ざんねんな人物事典

ナビゲーションに移動 検索に移動
ざんねんなモノ事典 > 人物

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/ざんねんなモノ事典」をご覧ください。

独立済み[編集 | ソースを編集]

歴史上の人物[編集 | ソースを編集]

エンターテインメント[編集 | ソースを編集]

漫画・アニメ・ゲーム・小説[編集 | ソースを編集]

芸能関連[編集 | ソースを編集]

スポーツ[編集 | ソースを編集]

その他[編集 | ソースを編集]

自然科学[編集 | ソースを編集]

アイザック・ニュートン[編集 | ソースを編集]

  1. 「木からリンゴが落ちるのを見て万有引力を発見した」というのは俗説。本当は落ちていたリンゴを見て発見した。
  2. 実は錬金術師も兼ねていた。
  3. 微分積分学のせいで、受験生に嫌われている。

アントワーヌ・ラヴォアジエ[編集 | ソースを編集]

  1. 「質量保存の法則」などを発見した科学者。フランス革命の際、ギロチンで斬首刑にされることに。
    • ギロチンで斬首刑にされる際「斬首後、可能な限り瞬きを続ける」と発言し、本当に瞬きをしたらしいが、真偽は不明であり、今となっては知るよしもない。

エヴァリスト・ガロア[編集 | ソースを編集]

  1. 5次方程式の解の公式が存在しないことの発見などで名を馳せた、才能ある数学者だったのに、恋愛絡みで決闘を行ったせいで、若干20歳の若さで死亡した。
  2. 決闘もせず、長生きしてれば数学史も大きく変わったかもしれない。

オスニエル・チャールズ・マーシュとエドワード・ドリンカー・コープ[編集 | ソースを編集]

  1. アメリカで「化石戦争」と呼ばれる中生代考古学界のルネサンスを開いた二人の考古学者。
    • 合計142種もの恐竜を発見し、現在では32種が有効とされる。
      • マーシュはアロサウルスやトリケラトプス、コープはコエロフィシスなど有名な恐竜を数多く発見している。
  2. コープがエラスモサウルスの復元をミスって尻尾の先に頭蓋骨を付けてしまい、それを見たマーシュが「逆やん、バーカ!」と論文で揶揄したのが原因で仲たがいし、化石発掘競争が開始。
    • 巨人の星みたいな光景を想像してはいけない。この二人は金に飽かして互いの発掘地層を掘り荒らしたり、資料を盗んだり、化石を爆破したりとやりたい放題であった。
    • 相手の発掘チームを発見しただけで石を投げつけていたという。文字通りの「戦争」であった。
  3. 最終的に両者は破産して終わる。バカかこいつらは。
  4. ちなみに「ブロントサウルス」を発見したのはマーシュであるが、事前に発掘されていた「アパトサウルス」と同一の化石だと「薄々想像がついていた」にもかかわらず、別の恐竜の骨を混ぜて新種と言い張ったため、ブロントサウルスは長いこと竜脚類の親分みたいな扱いだった。
    • なお、最近その「別の恐竜の骨」がブロントサウルスであり、アパトサウルスとは別の恐竜ではないかという怪我の功名みたいな説が出ている。

トーマス・アルバ・エジソン[編集 | ソースを編集]

  1. 最終学歴が小学校中退。
  2. 発明数は多いがゼロから発明したものは割と少なく、改良するのが得意だった。
    • しかし、ライバル意識がメチャクチャ強く、特に元弟子であるニコラ・テスラとのバトルは有名。
      • テスラの主張する交流電源を「危険だ」と印象操作するために、交流の電気椅子まで発明し、しかも失敗した


経済人[編集 | ソースを編集]

西川廣人[編集 | ソースを編集]

  1. 日産の社長としてゴーンを糾弾していたが自身の報酬の上乗せが発覚してしまう。

ジャスティン・サッコ[編集 | ソースを編集]

  1. 「世界一残念な女」、その一言につきる。
    • 彼女のツイートに人種差別とも取れる一文があり、それが原因で炎上してしまう。

永野一男[編集 | ソースを編集]

  1. 豊田商事の社長としてペーパー商法で独り暮らしの老人から約2000億円近くを巻き上げたが、1985年に入ってからその商法が社会問題になり、6月15日に兵庫県警が豊田商事の本社を捜索。
    • 2日後の17日には大阪市北区の永野の自宅マンションで事情聴取が行われた。
  2. そして6月18日、「今日逮捕」という情報を聞きつけたマスコミ関係者の前で男二人に滅多刺しにされ死亡。
    • この事件では、犯人二人の凶行を止めもせず報じ続けたマスコミにも批判が集中した。
      • 特に写真週刊誌の『FOCUS』は犯人と血塗れの永野の写真を掲載し、大きな非難を浴びた。
  3. 殺された時の所持金は僅か711円しかなく、所持していたカウンタックも後に売却されたがスーパーカーブームが過ぎていたこともあり、あまり高く売れなかった。
  4. この事件の影響を受け、豊田商事から資金を提供してもらっていたプロレス団体・UWF(海外UWF)はテレビ東京からの試合中継を打ち切られてしまい、その年のうちに活動停止となってしまった。
    • 永野社長自体は格闘技好きだったらしく、ボクシングの協栄ジムのスポンサーとなり「海外タイムス・ジム」と名乗っていた時期もある。
      • UWFの営業部長だった上井文彦曰く「豊田商事の黒い金だったのかもしれないけれど、黒だろうがグレーだろうが、お金が有難かったのは確か」「『海外UWF』と書かれたブルーの給料袋は忘れられません」と語っている。

横井英樹[編集 | ソースを編集]

  1. 経営難に陥っていたホテルニュージャパンの経営を引き受けた際、安全性を軽視したためにホテルニュージャパン火災を引き起こした。
    • 孫のZeebraはそれが原因でいじめられた。
    • 火災発生現場での不謹慎な発言や火元の宿泊客への責任転嫁や後の記者会見では遺族には謝罪しつつも自己の責任に対しては曖昧な発言であった。
    • ホテルニュージャパン跡地には現在プルデンシャルタワーがあり、この火災を教訓に極めて高い防災システムを装備している。
  2. 自身の息子を当時の人気女優の星由里子と結婚させたが、わずか80日で2人は離婚した。
    • なおその息子は最終的に自殺した。
  3. 横井が所有してた資産はほとんどが安価で売られ、最後まで所有していたのは東京都目黒区にあるイオンスタイル碑文谷(旧:ダイエー碑文谷店)と池上にあるボーリング場のみであった。

皇室・王室関係[編集 | ソースを編集]

ヨハン・フリーゾ・ファン・オラニエ=ナッサウ[編集 | ソースを編集]

  1. 2003年に婚約を発表したのだが、相手のかつての異性関係が問題となり最終的に自身や自身の子孫のオランダ王位継承権を放棄することになった。
    • 結婚後に相手に関するWikipediaの不都合な書き込みをオランダ王室のコンピューターから修正し、それがばれてしまった。
    • 結婚前には本人の性格から同性愛者疑惑が出たため王室が公式に否定をする羽目になったことがある。
  2. 死に方もざんねんである。雪崩警報が出ていたにもかかわらずスキーを決行し、結局雪崩に巻き込まれ重体。そのまま意識が戻らず44歳で亡くなった。

エディンバラ公フィリップ[編集 | ソースを編集]

  1. エリザベス二世の夫。
  2. とにかく失言癖がひどい。
    • オーストラリア先住民に「まだ槍を投げあっているのですか?」と言ったり、仕事が遅いカメラマンや駐車違反の切符を切った警察官にキレて「この野郎」や「くそったれ」と言ったり、「宇宙飛行士になりたい」と言った子供に「君は太りすぎているから無理だろう」と言ったり言いたい放題。
    • 日本でもイリオモテヤマネコの保護と称して西表島の住民の退去などの提案が書かれた手紙を住民に渡し、西表島の住民から総スカンを食らった。
  3. 実は本人も旧ギリシャ王室出身のため英国王位継承権はあるのだが、いかんせん妻や子と違いかなり前の先祖までさかのぼらないと英国王室の家系にたどり着けないため英国王になれる可能性は天文学的倍率に近い。
    • ちなみにヨーロッパの王室一族は先祖が英国王室の家系の人物であるため、王族の配偶者以外はほとんど英国王位継承権を持っている。

ウェールズ公チャールズ[編集 | ソースを編集]

  1. ご存知現在のイギリス王太子。
  2. 1970年代からの現カミラ夫人との交際をダイアナ妃との結婚後も続けていたため評判がガタ落ちした。
    • 1990年代にカミラとの携帯電話での会話が流出したのだが、その会話内で「私はあなたの×××××になりたい」と発言し、世界中が引いた。
    • ダイアナ死去後にカミラを連れて公式行事に出席するようになったが、これまでのカミラの愛人イメージから「帰れ」と総スカンを食らった。
    • そのためカミラと結婚した後もカミラ夫人が英国王室の他の家族から嫌われているといううわさが絶えない。
  3. 英国民の中にはエリザベス二世の次の国王を彼ではなくウィリアム王子にすべきだと主張しているものもいる。
  4. 疑似科学とされるホメオパシーやハーブ療法を支持しているためこの点でも批判されやすい。
  5. 2019年に今上天皇の即位礼正殿の儀に参列した際、祝砲を放つ場面で他の参加者たちが祝砲が放たれる方向を向く中、彼だけ下を向いて式次第を見ているという何とも間の悪い様子がテレビに写ってしまった。
  6. 母親が長生きしてしかも生前退位する気配も全くないため、母親より年下のヨーロッパの国王(オランダ、スペイン、ベルギーなど)や日本の天皇が次々生前退位して子供たちに譲る中で彼だけ待ちぼうけを食らっている。

ギャネンドラ[編集 | ソースを編集]

  1. ネパール王国最後の国王。
  2. 2001年に起きた事件で前国王と王太子が亡くなり即位。
    • しかし、事件の首謀者ではないかという疑惑から、国民からは総スカンを食らい、最終的に王室の廃止に至った。

デザイナー・クリエイター(ゲーム・特撮・アニメ除く)[編集 | ソースを編集]

川口克己[編集 | ソースを編集]

  1. 後のガンプラブームを作り出した大学生モデラー集団「ストリームベース」のメンバーでもあり、のちにバンダイの社員となる。
    • この手の企業は「オタクは採用しない」ので、過去の経歴は隠して入社試験に臨んだという。
  2. 一応ガンプラ関係の仕事も相応以上にやっているが、途中で子会社ポピーに左遷されたりと定年目前でありながら役員待遇でもなく、出世競争の範囲外とされている。
  3. 公式ブログやツイッターではある意味残念だったりする一面も存在する。

NAOKI(モデラー、デザイナー)[編集 | ソースを編集]

  1. あらゆる業界に沢山いる「NAOKI」名義の中の一人であるため、中々Wikipediaその他で単独項目が作られない。
    • 作ったら作ったで阿鼻叫喚の編集合戦(賛否両論書こうとしたら「中立」「客観的視点から」「公平公正」と言って問題点を削除・改竄する正義マンや信者が絶対に出てくる)待ったなしだが。
  2. 本名は「佐藤直樹」だが、その名前で活躍している人も多い上に同業のモデラーでも同姓同名の大物が存在する。
    • モデラーとしての出発点となったHOBBY JAPANのオラザク(銅賞)でも「有名モデラーと同姓同名の方」と審査員コメントが残されている。
    • ドバイで開催された一大イベントで海外の大物モデラーに同姓同名の大物のモデラーと勘違いされていて、本人はただ笑顔作るのに精いっぱいという状態だったと言われている。
  3. モデラー、デザイナーとしては致命的欠点として絵が描けない(というより下手)、デザインの引き出しが少ないなど。
    • どのような体系のメカであれ、細身・A体系・謎のディテール追加などをして元ネタの良さを殺すことも珍しくない。
    • 元ネタ元作品をあまり知らずに自分のデザイン解釈や手癖だけ強調したデザインをすることも多く「ガレージキットならともかく、一般的な商品でそれをやるな」と批判されることも珍しくない。
  4. デザイン関係の盗作疑惑も非常に多い。
    • 同業者の描いたデザインに似せて立体化して「自分が作りました」みたいなことをしたことが幾度となく発覚している。
    • 人としての素行不良もネタに挙げられている。一時期調子に乗っていた頃の髪型たタトゥーを入れている様を嘲笑されている。
  5. 一時期業界でデザイナーとして重用されていたが、自分の手癖重視で他との統一性を考えてない独善的な仕事ぶり、肝心のデザインも決して手放しに褒められたものではないことが発覚して没落も早かった。
    • 「メトロイド」のサムス・アランのフィギュア原型を担当した際には猛烈な批判を世界中から浴びた末に解任、別の原型師が担当した。
  6. ガンプラのデザインの悪化の戦犯として彼を重用したバンダイの馬場俊明共々挙げられている。
  7. プラモ、フィギュア関係で「ヤキソバ」「蕎麦」と言われると彼の悪行悪評が嫌というほど出てくる。
    • フィギュア関係からはROBOT魂でのトゥランファムやサムス・アラン関連でやらかして早いうちに追い出されたが、「自分で手を加えるもの」なプラモ関係では仕事が残っていた。
      • しかしガンプラ関連でも自分本位な仕事をしまくった末にブーイングを食らい、バックにいた馬場俊明(後述)共々冷遇の末に放逐されるに至った。
      • NAOKI重用とそれによるガンプラの劣化(とされること)の元凶として「ガンダムビルドシリーズ」を嫌うガンダムファンも出てくる羽目になった(無論、ビルドファンでさえNAOKIを嫌う人も多いんだが)。
      • 「(NAOKI使うのは)アナザーとかビルドなら構わない、宇宙世紀はやらせるな」というのがアンチ穏健派。
        • アナザーファンでもNAOKIは嫌だと述べる人は多い。そりゃ自分の好きなMSを独善的な仕事する奴にいじられて商品化されるのは嫌だろう。
  8. 一説によると業界の大物のコネもちとのうわさ。実力無くても重用されていたのかと言われている。
  9. ガンダムエースの漫画でも千葉智宏のコネでメカデザイン手掛けているが、やはりブーイングを受けている。
  10. 電撃ホビーマガジン末期はエース扱いだったが、彼のせいで紙媒体時代の没落を招いたと言われることもある。
    • KADOKAWAから出されているムック本「ガンダムホビーライフ(GHL)」はNAOKIメインの雑誌みたいなもの。NAOKIプッシュが過ぎてまともなライターが寄り付かなくなっているという。
      • KADOKAWA関係者(それも相当上のほう)の子だからプッシュされているのではという疑念を抱かれている原因となっている。

馬場俊明[編集 | ソースを編集]

  1. バンダイでガンプラ開発に携わった人物。
  2. NAOKI重用で悪評がつく。それ以前からも色々と言われていたんだが。
    • NAOKIの手癖つきまくりのガンプラ大量生産して顰蹙を買うばかりか、その悪影響がいまだに残るという点でNAOKI共々戦犯として語られている。
  3. 「ガンダムビルドダイバーズ」のGBNベースガンダム関連で色々と揉めた末に独善的な仕事をして、結果的に放逐された。
    • まあ、アニメ作ったサンライズ3スタも小川正和の下で宣伝すらろくにできない炎上芸上等の無能集団になり果てていたので無能ぶりにキレるのはわかるんだが。
    • アニメに出なかったパールカラー風で発売した末に「改造するなら別なの使え」「塗装レシピを掲載しない」など、塗装しなくてもいいものができるようにすることを理解しているライトユーザーですら絶句したんだが。

村上克司[編集 | ソースを編集]

  1. バンダイで天皇と呼ばれたくらいの実力者だった人物。
  2. 工業デザイナーとしての実力やバンダイを一時退社した際にタカラの変身サイボーグを設計開発した逸話を持つ。
  3. バンダイでは戦隊だったりライダーだったりガンダムだったりと色々やってる。
  4. その一方でスポンサーである玩具会社の意向のごり押しとか自身のアイデアごり押しとかでガンダム関係とかからは疎まれていたという。
  5. サイコガンダムとかバイク戦艦とか。

その他[編集 | ソースを編集]

  • どれにも当てはまらない人物はこちらへ(ある程度集まり次第分割します)

唐澤貴洋[編集 | ソースを編集]

  1. 説明不要。
    • 例の事件がきっかけで100万を越える殺害予告を受けてしまう。
      • 中には封筒に入ったカッターの刃が送られてきたり、親族の墓に落書きされるなど、悪質なものもあった。
      • この「100万」という数字は不確かなものである。これ以外にもいくつか説があるが、どれも確実性に欠ける。
        • 「まあ大体このくらいになるだろう」という憶測でしかないにもかかわらずそれをテレビ番組が取り上げてしまったこともざんねん。
        • このランキングにはアメリカ大統領2名やタイガー・ウッズといった著名人が並ぶ。3位までは10万回に届かないのだが、2位の本人は150万回、1位になると1200万回を超える。
          • なお、1位のジャスティン・ビーバーは、黒人に対する差別発言や障害者優先入場制度を悪用して車いすでディズニーランドへ入場するなど、ざんねんな面が目立つ。
  2. 一人ではできる業務の量や範囲も限られるものだが、なぜか一人では過剰なほどの範囲をホームページで「できます」と言っている。また、おそらく専門外で、おまけにとても高度な専門知識を要する医療裁判を引き受け敗訴してしまう。
    • ある女性が右肩関節痛にて大学附属病院の整形外科を受診した際、ステロイド薬の過剰投与により副作用が生じた、という内容のもの。
    • 医療裁判は特に専門的な医学知識が必要で、また医療技術は専門性が日々増していることから、事例研究のみならず医学及び最新技術に精通する必要がある(医学博士を保持する弁護士もいるほど)。さらに証拠は患者側でなく病院(被告側)にあるため、立証が極めて難しい(この事実もざんねんであるが)。
  3. 複数回事務所の解散再編・移転を繰り返しているが、それに伴い実父(公認会計士)の事務所も付いていっている。このため「親のすねかじり虫」と揶揄されている。
  4. 必ずしも弁護士でなくてもできるIPアドレス開示請求(これだけではほとんど問題は解決しない)を行い、それで高額な手数料を取る、というのも批判の対象となっている。
    • 新司法試験制度による弁護士の供給過剰というざんねんな背景があるのだが。
  5. Wikipediaにとってみれば、普通の弁護士だから特筆性がない、で終わりだったのだが、「例のアレ」にアレルギーのあるWikipedia管理者が多く、またこれ自体が例のアレに入ってしまったため、Wikipedia内でもかなり嫌われており、記事も白紙保護(作成NG)になっている。
    • 1回「(弁護士)」と付けることで記事作成規制を回避(これは即時削除対象になる)しようとした、学校も下の名前も一緒の利用者がいた。
    • 実父はギリギリ特筆性を満たしていないらしく1回作成されて削除されている。祖父の河野一英氏は上記のように実績がかなりあるため掲載されている。
  6. 誤字の多さやスキャナーをうまく使えず1枚の紙を斜めにスキャンする(分厚い本ならそうなるのも致し方ないのだが)、法律知識が不十分(準詐欺罪を知らない)、2ちゃんねるのスレッドの立て方(削除要請とIP開示のため)を知らず管理板へ書き込んで一般利用者にキレられる、発言が無駄にポエム調であることなどもネタにされている。
    • 恒心教徒はこれをただのミスとはせず、「聖典」「神託」として日々その意味を研究している。明らかなネタも多いが、「受験英語の和訳問題演習の名残では」など信ぴょう性のあるものも。
  7. メディア出演についてもネタにされている。例えば自著では上記のような問題点を書かずむしろ美化したり(意図的に隠しているのでは、「優しい世界」は自分だけがよければそれでよいものなのか、などの批判がある)、番組出演の際は台本を無視して2ちゃんねるの個人情報流出とその損害賠償責任について問いただすが、はぐらかされただけだった。
  8. 本人の周囲もネタにされているが、自分のことだけで精一杯でほかに手が回らず、結果として依頼人をほったらかし、ということに。
  9. YouTubeで法律相談を始めたが、相談者のプライバシー保護に関する声明がなく、むしろ自分本位な声明(相談内容の権利は全て唐澤貴洋に帰属する、など)だけを出していたことで批判された。
    • 初めは法律相談だったものの、なぜか法律に関係ない女子高生の相談(年齢を聞いているあたり女子高生だからやったのでは、といわれている)をやったり、しまいにはゲームプレイ動画を始めてしまい(自分のことをルイージ唐澤と名乗ったり)結局何がしたかったのかと困惑する者も。
    • もとのネタ的な人気もあり、どの動画も公開からすぐに数十万再生を獲得したが、法律相談系はかなりの低評価を受けている(現在だと初投稿動画は高評価1万に対し低評価10万)。ただし、ゲーム実況系は高評価の方が多い。
  10. と、このように逆恨みや嫉妬を動機とした謂れなき批判を受け続けていることが非常に残念である。
  11. 本人だけでなく依頼人や関わった人たちも色々残念な人だったり、何らかの被害を受けている。
    • 依頼人にはハセカラ騒動の原因となった悪質な書き込みをした元高校生、台湾のイベントで裸になって地元当局と外務省からお叱りを食らった女性コスプレイヤー、自社のステマやレスバトルに明け暮れていた会社経営者、ブラック企業、怪しい心理療法を考案したNPOなどなど。
    • 彼をネタに音楽やMMDモデルを作った人も何らかのトラブルに巻き込まれ、弾き語りをしたYouTuberとそのファンも殺害予告や代引きの嫌がらせを受けるなどしている。
    • 上記の法律相談では、aiueo700やSyamu_gameに関わって自宅特定をされた人物や風俗の代金を踏み倒して追いかけられている女性など、相談者にもざんねんな人がいる。
  12. さらに↑のまわりの人も同時に特定され、やはりネタにされたが、その中にもざんねんな人がいる。

高須克弥[編集 | ソースを編集]

  1. 経営する美容整形外科のCMでヘリコプターに乗ってドバイに降り立ち、アラブの大富豪と思しき人物と会談するなど、医者に加え成功した経営者のイメージがもたれる。しかし…
  2. いわゆる「ネット右翼」である。
  3. 差別発言も多い。なんとTwitterでホロコーストの存在を否定してしまう。
    • そして、現地のホロコースト関連の博物館の担当者に日本語で反論される。BBCニュースには「ホロコーストを否定している奴が昭和天皇の手記を買ったぞ」と言われる始末。
    • この発言からか、アメリカ美容整形外科学会をクビになる。本人は「辞めてやった」と豪語するが…。
  4. あいちトリエンナーレが自身の思想に反するからと愛知県知事のリコールに向けた署名活動を展開する。約43万人の署名を集めることに成功したようだが、その筆跡や指印に同一性が見られる署名がうち7-8割。要するに署名の7-8割が偽造であることが判明した。
  5. 「ナチス!高須クリニック」と揶揄されて怒り裁判をちらつかせるが、結局何もできず。
    • これ以外にも裁判をちらつかせて脅している例があるが、こちらも何もできていない。ちなみに、この行為は恐喝罪にあたる。
    • ただまあ、元ネタのニュアンスを考えると「ハイル!ナチ須クリニック」の方がしっくりきそうだが。
  6. 東京医科大学の裏口入学騒動で、「コネ入学して何が悪い」と言い放ち、世間との認識の差があらわになった。
  7. 淫夢ネタを用いたパロディサイト「淫夢新聞社オフィシャル」の一記事(アーカイブ)を真に受けて「朝鮮王朝の侍医の務めは毎日、王様の糞便を味見して健康診断することでした。僕は日本の医者の家に生まれてよかったです」とツイートしてしまう。なお、当ツイートにはリンクを貼ってあるので「淫夢新聞社」とはっきり書いてある。
    • まずそこさぁ…「淫夢」という単語がある時点で怪しいんですがそれは…。「アクシード」なんてものは日本のゲイビデオ制作会社以外にないです。「糞野郎」は韓国語で「ブッチッパ」とは言わないって、それ一番言われてるから。おまけに当サイト右のギャラリーの画像から決定的にガセネタだとわかるゾ。当たり前だよなぁ?どれも検索すれば何が元ネタで、このサイトはいったい何なのかがわからないなんて、これもうわかんねぇな。
      • ゲイビデオ制作会社「アクシード」のスカトロものビデオをネタにしたもの。記事中の2人の名前は登場人物の名前をもじったもの。
    • 政治家・鈴木まりこ氏(日本のこころ)はこれをさらに真に受けて「事務所スタッフが国内でも常に注意している事が本当にあったなんて…事実で無いことを祈りたい…でも、事実なんでしょうね…」とツイートしてしまったり、当サイトにも真に受けていると思しきコメントが複数あるという凄まじい光景が見られた。この後、こういう記事を真に受けるような思想の持ち主たちと淫夢ネタを知っている人たちの間で小競り合いが起きるが、それはまた別の話。
  8. 森喜朗氏の差別的ともとれる発言には批判が集まったが、「年寄りを叩くな、日本人の美徳はどこへ行った」と憤慨。
    • その理由が「第1回オリンピックは女人禁制だっただろ」というもの。ちなみにそのオリンピックとは、紀元前のものである。
  9. 軍人を顕彰したかったのか、「浜崎順平中佐」(古い写真にSyamu gameの顔をかぶせたもの)なるネタツイートをまた真に受けてしまう。
  10. 結局、医師と経営者という肩書及び資産があるだけで、逆張りで構ってほしいだけのネット右翼と何ら変わらない。

関連項目[編集 | ソースを編集]