪神選手だったスポーツコメンテーターで有名。

川西[編集 | ソースを編集]

  1. 和牛の川西賢志郎が有名。
  2. 近畿地方に兵庫県川西市と奈良県川西町があるが、川西姓も近畿地方に多い。
    • 他に中四国でも多く、人口当たりで最多なのは香川県。
    • 大阪府富田林市にも川西駅がある。
    • デザイナーの川西康之氏は奈良県川西町出身。

河西[編集 | ソースを編集]

  1. 「かわにし」「かさい」双方の読み方がある。
    • 元AKB48のメンバーは後者。

河野[編集 | ソースを編集]

  1. 「かわの」と読む場合と「こうの」と読む場合がある。
    • 「かわの」はT-SQUAREの現キーボーディスト、「こうの」は神奈川県の政治家一族。
    • 元テレビ朝日アナウンサーの河野明子も「かわの」。
  2. 「こうの」の方がメジャーに思われがちだが、実は「こうの」「かわの」はほぼ同数。徳島県や大分県や宮崎県ではほとんどが「かわの」である。
    • ただし、宮崎県知事の河野さんは広島出身で「こうの」と読む。
      • 河野景子も宮崎県出身だが、「こうの」と読む。
  3. 鎌倉~戦国時代の伊予の守護大名は「こうの」

かわばた[編集 | ソースを編集]

  1. 「川端」「川畑」が主流。
  2. 「川畑」は鹿児島県に多い。

川淵[編集 | ソースを編集]

  1. Jリーグ初代チェアマンやJFAキャプテン、Bリーグ初代チェアマン、そして2020東京五輪選手村村長を歴任した人が有名。
  2. 富山や石川などの北陸地方に多い。なお上述のJリーグ初代チェアマンは大阪府高石市出身だが、関西ではそれほど多くない。

かわべ[編集 | ソースを編集]

  1. 「川辺」「川部」「河辺」「河部」「川邊」「川邉」「河邊」「河邉」がある。

川満[編集 | ソースを編集]

  1. 沖縄県内では「川満しぇんしぇー」、県外ではズームインのレポーターとしてお馴染みのローカルタレントが有名。
  2. 沖縄でも特に宮古島に多い。
    • 川満しぇんしぇーも生まれこそ浦添市だが、宮古方言を話すことからもわかるようにルーツは宮古島である。

かわむら[編集 | ソースを編集]

  1. 「川村」と「河村」に分かれる。
  2. 有名人は河村の方が多い。2021年現在の名古屋市長とか。
    • 芸能界の大御所で有名な某大物落語家(大阪府堺市出身)の本名も。
    • LUNA SEAのボーカルの人も!

川本[編集 | ソースを編集]

  1. 分布は西高東低。
  2. 90年代後半にヒットした福井市出身の女性歌手が有名。
  3. 北海道別海町生まれ北海道別海町育ちの元AKB48さややこと川本紗矢も忘れずに。

河本[編集 | ソースを編集]

  1. 大きく分けて「かわもと」と「こうもと」に読み方が分かれる。
    • 「かわもと」はロッテ・巨人・楽天などで活躍した野球選手、「こうもと」は次長課長のボケの方。
    • 政治家の河本敏夫は「こうもと」。
    • 某カップルYouTuberの男は「かわもと」。
  2. 主に中国地方に多いらしい。逆に東日本ではあまり見られない。
  3. 「こうもと」は特に津山市に多い。ウエストランドの片方も「こうもと」。

[編集 | ソースを編集]

  1. 大きく分けて「すが」と「かん」に読み方が分かれる。
    • ともに政治家が有名。自民党の菅義偉は「すが」で民進党の菅直人は「かん」。
      • 菅直人は美作菅家(菅原道真の玄孫から始まる家系)の末裔。
      • 平成以降にともに首相に就任した。
    • お笑い芸人ロザンの背の低い方も「すが」。
    • 同じお笑い芸人でもパンサーのヒゲの人は「かん」。
    • スガシカオも漢字表記だと菅だというのになかなか気づかない。
    • コンサドーレの菅キャノンも「すが」。
  2. どちらかと言えば「すが」の方が多い。
  3. 川崎市多摩区の地名は「すげ」。

神吉[編集 | ソースを編集]

  1. 「かみよし」と思いきや「かんき」と読む難読姓。
    • その割に名字ランキング3500位くらいと意外と多い。
  2. 「本岡」などと同様兵庫県加古川市を中心とする東播地域に多い。
    • 加古川市内には「神吉」の地名もある。
    • 出版社も有名で、そこの創業者の神吉さんも上記「神吉」出身。
    • 将棋棋士にもおり、これまた加古川市出身である。

菅野[編集 | ソースを編集]

  1. 「菅」と同じく「すがの」「かんの」に読み方が分かれる。
    • 他に少ないながら「すげの」もある。
      • 横浜FCや柏レイソルなどで活躍したGKの菅野孝憲は「すげの」。
  2. 巨人の投手は「すがの」で女優の菅野美穂は「かんの」。
  3. 「菅」とは逆に「かんの」の方が優勢。
    • 但し西日本では「すがの」が多い。
  4. 東北地方(特に宮城県や福島県浜通り北部・中通り北部)に多い。

勘坂[編集 | ソースを編集]

  1. ユッケ食中毒事件を起こした焼肉チェーンの社長が有名。
  2. 富山県に多い。

神崎[編集 | ソースを編集]

  1. 大半は「かんざき」だが、「こうざき」もある。

貫地谷[編集 | ソースを編集]

  1. 貫地谷しほり(荒川区出身)が有名。
  2. 広島県に分布するが、金田一や辛坊とともに全国でも30軒未満しかない希少な姓。
  3. 珍しさからか沖縄発祥の苗字と誤解されやすい。

神田[編集 | ソースを編集]

  1. 神田正輝、神田うのを連想。
  2. 東京都千代田区の地名も。
  3. 南関東ではお馴染み某ラーメンチェーン店の創業者も「かんだ」。
  4. 大半は「かんだ」だが、「かみた」「こうだ」「しんでん」もある。
  5. 「こうだ」は佐賀県~長崎県に多い。
    • 歌手の倖田來未の本名は「こうだ」だった。
    • 大阪府池田市の神田も「こうだ」と読む。それに対し寝屋川市の神田は「かみだ」。

神出[編集 | ソースを編集]

  1. 「かんで」。
  2. 神戸市西区神出町発祥。

神門[編集 | ソースを編集]

  1. 島根県出雲地方に多い姓。
  2. 大阪府や兵庫県南部でもたまに見るが、おそらく島根に関係しそう。
  3. 「かんど」「みかど」等ある。

上林[編集 | ソースを編集]

  1. 京都府綾部市上林発祥。
  2. 京都府宇治市の茶問屋が有名。
  3. 「うえばやし」「かんばやし」双方の読みがある。

神戸[編集 | ソースを編集]

  1. 神戸市があまりにも有名過ぎるが、苗字の「神戸」は圧倒的に「かんべ」が多い。
    • ちょうど小倉(こくら・おぐら)や小山(おやま・こやま)や羽田(はねだ・はだ・はた)と同じようなパターン。
    • 「こうべ」と読む人は料理人の神戸勝彦氏くらいしか思いつかない。
    • 「かんべ」だったらモデルの神戸蘭子が有名。
  2. 意外と神戸市のある関西では少なく、関東に多い。最も多いのは群馬県。
    • ついで愛知県で、この両県には神戸駅もある。

神保[編集 | ソースを編集]

苗字の秘密/さ行#神保を参照。