東京の企業

ナビゲーションに移動 検索に移動
企業 > 東京の企業

未整理[編集 | ソースを編集]

  1. 東京電力
  2. 東京ガス
  3. テレビ東京…12ちゃんねる→7ちゃんねる。
  4. SONY
  5. キヤノン
  6. 三井財閥各社
  7. 三菱財閥各社
  8. 住友財閥の6割ぐらい
  9. きらぼし銀行
  10. JR東日本
  11. 株式会社ポケモン
  12. 電通
  13. アップフロントグループ
  14. 全日本プロレス
  15. 新日本プロレス
  16. 大手出版社のほぼすべて
  17. 東京地下鉄(東京メトロ)
    • ここまで来て出ていないとは。
  18. あおぞら銀行
  19. モンテローザ
  20. ルートイン
  21. ラーメン花月
  22. ヨネックス
  23. 日本香堂
  24. イエローハット・オートバックス・タイヤ館、コクピット
  25. GMOインターネット

製造業[編集 | ソースを編集]

AGC[編集 | ソースを編集]

  1. ガラスについての商品に関しては日本一のシェアを持つ。
    • つーか世界一。
    • 「どこで使ってんだよ」と思う人は車のガラスにある刻印を見ればよい。「AGC」とあったら、ここが製造元ということである。
  2. 三菱グループの一員。
    • 創業者の岩崎俊弥は三菱財閥の2代目総帥・岩崎弥之助の次男。
  3. 旭化成とは関係がない。
  4. 2ちゃんねるの就職板では「一般消費者には知名度は低いけど実は超優良企業」の例として世間知らずの学生に妙な人気がある。
  5. 最近テレビCMをよく見るようになったが…
    • 略称「AGC」を連呼するだけ。あのCMをみてガラスメーカーと理解できる奴が何割いるのやら。
    • とうとう2018年7月に正式に社名が「旭硝子」から「AGC」になってしまった。
    • 近年は高橋一生を起用し「なんだしなんだしAGC♪」のフレーズでCMを放映中。
  6. 江頭2:50は芸能界入りするまではここに勤めていた。
    • 彼のギャグの1つである「取って、入れて、出す」は、ブラウン管をカバーに入れ、次の工程に渡す作業を表現したものである。
  7. 千秋の父親が社長を務めていたことがある。
    • 「元々関西系の企業だから千秋パパも関西人。そして阪神ファンの聖地尼崎発祥の企業だから阪神ファン」というわけでは無さそう。
    • ここじゃなくて住友系の日本板硝子じゃなかったか?
  8. 横浜駅西口からはここの中央研究所に行く市営バスが出ている。が、行き先が「旭硝子」から「AGC」に変更される気配はない。

オリンパス[編集 | ソースを編集]

  1. カメラだけでなく、内視鏡などの医療機器なんかも作ってる。
    • というか、業績的にも歴史的にもむしろそっちが本業。カールツァイスやライカが顕微鏡->カメラで成功したので俺らもやろうぜとカメラを作り出した。
  2. 実は、ICレコーダーを作るのも得意。
  3. コンデジは薄型でズーム命・・・だが、画像処理エンジンが弱いのは気のせい?
  4. フィギュアスケートの浅田舞・真央姉妹がCM。
    • 一眼は宮崎あおい。
  5. マイクロフォーサーズで、往年の名機PENを復活させた。
  6. 英語表記(OLYMPUS)が刺繍糸のメーカー「オリムパス製絲」と同じだが、グループ会社ではない。
  7. 収益が無いため、カメラ部門の売却が決定…。

神田屋鞄製作所[編集 | ソースを編集]

  1. 社名に反して、本社は千代田区の神田にない。
  2. 「カルちゃんランドセル」で知られる。

クノー工業[編集 | ソースを編集]

  1. 苦悩工業ではありません。
  2. 「SETA」というブランドで二輪車用や警察署員や救急隊員用のヘルメットを製造販売してた会社。
    • 自転車用、ローラースケート用は「クノー」のブランドが中心だった。
      • バイク用や国防公務員向けは品質が高かった一方、それ以外のヘルメットがあまり品質がよくなかった、という悪評もちらほら。
  3. 知名度が上がったのは「ウルトラセブン」のウルトラ警備隊用ヘルメットを開発したことから。
    • 他にも「忍者部隊 月光」の忍者部隊のヘルメットとか、「仮面ライダー」で藤岡弘、や佐々木剛も、変身前にバイクに乗るシーンでは、同社のヘルメットを使用してたそう。
      • いわば特撮ドラマで、その名を知られた会社なのね。
      • ウルトラ警備隊のヘルメットは、有名ホビーショップとのコラボで、20数年前にレプリカが数限定で販売されたけど、定価5万の値が20万とか30万とかの値段になってしまった、という現象を引き起こすハメに。
  4. 結局は、社長が頑固一徹な人物だったこともあり、SHOEIやアライヘルメットやOGKなどのライバル会社が、海外に生産拠点を設けていったのに、国内生産にこだわった結果、2004年9月自己破産申請し、廃業に。
    • 今でも、ヤフオクなどで、たまに出品されるヘルメットに高価格がつくことも稀にあり。

コニカミノルタ[編集 | ソースを編集]

  1. コニカとミノルタが経営統合して持株会社化。
  2. コニカ、ミノルタともカメラメーカーの名門だったが、ソニーに売却。旧小西六時代から続いたフイルム事業も大日本印刷に譲渡された。
    • 新宿東口に未だに写真館がある。
  3. 現在は複合機・複写機が主力。
    • ヨーロッパで強い。
  4. あとは工業用レンズとか
  5. 変わったところではプラネタリウムとか
  6. ミノルタ時代には阪急電鉄の駅名標の横に広告を出していた。
  7. 元日のニューイヤー駅伝に出場している有名企業の一つ。

セイコーホールディングス[編集 | ソースを編集]

  1. 時計専門のメーカー
  2. ファンタジアという電子からくり時計を生み出した。
    • 中にはマクドナルド殿向けのものまで存在した。
      • ドナルド、グリマス等といった仲間たちの絵柄とマクドナルドのロゴも描かれていた。
    • 一般家庭用のセイコーファンタジア2も存在する。
      • 中にはミッキーなどが描かれたディズニー仕様も存在していた。
        • こちらはディズニー仕様の音楽が流れる。また、数取りの鐘の後に小さな世界が低音程で流れる。
    • 俺は、初代ファンタジアの数取りの鐘の音が苦手。
  3. 電子辞書も作っている。
  4. 創業開始時の社名は服部時計店であった。
    • 服部時計店→精工舎→SEIKOの順で。
  5. 開設当初の日本テレビで時報を流したのはここ。
    • そして日本初の放送事故もここの時報(フィルムが裏返ってしまった)。
    • 朝日放送中部日本放送でもテレビ黎明期に流れた。
  6. 陸上短距離の山縣亮太はここ所属。
  7. プリンターなどでおなじみのエプソンはここが源流。

トヤマ楽器製造[編集 | ソースを編集]

  1. 管楽器専門のメーカー。
  2. 「アウロス」ブランドで知られる。
  3. 小学校で使うリコーダーは、こことヤマハの製品でほぼ二分されている。
  4. 社名の「トヤマ」は創業者の姓(外山)にちなむ。
    • 富山県に本社があるわけではない。
  5. 中小メーカーながら、某トップメーカー顔負けの技術を持っているとか。

日本カーバイド工業[編集 | ソースを編集]

  1. 魚津の星だったが...。
    • 蜃気楼になってしまった。
      • 消えたわけではなく滑川に工場を移転。
  2. かつては魚津駅から貨物支線を引いていた。
  3. 何をしてるかは、魚津の人でも殆ど知らない。

日本信号[編集 | ソースを編集]

  1. 日信(にっしん)。
  2. 自動改札機・鉄道信号・道路信号機の最大手。
  3. 自動改札機は上尾市で製造。
  4. 鉄道信号は久喜市で製造。
  5. 道路信号機は宇都宮市で製造。
    • 分割型灯器以降は長野県を除く46都道府県に展開している。
      • 長野県のみ日信灯器は殆ど採用されてない。
      • 北海道は分割型不採用の為、電材一体型OEMを採用していた。
    • 信号機の設置事情は、三重、徳島、島根、大分など台風の多い地域でよく採用されている。
    • 京都府警ご愛用というくらい、京都府で圧倒的な勢力(京都府2位は京三製作所)。
    • 初期の丸型灯器には庇に特徴がある。
    • 北関東でも茨城県は県西に限定される(県西以外の茨城県はコイト電工や京三製作所が多い)。
    • 神奈川県と香川県みたいにアルミ灯器が出るまで採用されなかった地域もある。
      • 神奈川県では少数派でアルミ灯器以降しかないが、県央地区や川崎北部、箱根町では他の地域より割合が高い。
    • 千葉県や静岡県みたいにコイト電工に次いで多い地域もある。
    • 秋田県では秋田市以南の中南部での採用率が高い。
    • 山形県では最上・村山に多い。
    • 埼玉県では行田や本庄などの北部に多い。
    • 東京都は最多勢力だったが、小池知事になってから23区内は電材に食われるようになった。豊島区、板橋区、練馬区は日信に代わり電材が圧倒するようになった。在横メーカー主体の多摩地区は少なめ。
    • 大阪府では淀川以北の北摂、大阪市北部で採用率が高い。
    • 奈良県はコイトに次いで多いが、薄型になってから京三や電材に食われつつある。
    • 福岡県は北九州市国道10号沿線(行橋市豊前市等)に集中。北九州市でも八幡西区若松区だと筑豊地方に強い京三も増えるから割合は下がる。
    • 熊本県は北部(国道3号でいう熊本市北区藤崎宮前以北、国道208号沿線)に採用率が高い。
    • 宮崎では都城日南等の南西部に多い。
  6. 愛知県・兵庫県・鹿児島県のように三協高分子製OEM樹脂灯器を長年採用した県もある。
    • 一方で樹脂灯器採用県でも徳島みたいにFRPが主力で三協は殆ど未採用な県もある。
    • 兵庫県は樹脂標準県だが、樹脂灯器の移行は京三、コイトに比べて遅かった為か、最終共通鉄板丸形灯器も比較的良く見かける。
      • 特に神戸市東南部と阪神間に多い。
      • 又、兵庫県や徳島県、千葉県、愛媛みたいにFRP灯器が主力の自治体もある。
  7. 西日対策は電材の多眼レンズを採用して、アルミ分割型ノーマルレンズ用と多眼レンズ用で奥行きが異なる。

日本製鋼所[編集 | ソースを編集]

  1. 略称はJSW
    • 「日鋼」という略し方もある。
      • 府中市民にはそっちの略し方の方が馴染み深い。
  2. 創業の地は室蘭
  3. CMソングが何気に名曲だった。
  4. 三井グループの鉄鋼メーカーであり、鉄鋼メーカーと機械メーカーを兼ねている企業。
    • 但し「鉄鋼メーカー」とはいっても高炉メーカーではない。戦前三井財閥の高炉メーカーとして輪西製鉄と釜石鉱山があったが1934年の製鉄合同により日本製鐵となった。
    • 鉄鋼メーカーとしては鋳鍛鋼メーカーであり鋼板や鍛造品、鋳造品を生産。一方機械メーカーとしては防衛機器の製造を行いプラスチックの射出成形機、戦車や艦艇の砲を生産している。

日清紡[編集 | ソースを編集]

  1. 「にっしんぼー、いろいろやってるけどー、にっしんぼー、ひとつもせつめい、できないぃ~」と歌いながら犬が温泉卓球やってるCMのとこ。

根本特殊化学[編集 | ソースを編集]

  1. 夜光塗料の製造では断トツの首位。
  2. 某漫画家のファンが思わず反応してしまう社名である。

吉野石膏[編集 | ソースを編集]

  1. 石膏ボード業界では断トツの首位。
  2. 一般には「タイガーボード」でよく知られている。
    • 特にTBS系の「報道特集」のスポンサーになっていたのでそれで知った人も多いだろう。
      • CMが少し怖い。
    • 一時期、BS日テレの野球中継のスポンサーをやっていた。阪神戦で巨人が点を取れないとネタにされる。(投手が能美の場合、能美防災とともに。)
  3. 発祥の地は山形
    • 南陽市にある吉野鉱山が社名の由来らしい。
      • 山形美術館に「吉野石膏コレクション」があるのはこのため。
    • 奈良県の吉野地方とは関係ない。
  4. 実は事務所や店舗などでよく見かける虫食い模様の入った天井ボード「ジプトーン」はここの製品。
    • これだけ見ても至るところで見かけるので全国シェアはかなりのもの。
    • 虫食い模様のベースは大理石の「トラバーチン」模様だとか。
    • スーパーでは特にダイエーでよく見かけるような気がする。

リコー[編集 | ソースを編集]

新橋銀座)の本社
  1. コピー機。プリンター。
    • 少し前はコピー機=リコー製→リコピー。
  2. デジカメのシェアは低いが、マニア受けするカメラを作っている。
    • 接写に強い。
    • マイナーメーカーに見えるが、元々はリコーフレックスで二眼ブームを起こしたり、オートハーフを累計600万台売ったりと、大衆カメラで独自路線を行っていた老舗。カメラ界のスズキである。
      • 2011年にペンタックスを買収したので、現在はペンタブランドを使うことが多いが、コンパクトデジカメのGRシリーズ等リコーで出す場合もある。
      • 360度撮れる「Theta」のようなニッチなカメラも作っている。
  3. 以前はDVD―Rなどのメディアも作っていたが、撤退。
    • DVD+R/RWのほうはリコーが開発したもの。また、CD-R/RWも生産していた。
    • 実はドライブも開発・生産していた。コンボドライブ(CDの読み書きとDVDの読み込みのみ対応するドライブ)を最初に発売し、ヒット商品となっていた。
  4. "RICOH"だがしばしば"RICHO"と間違えられる。amazonでRICHOで検索しても大半の商品がヒットする。
    • りちょーっ!
  5. 理研コンツェルンの末裔。
    • 理研ビタミン(ふえるわかめちゃん)やオカモト(旧岡本理研ゴム、コンドーム)は兄弟のようなもの
    • 現在はリコー三愛グループを形成している。
    • 「理研感光紙」→「理研光学」→「リコー」である。
    • 理工学部の理工とは関係ない。
  6. AtWorkは黒歴史。
  7. 沼津に「リコー通り」がある。でも沿道にリコーの施設は、ない。
    • でも昔はあったらしい。因みに勝手に名乗ったり市民が名付けたワケじゃなくて権利を買ったらしく、駅に一番近い入口に看板が立ってる(つい最近までゲートだった)
  8. ラグビー部は大昔に日本一にも輝き、「和製オールブラックス」と呼ばれていた。
  9. かつてはマイツールというビジネスソフトが有名だった。
    • マイツール専用に特化したパソコン(Mr.マイツール)まで出していた。
    • 商用アプリケーションとしての販売中止後、フリーウェアバージョンが公開された。
  10. 創業者が佐賀出身。なのでサガテレビの生みの親でもある。
  11. 現在は銀座本社から撤退して創業の地大森に本社が移っている。
  12. ある時期、青山に本社、厚木、秦野、御殿場に事業所、と国道246号線に寄っていたことがあった。

小売業[編集 | ソースを編集]

ウェルシアHD[編集 | ソースを編集]

  1. 東京23区を本社に持つ、数少ないドラッグストア。
  2. セイコーマートの商品の一部を委託販売している。
    • セコマの他にトップバリューの一部もある。
    • セコマ本体よりはやや高め。
  3. HACドラッグもここの系列。

オザム[編集 | ソースを編集]

  1. 西東京・西埼玉地区を展開する中小スーパーマーケット企業。
    • スーパー以外にもパチンコも展開。
    • スーパーについてはなぜか足立区や草加市、深谷市などにも離れ小島的に展開。
  2. 安い
    • お弁当などが半額セールになる時間も早い
  3. 本社のある青梅市内にはものすごい勢いで展開している。
    • 青梅市内だけで合計8店舗、そのうち新町だけで4店舗もある。

くまざわ書店[編集 | ソースを編集]

  1. 意外と本社が八王子にある事は知られていない。
  2. 結構、ショッピングセンターでの出店が多い。

サミット[編集 | ソースを編集]

  1. 東京にあるスーパー。
  2. 店舗によっては試食が可能。
  3. テレビ局の取材でよく見る。
  4. 『G8』とは無縁。
    • 昔はここで首脳会議をやると思っていた。
      • 実は俺もそう思ってたクチ。その割に警備厳しくね~ナとノンキなこと考えてたが、大体東京ローカルなスーパーマーケットで首脳会議なんざやるわきゃねぇやと気づいた。
  5. 住友商事の子会社。
    • 社名である「サミット」は親会社住友商事のSUMITOMOをもじってつけられた。
    • なのになぜか住友クレジット(現在のSMCC)の契約を蹴ってMUFGと手を結んでしまった。
  6. 元は米国第三位第二位のスーパー・セーフウェイが日本進出を目指して設立したもの。
  7. ♪ママがサミットで~ ショッ・ピン・グ!♪
  8. 2008年に洞爺湖で開かれる井戸端会議のこと。
  9. キングボンビーが出現した時などにこのカードを使うと顰蹙。
  10. 作家の安土敏氏は同社出身。
    • 代表作は「小説スーパーマーケット」。
    • 「安売り礼賛に異議あり」という著作でダイエーにケンカを売った。
  11. 朝日新聞に1993年から3年近く連載されていた夕刊4コマ漫画。
  12. 他のスーパー・小売業者と比較すると離職率が異常に高いが何でだろう?

サンドラッグ[編集 | ソースを編集]

  1. 他のドラッグストアに比べて食料品の販売の範囲が狭い。
  2. 本社は府中市。
  3. 出店している都道府県でも殆どない場合も多い。
    • 因みに新潟、北陸3県、岡山、沖縄あたりは未出店。

スーパーアルプス[編集 | ソースを編集]

  1. 八王子に本社を置き、多摩地区、西埼玉、相模原で展開している。
    • 何故か、伊勢原にもある。
  2. パン屋は何故か、リトルマーメイドの場合が多い。

不動産[編集 | ソースを編集]

レオパレス21[編集 | ソースを編集]

  1. 藤原紀香が昔CMに出ていた。今は小池徹平。
    • その後は堀北真希を経て2018年現在は広瀬すずが出演中。
  2. マンスリーで有名。
    • 他にもリゾートホテルや介護事業も行っている。
      • リゾートの他にビジネスホテルもやってる。流石に壁は薄くない模様。
    • レオネットとかいうブロードバンド事業もしている。
  3. ここのマンスリーの物件は壁が薄いことで有名だった。
    • ただ最近は、かなり改善したようだ。
  4. 退去の時に…(おや誰か来たようだ)
    • 「レオパレス 」でgoogleサジェスト検索するとそのテの噂がよく出てくる。
  5. 家具・家電が備え付けなので、引越しが多い人には重宝されている。
  6. 昔の社名はミヤマ→MDI。そしてブランド名を社名にした。
  7. 不祥事発覚で大慌て。
    • ダイワハウスも同時期だったが、大和のそれが安全性自体は担保された上での型式認定との仕様相違なのに対しこちらは明らかな欠陥・施工不良、資本規模の差もあって...

食品メーカー[編集 | ソースを編集]

榮太樓總本鋪[編集 | ソースを編集]

  1. 企業名は創業者の幼名「栄太郎」。
    • 栄太郎の改名後の名前は「安兵衛」。歴代社長のうち、何人かもその名前を受け継いでいる。
      • え?赤穂浪士?苗字が違う!
  2. ルーツはきんつば。
    • 前身時代は煎餅屋だった。
  3. 飴や餡蜜ならその辺のスーパーやコンビニでも買える。
    • しかも飴は種類が豊富だ。
    • 店によったら、かりんとうも。
  4. ここの御曹司が俳優界に飛び込んできた。
    • 北川景子とも噂になっていた。
  5. 本社は日本橋。で、工場は調布にあってやがて八王子に移った。
  6. ロゴがたまに「はーい榮太樓です」となっていることもある。
  7. 8代目社長は若干、石破茂に似ている。

丸美屋食品工業[編集 | ソースを編集]

  1. まず思いつくのはふりかけ。特に「のりたま」。
    • のりたまに限らず、ふりかけの原材料には「こしあん」が入っている。
      • ちなみに小豆を潰した餡子ではなく、豆の粉との事。但し具体的な内容については企業秘密。
    • のりたま以外に「味道楽」「海苔わさび」「たらこ」「すきやき」などがあるが基本のパッケージデザインは共通である。
    • 今に続くふりかけのルーツは3つあるが、そのうちの1つである「是はうまい」を出したのはここ。これをベースにして「のりたま」が誕生した。
      • 残り2つはフタバの「御飯の友」、田中食品の「旅行の友」。
        • 3つとも現存しており今なお有力メーカーである。中でも丸美屋は最大手。
          • 広島県と熊本県を除きふりかけといえば丸美屋というくらい。
            • だが業務用最大手は三島食品だったりもする。
  2. 麻婆豆腐の素を開発し、現在はトップシェア。
    • ♪麻婆と言ったら、丸美屋。
    • 毎回毎回CMで旨そうな顔をされると、何故か食べたくなってしまう。
    • イメージキャラクターは1971年の発売開始以来長らく三宅裕司だったが、2017年から元TOKIO国分へ変更。
  3. 最近CMが目立つのは「混ぜ込みわかめ」。
    • ちょっと昔のCMではわかめおにぎりが凄くネガティブだった。
  4. ライバルは永谷園
  5. 熊本の納豆メーカーではない。
  6. 日曜朝のANN系列ファンにはおなじみの企業でもある。
    • 関西・中京・福岡・北海道は除く。

博水社[編集 | ソースを編集]

  1. 社名だけでは何を作ってるのか分かりにくいが、アルコールの割り材「ハイサワー」を作っている会社。
  2. 商品そのものよりハイサワーのロゴが入ったお尻のアップ写真ばかりの「美尻カレンダー」のほうが寧ろ有名かも。
    • あと、タモリ倶楽部で取り上げられたイベント「倉庫飲み」も知られている。
  3. 今の社長が創業家3代目で女性、様々なアイデアで売上を伸ばしている共通点もあってホッピーとは良きライバル関係。

ホッピービバレッジ[編集 | ソースを編集]

  1. 最近ホッピーの人気が復活していることは実に喜ばしい。
    • 項目作成者は飲んだ事ありませんorz 今度飲みます
    • 跡取り娘の経営努力によるものだそうな。
  2. 北海道ではコカコーラよりもコアップガラナがメジャー。
  3. 手羽先の名店「世界の山ちゃん」の手羽先は、ホッピーが一番合うんだとか?
  4. ニッポン放送でお馴染み。
    • 東海、大阪でも放送されている。
  5. ホッピーは酒ではない。
  6. 東京・神奈川・埼玉で売上の8割を占める。
    • 千葉も東葛・葛南では定番。

日清オイリオ[編集 | ソースを編集]

  1. 正式な社名は「日清オイリオグループ」。かつてリノール油脂、ニッコー製油と経営統合して持ち株会社化した名残。
  2. かつての社名は「日清製油」。でも「日清サラダ油」のブランドが著名すぎて知らなかった人も多いだろう。
    • ナイフとフォークをクロスさせたマークでお馴染みだった。
    • 今は主力が「キャノーラ油」「ヘルシーリセッタ」に移ったが、「日清サラダ油」は商品名として健在。
  3. オイリオは「Oil(オイル)」とそれを反転させた「liO」をくっつけたもの。
  4. 贈り物のシーズンになると流れるCMも長年親しまれている。
    • ♪夏(暮れ)~の元気なごあいさつ~日清サラダ~油セット♪
      • 歌詞は♪日清サラダ~油セット♪が♪日清オイリ~オギフト♪に変わったけど、メロディは変わっていない。
  5. 豆乳がブームになる前に豆乳飲料を発売した。今も売られてはいるがCMなどの宣伝はない。
    • CMでは「日清サラダ油の豆乳」と宣伝していた。なんか違和感が…。
関連項目

警備業[編集 | ソースを編集]

セコム[編集 | ソースを編集]

  1. 日本を代表する警備会社の一員である。
  2. 綜合警備保障とは永遠のライバルである。
  3. いつまで長嶋を使う気なんだろう。
    • キムタクがCMに出てる理由はもっと解らない。
    • 「セコム、してますか?」
    • 長嶋茂雄自身が倒れてもう使えないんじゃないか?と思いきや、倒れる前の画など使って続行。毎月対談記事を載せるなど、「セコム=長嶋茂雄」になっているような(起用自体は選手時代からなので相当長い)。
  4. 都内4箇所と宮城県多賀城市にこの会社が建てたマンションがある。
  5. 原防=げんぼう、たまにハラボーと言われる日本原子力防護システムの筆頭株主。

綜合警備保障[編集 | ソースを編集]

  1. 日本を代表する警備会社の一つ。
  2. セコムが最大のライバル。
    • 実はセコムは元々外資系だったらしい。就活に行ったら「国内企業としては最大」と矢鱈と強調してたような。
    • セコムの創業者は酒問屋の三男。外資じゃないよ。
  3. 社名より「ALSOK」の方が有名。
    • 前は「SOK」と書いて「ソーケー」だった。
    • 広綜警みたいに、頭になんかつくのもある
      • 北綜警もあるよ。北関東綜合警備保障。
    • 「ALways Security OK」の略らしい。現金輸送車にそのような英文(?)が書かれていた。
      • もちろん「綜警」の意味も含んでいるはず。
  4. 柔道選手が多数所属。
    • 職業柄、有利だしなぁ。
    • レスリング選手も多数所属。
      • いつの間にか吉田沙保里はフリーになっていた。
    • 今では陸上やウェイトリフティングにまで代表選手を送り出すようになった。
  5. 何故か「合警備保障」。
    • そもそも「そうごう」はそう書くのが正しいんだよ。
  6. 自社開発の護身術がある…らしい。
    • 警備に欠かせない機械の修理も自社で行うとか。
      • 現金輸送車の専用整備工場も自社(厳密にはグループ企業)で持っている。練馬区北町にある。
  7. 機動車がパトカーに似ている。

その他[編集 | ソースを編集]

アートネイチャー[編集 | ソースを編集]

  1. 毛髪関連企業としてはアデランスと双璧をなす。
  2. 倉持明に鋤柄昌宏。
    • 競輪の中野さんじゃないのかよw
      • 丸山茂樹もいたっけな。
  3. マープ。
  4. かつて札幌にここの社名をパクった同業者があった。
  5. 昔のCMサウンドロゴは怖かった。
    • 最近のは↑をマイルドにアレンジした感じ。
  6. 2323
  7. スクールウォーズ」のイソップがいる。
  8. 創業は麹町。現在の本社は代々木。
    • 代々木の本社は首都高沿いにあり、建物のてっぺんにあるロゴがけっこう目立つので、ちょっとした車窓観光になる。
    • すぐ近くにはエステサロンで有名な「たかの友梨」の本社もあり、この一角だけで男女の様々なコンプレックスに対応できるようになっている。

一休[編集 | ソースを編集]

  1. イッキュ!イコウヨ!
    • 「東京で一番安くて旨い店」を騙ってるのに埼玉の球団のスポンサーになるって…
    • 最近は他球団ファンの間でも信者を増やしている。

近未來通信[編集 | ソースを編集]

  1. 逃げた。
  2. 社名が怪しい。
  3. 近未通信…なんか中国っぽい。
    • なぜ「近未来」と言っておきながら旧字体なのだろうか。
  4. 利用者10名…らしい。
  5. 公式ホームページもあるが、現在こんな状態。
    • もう死んだようです…(ドメインも削除されている)
  6. ナイス橋本の新曲
  7. 森山未來と倖田來未が風評被害を受けた。
  8. イメージキャラクターは宮本友和さん
  9. そういやなんか事件あったよねえ。(2009年5月)
  10. TNCのスピークでスポンサーやってた。
  11. プロ野球マスターズリーグ「札幌アンビシャス」のユニフォームのスポンサーだったこともある。

コーセー[編集 | ソースを編集]

  1. 化粧品業界第3位
  2. 社名の由来は創業者の名前と「誠実」、それにギリシャ語の「コスメチコス」から。
  3. ブランド名は「KOSÉ」。
  4. 一部関連会社である「コーセーコスメポート」「コーセーコスメニエンス」が扱うものもある。
  5. 男性化粧品はなぜかアディダスとコラボ。
  6. 「歌謡ベストテン」→「カウントダウン・ジャパン」
  7. 創業者は小林さん。

ジェイック[編集 | ソースを編集]

  1. フリーターを正社員として送り込んでいる会社らしい。
    • 送り込まれた会社は1人につき80万円~100万円位ジェイックに支払う

セガサミーホールディングス[編集 | ソースを編集]

  1. 複数の同業他社との統合で破談が続いたセガがサミーと経営統合。
  2. 野球部は2006年創部ながら社会人日本選手権準優勝歴を持つ。
  3. ゴルフファンには「長嶋茂雄招待セガサミーカップ」で有名。
    • 会長と長嶋氏がかつてゴルフ仲間だった。近年では数少ない長嶋氏が公の場に姿を現す機会でもある。
    • ちなみに大会名は長嶋茂雄"インビテーショナル"と読む。
  4. 競馬ファンにはサトノの馬主の会社として知られる。
  5. パチンコ・パチスロの衰退やカジノ解禁を見据えてか、先に解禁された韓国でカジノ事業に関わっている。

サミー[編集 | ソースを編集]

  1. パチンコ・パチスロ(主にパチスロ)の大手であるが、以前はクレーンゲームの会社として知られていた。
    • さらに遡ると、元は豆腐屋。
    • セガと経営統合前はアーケードゲームやコンシューマー向けゲームソフトも扱っていた。
  2. 社名は創業家である「里見」を縮めたもの。

天賞堂[編集 | ソースを編集]

  1. 銀座にある鉄道模型店として有名だが、実は時計や貴金属を扱っている。
    • どちらかというと「実は鉄道模型も扱っている」と言ったほうが正しい…
      • かつては壁面に「オメガ」のマークが大きく表示されていたのでオメガビルと呼ばれていた。
  2. 店の近くに関東バスが乗り入れている。
    • 深夜バスだけだけどね。
鉄道模型メーカーとしての噂
  1. 高級志向に走っているせいかHOゲージの真鍮製の完成品は結構高い。
  2. 最近、比較的安いHOゲージのプラ製品を販売するようになった。
    • 俗称天ぷら。103系など、非常に細密でリアルだが、天賞堂がプラ製品を出すことに抵抗がある人たちからは嫌われている。
  3. 突然Zゲージに参入した。

みちのりホールディングス[編集 | ソースを編集]

みちのりカラーの会津バス
  1. 中核企業は経営共創基盤。産業再生機構のメンバーによって設立された。
  2. みちのりホールディングスという公共交通機関の支援を行う会社がある。
  3. 無議決権株主には有名企業も名を連ねる。
  4. 井笠鉄道がこの傘下に入る噂があった。
    • 結局、岡山資本であるここのグループに仲間入り。
  5. ぴあにも出資している。
みちのりホールディングス傘下企業

博報堂[編集 | ソースを編集]

  1. 読売広告社、大広と資本提携を結び、対電通を目指している。
  2. 正式名が『博報堂IYD』。DYIと間違いそうだ。
  3. 最終面接で、酒が飲めるとだけ言えば内定が貰える。もっとも、その場に立てるのは超人的な能力かコネを持つ者に限られるが。
  4. 大広を子会社に持つ。意外にも、東京では公共広告機構のCMを作ったことがない。
  5. グループ会社にたけしの息子が勤務しているとか。

ポーラ[編集 | ソースを編集]

  1. 五反田にある大手化粧品メーカー
    • 山手線や埼京線、湘南新宿ラインの車窓から見える「POLA」とロゴが書かれている建物
  2. 戸塚〜東戸塚間でも不動坂にある。
  3. サウンドロゴでは1980年代はユリの花をバックに紫色の「POLA」のロゴが表示され、女性のネイティブな発音で「ポーラ」と話す。
    • 1993〜1998年初期までのサウンドロゴは非常に怖かった。
      • 焦げ茶が基調のグラデーションがバックで、アカペラで「プォーラ♪」と歌っていた。
    • 98年後半からは、白バックに青文字に変わり以前よりは明るくなった。
      • チャチャッ♪(笛の音)「ポーラ♪」
  4. 2012年から毎年発表している「日本美肌県グランプリ」の結果が毎年気になる方も多いかと思われる。
  5. 昔、TBSの帯ドラマを一社提供していた。その名も「ポーラテレビ小説」。
  6. 一時期諸事情で落語界を離れていた故・桂歌丸師匠が営業マンとして働いていたらしい。

タムラ製作所[編集 | ソースを編集]

  1. 練馬区の東大泉に本社と工場を持つ放送機器メーカーの1つ。
    • 工場は本社工場以外にも狭山市坂戸市にある。このため西武線や東武東上線の車内広告ではおなじみである。
  2. 元バス通りに面した本社の入口近くの守衛室は。昔の刑事ドラマや映画で警察署として使われたとか(「出没!アド街ック天国」の大泉学園の回で取り上げられた)。

電波新聞[編集 | ソースを編集]

  1. 電気関連、電子産業などに関する情報を専門に取り扱っている新聞。
    • 家電屋も御用達
  2. ここの事ではない。
    • 実は全く関係無いわけではないここの販売網で配達しているため)
    • ここの事でもない。
  3. かつてあの『マイコンBASICマガジン』を販売していた。
  4. 今思うとすごい紙名である。
  5. なぜか熊本の地方局に出資している。
  6. かつてアメリカの『ビルボード』誌と提携していた。
    • そのため『ビルボード』誌の「Hits Of The World」のコーナーに「日本のチャート」として電波新聞社調べのチャートが掲載されていた時期がある。

日本原子力発電[編集 | ソースを編集]

  1. 日本最初の商業用原子炉、東海発電所を作った。
    • 現在は解体中。東海第二発電所にその役割を譲っている。
    • そして、『原子力の街』の基礎を作った。
  2. 1999年に起きたJCO臨界事故とは関係無いが、たまに誤解される。
    • 実際には、東海第二原発のモニタリングポストが異常値を検出し、ここが県と村に通報した為事故がバレたらしい。
関連

時事通信[編集 | ソースを編集]

  1. 魔女のニュース便ではない。
    • 爺通信でもない。
  2. 元は共同通信と同じ会社(戦後に分離した)。
    • 当初は住み分けていたが時がたつにつれ競合するようになった。
  3. 電通の親分。
  4. 産経残酷、時事地獄といわれるほど社員の待遇が悪かった(今は知らないが)。
  5. 本社ビルはもと銀座東急ホテル跡地で日産本社の向かいにある。
  6. 共同通信との再合併話がよく出る。
  7. OBは屋山太郎、田久保忠衛など保守系文化人がやたら多い。
  8. 大昔はアナログテレビの9chに相当する周波数を、通信用に使っていた。
    • 名古屋・岡山・福岡etcではその周波数を使えなかった。
  9. 聖教新聞や世界日報あるいはしんぶん赤旗といった機関紙に載っている国内ニュースの配信はここが請け負っている。

共同通信[編集 | ソースを編集]

汐留の本社
  1. 共産主義者同盟の略ではない。
  2. 元は時事通信と同じ会社(戦後に分離した)。
  3. 平壌に支局がある。
  4. 度重なる偏向捏造報道に業を煮やした石原慎太郎知事に最後通告を喰らった。「これ以上事実と異なる報道をしたら、社団法人格を取り消す」と。
  5. この人たちを敵に回した。
  6. 特にフジテレビと関係が深い。日本テレビとは犬猿の仲。
  7. 実は、札幌テレビがフジ単独になれなかったのはここの圧力とされている。
  8. 競馬ファンには、2月に開かれる3歳重賞でおなじみ。
    • ダビスタではそれなりに重要な位置付けだった記憶がある。
  9. 地方紙の全国ニュースはだいたいこれのことが多い。
    • 社説すらここの配信ということもよくある。
      • インターネットが普及し、他地域の地方紙との比較が容易になったことで、複数の地方紙で同じ文章を使い回していることがバレてしまった。
      • 地方紙の社説では、地元ネタ以外は「あくまでも、共同通信社の意見」と捉えたほうが適切なのかもしれない。
    • 共同通信社の論調がそのまま、ほとんどの地方紙の論調にもなってしまう。
      • 論調は単純にいえば左。
        • 夫婦同姓に関する裁判で「同姓規定を合憲とする判決」について、敗訴した感満載の記事を配信している。
        • 2014年衆院選の党派別得票率を見て、全国的な結果は「民意とかけ離れている」としながら、沖縄の結果は「コレが民意だ!」と言う。
          • 2019年2月末には産経新聞も同じような論理の記事を出していた。「結果を都合よく解釈する」手法はこの業界全体における悪習かもしれない。

福家書店[編集 | ソースを編集]

  1. 福屋書店じゃないです。福家書店です。
  2. 芸能人の握手会などのイベントが多い。
    • ただE原Y里の握手会は女性限定だったので参加できなかった。男性としては残念だ。
    • バーニングプロダクション系列の書店なので芸能界にパイプがある。
      • 福家書店の社長はバーの社長で芸能界のドンとして知られる周防郁雄。
      • 但し福家書店でイベントを開催する芸能人が全てバータレとは限らない。

富士電機[編集 | ソースを編集]

  1. 富士通の生みの親。
    • 2017年まで、富士通と富士電機で株式の相互持合いをしていた。さらにもう少し前までは共同で新会社を立ち上げたり、役員の相互派遣をしたりしていた。
    • 持合い解消理由はCGC対策なんだろうけど、「お互いに関係性がほとんどなくなった」という趣旨の事項を開示資料に書いていた。
  2. 十大重電の一角。そして準大手重電3社の一角。
  3. 自販機製造のシェアでは日本一。
  4. セブンイレブンのコーヒーマシンは富士電機製。
  5. 地味に世界の地熱発電設備の4割は富士電機がかんだ案件。
  6. 鉄道車両の電装品も製造しているが大手私鉄ではほとんど見かけない。
    • かと思いきや準大手私鉄である山陽電鉄御用達だったりもする。

メタウォーター[編集 | ソースを編集]

  1. 水ビジネス関連で一攫千金を狙っている投資家の皆さん御用達の銘柄。
  2. 下水道事業などの民間事務受託を担っている数少ない民族系企業。
    • 例えば福知山などでは上水道事業の委託なども受けている。
    • また浄水場や下水処理場の設備工事や保守点検業務などもやっていたり、水道事業のプロという感じがする。
  3. 日本ガイシと富士電機の子会社が合併してできた会社。そんな訳で出資比率はいずれも3割弱で同じ個数の議決権を保有している。
    • そういった経緯も有って2019年3月末現在両者の持分法適用会社になっている。
    • また、研究開発拠点も愛知と首都圏にあったりするのも、その影響だろう。(日本ガイシは愛知の企業。)
  4. 稲沢にある下水道科学館あいちのネーミングライツを取得している。

サンリオ[編集 | ソースを編集]

  1. 東証33業種別で行くと卸売業にあたりらしい。
  2. 山梨王と書いてサンリオとする説はどこまで本当なんだろうか……
  3. 値動きがそこそこ荒いけど1単元20万前後で買えるので、短期売買に向いている。
    • でも株主還元目当てで持つファン株主のほうが圧倒的に多い。
  4. 世界中どこの会社とでも提携しようとする社畜従業員(45歳女性)がいらっしゃる。(2019年)
  5. もともと山梨県の外郭団体が母体だったというのは知っている人はいるのだろうか。

永楽電気[編集 | ソースを編集]

  1. 消滅の嵐。

スイッチ[編集 | ソースを編集]

  1. 最近の発車メロディを作曲している。

鶴岡[編集 | ソースを編集]

  1. 社名は創業者の姓にちなむ。
  2. 体操服などを「ファッショナー」ブランドで扱っている。
  3. 西日本では知名度が低いとか。